FC2ブログ

静大将棋部ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

なぜ将棋をやっているのか真面目に考えてみた。

 こんにちは。浜松キャンパスのK池です。今年3月で部活を卒業します。なので最後のブログを書こうと思います。最後なのですこしかっこいい題目にしてみました。最初に4年間を軽く振り返っていこうと思います。
1年生 大学将棋ってレベルが高いとおもった。たくさん練習した。
2年生 一番楽しい1年間だった。大会たくさんでた。楽しかった。
3年生 部長やった。
4年生 再び大会にたくさんでた。
こんな感じですかね。
 題目どおりなぜ将棋をやるのかってのを考えた時、それは1年生のころは「将棋が好きだから」という理由でしたが、今は「将棋に勝って承認欲求をみたしていい気分になることが好きだから」です。このブログを読んでいる人はおそらくツイッターをやっている人が多いと思います。で、そこでいろんなことをつぶやく。それはきっと、つぶやいていることを不特定多数に人に見られることに快感を感じているからだと思っています。自分のいいたいことが好きなだけ言えて、「静かにしろ」と注意されることもめったにない。しかもきいてくれる聴衆もいる。それで承認欲求を満たす。それがツイッターだと思っています。(自分は閲覧はするけどつぶやいてはいませんが)自分はそれを大会に参加して結果出してまわりからちやほやされて、いい商品もらい、いい気分で帰路につき、結果の欄に名前が載って、ブログで勝った試合載せて自慢して自己満足に浸る。これです。こっからはすこし雑談します。
 
 自分は「見る将」ではないです。(暇なときに少し見るぐらい)なぜなら一つはプロ野球の中日ドラゴンズ(中学からずっと応援しているプロ野球チーム)のように熱をいれて応援したいとおもえる人がいないこと。次が本命の理由で、ソフトの影響で答えが分かってしまうこと。例えばabemaやニコ動で将棋をみえてある局面で止まった時、コメントで後手+1000とかコメントが流れてくるのが嫌だからですね。今ソフトの優位性は証明されててそのソフトがいっていることに間違いなんぞほぼないからいうなら未来をカンニングしてる感じ。映画で例えるなら、中盤で次はこうなる?いやこうなる?って想像することがプロ棋士が大盤使ってやってること、中盤で次はこれ、次はこれって教えられるのがソフトみたいな感覚です。もちろん大逆転とかおもしろい将棋もまれにあるけれど、だいたいソフトの出した答えと同じ結果になるのが正直つまらないのでめったに見ません。

 次に、自分が疑問に思っていることを一つ。
 勝ったのに感想戦であやまること。将棋は、つきつめれば相手のミスをいかにとがめるかのゲームだと思うので、
 どんなに泥臭い勝利だったして、相手のミスに助けられたとして、別に勝ちは勝ちだから誇っていいと思います。なので自分はこの手をとがめられたのが自分としては勝因になりましたね。みたいに言ってます。
(上記の意見はもちろんあくまで個人の意見です。読んだ人がそれは違うって思うこともあるかと思います。)
 最後に、4年間ありがとうございました。なんだかんだ楽しかったです。先輩には将棋をたくさん教えてもらい、麻雀とかもやったりして、後輩はほんとにいい人ばっかで恵まれてましたね。また会う機会、指す機会があったらよろしくお願いします。つたない文章ですが、読んでくれてありがとうございました。さようなら。

スポンサーサイト

PageTop

院生から見た秋季団体戦

こんにちは。院生のSです。後輩たち(主に1年生)から秋季団体戦の記事をかけと言われたので、軽く振り返ろうと思います。今さら団体戦かよと思われるかもしれませんが、せっかく書きかけたものを没にするのはもったいないのでお許しください。自分は当然選手ではありませんので、オーダー係の補佐の立場から見た団体戦について書かせていただきます。

春はレギュラー4人の活躍もあり、ここ数年では最高の4位になることができました。しかし実際にはその4人以外のメンバーはほとんど勝つことができず、かろうじてつかみ取ったと言っても過言ではありません。今回はレギュラー以外でどれだけ勝つことができるかが順位を決めるポイントになりそうだなと思っていました。それでは1回戦から振り返って行きましょう。

1回戦三重大学
初戦にして一番の山場です。春はオーダーが上手く決まったこともあって勝つことができましたが、今回は初戦ということでオーダーで揺さぶりをかけることはできません。オーダーは次のようになりました。(左側が静大。右横はSの予想。)

K池-H口(やや有利)
Y田-N橋(不利)
K谷-H(互角)
N澤-K田(やや不利)
かるきず-M山(やや不利)
S木-M田(有利)
A武-K口(やや不利)

勝負できる形にはなっていますが、格上の相手に当たってしまっている人が多いこと、S木がレギュラーに当たらなかったことを踏まえると少しきつい当たり方でしょう。
結果は3-4負け。期待の1年生N澤が強豪相手に団体戦初勝利を挙げてくれましたが、他の勝負所をすべて落としてしまいました。やはり三重大学の方が地力が上だと改めて感じました。

2回戦名城大学
圧倒的な戦力差がありますが少しでも勝ち点を取りに行きたいところ。

H吉-K川(不利)
K池-I藤(やや不利)
K谷-E藤(有利)
かるきず-O村(やや不利)
K塚-I井(不利)
S木-M本(有利)
A武-K保(不利)

相手の主力であるK川、I井に当て馬を当てることができて、そのときは満足していたのですが、よくよく考えるとK谷、S木の2人は相手のレギュラーに当たっていません。今振り返るとK谷、S木どちらかは動かして、相手のレギュラーに当てに行っても良かったかもしれません。
結果は3-4負け。かるきずが春のリベンジを果たしたものの後は順当な結果に。とは言え3勝をあげたのはここ数年ではなかったことなので、今後に期待したいところです。

3回戦名古屋大学
名城大学戦と同じく勝ち点を1つでも取りに行く考えです。

H吉-K村(不利)
K池-KW村(やや不利)
K谷-K藤(やや有利)
かるきず-KN藤(やや不利)
S木-I城(互角)
I神-F原(不利)
A武-T越(やや不利)

オーダーはほぼ想定通り。このオーダーに関して様々な意見があると思いますが、我々はこれがベストだと思いこのようなオーダーをぶつけました。
結果は3-4負け。K池、かるきず、S木がレギュラー同士の戦いを制しましたが後一歩届かず。とは言え3勝をあげたのはここ数年ではなかったこと(以下略)

1日目の夜については他の人がしっかり書いてくれたので、省略させていただきます。

4回戦南山大学
負けると5位以下が濃厚となるため、負けられないところ。相手はレギュラー数名を欠いた中すでに勝ち星を挙げていたので、警戒しなければいけません。

K池-T橋(有利)
Y田-M岡(不利)
E間-A井(互角)
K谷-H(互角)
N澤-I藤(やや不利)
かるきず-H田(有利)
S木-N尾(やや有利)

相手のレギュラーが初日に続いて数名出てこなかったこともあり、オーダーは的中。真ん中3人の結果が勝敗を分けるポイントになりました。
結果は5-2勝ち。E間が団体戦初勝利を挙げてくれました。勝ってほしい相手にしっかり勝ち切ることができるのは次回以降の起用に大きく響くはずです。

5回戦愛知大学
勝てばA級残留が確定しますが、負けると降級の可能性があるだけに絶対に勝ちたいところ。相手のオーダーが固定だったのでオーダーで悩むことはあまりないですが、実力者も多く油断をすると足をすくわれてしまいます。

H吉-T田(互角)
K池-M本(互角)
K谷-N川原(有利)
N澤-ME島(互角)
かるきず-T平(有利)
K塚-MN島(不利)
S木-W辺(有利)

相手がオーダーを変えてきてビックリしましたが、それでも戦いやすいと思います。ちなみに7人中5人が1年生という最近の静大では考えられないオーダーになりました。若いっていいですね。
結果は6-1勝ち。勝負所を全部取ったことが大きかったです。K池も最後の最後に強敵と対戦することになりましたが、見事に勝利。K池が楽しんで将棋を指すところが見れて、良かったです。本当にお疲れ様。

ということで静岡大学は春に続いてA級4位という結果になりました。初めにポイントに挙げていたレギュラー4人以外の勝ち星も4と改善が見られました。来年以降も厳しい戦いが続くと思いますが、ぜひとも後輩たちには頑張ってほしいところです。私の学生生活も残りわずかですが、協力できることがあればこれからもやっていきたいと思います。

PageTop

中部地区新人戦&秋季団体戦の振り返り(佐々木)

 こんにちは、1年の佐々木です。今回は中部地区新人戦と秋季団体戦の振り返りの記事を書くつもりです。中間テストがあったため書くのが遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

【新人戦】
この大会の将棋についても書きたいと思っていたのですが、全部で千日手局を含めて9局もあったので内容については省略させていただきます。結果からいうと優勝することができました。高校の時からよく指していたY道君と一緒に新人王を取れたのでとても嬉しかったです。ただ将棋の内容については反省点が多く、次の大会に生かしたいなと思いました。

【秋季団体戦】
1回戦 VS三重大学 M田さん
三重大学さんは今年強豪の1年生が何人か加入した結果春団では3位に入賞し今一番勢いがある大学だと思います。1回戦ということで誰と当たるか予想がつかないのでとても緊張しました。
戦型は先手の私が角交換振り飛車を採用し、M田さんは銀冠で対抗してきました。
諸事情により棋譜がないので盤面は省略しますが、相手の陣形が偏ったところで一方的に馬を作ることができ、そのリードを生かして緩みなく寄せきることができました。
チームは3-4で敗北。三重大学さんは個人的に中部地区の大学で1番のライバルだと思っているので、来年度はリベンジできるように頑張りたいです。

2回戦 VS名城大学 M本さん
2回戦は春に1-6で負けている名城大学さんです。私の今年度の4敗のうち3つは名城大学のレギュラーの方につけられているので今回は負けられないなと思っていました。戦型は私が三間に振り、M本さんが向かいに振り、相振り飛車となりました。そして私が仕掛けたのがこの局面です。
1将棋

一見後手の攻めが成功しているようですがこの局面で3五角と切る手があったようです。以下同角に2八玉と指されると歩切れということもあり、あまり自信がありません。本譜は同玉だったので2六銀から攻めが刺さりはっきり良くなりました。終盤の寄せの段階で少し怪しくなりましたがなんとかリードを守り切ることができました。
チームは3-4で敗北。かるきずくんの金星によって惜しい結果にはなりましたがやはり名城大学さんは強かったです。

3回戦 VS名古屋大学 I城さん
3回戦は春団優勝の名古屋大学さんです。
オーダーの並び的にI城さんかF原さんに当たる確率が高く、私にとって厳しい対局になると思っていました。
オーダー交換の結果相手はI城さんになりました。
戦型は後手の私の角交換振り飛車に対し、I城さんが居飛車で対抗してきました。序盤で私の方に構想ミスがあり、苦しい展開になってしまいました。今私が3六歩と突いた局面です。
sfen (1)
感想戦では6五歩などを検討しましたが、じっと3六同歩もあったようです。そこで4五飛と指すと8四歩が厳しくはっきり負けそうです。本譜は8七角打でしたがこれには4五飛がぴったりでした。次にこちらから5五や7五に飛車が回る筋があり打ったばかりの角がぼやけてしまっています。ここで逆転の手ごたえを感じました。
下の局面はこの対局の最終盤です。
sfen (2)
本譜は8六銀8八玉7六角と進み寄せ切ったのですが、実はこの局面では詰みがあったようです。(対局中は全く気づきませんでした。。)ぜひ時間があれば考えてみてください。
チームは3-4で敗北。結果だけみると接戦にみえますが、主力メンバーの対局を落としてもしっかりとチームでは勝つところはさすが王者でまだまだ力の差を感じた一日でした。

初日は0-3でしたが、全て3つは勝っていて雰囲気は悪くなかったので明日はいけるのではないかなと思っていました。
夜はOBの方に豚カツをごちそうになりました。ありがとうございました。
一年のNくんはこれを食べた後に喫茶マウンテンに行き、甘口スパを完食して「大したことなかった」といいながら帰ってきました。頼もしいですね。。

4回戦 VS南山大学 N尾さん
南山大学さんには春団の時に3-4で敗れています。しかしここを落とすと残留が厳しくなるので気合を入れて対局に臨みました。
初手78飛でこられたのでこちらは向かいに振り、相振り飛車になりました。
sfen (7)


今私が角を切り同玉となった局面です。
とりあえず3六銀と打ってみたくなる局面ですが4五銀と打ったのが狙っていた一手でした。飛車取りなので飛車を逃がすしかないですが、8六や7六だと飛車のヒモが外れるので2六歩同歩3六銀の展開の時に受けにくくなります。本譜は6六でしたが7五銀から桂馬を拾って3六に打ててはっきりよくなりました。終盤も落ち着いてリードを広げ勝ち切ることができました。
チームは5-2で勝利。待望の白星です。K谷先輩がきついところを勝ってくださったのが大きかったです。

5回戦 VS愛知大学 W邊さん
愛知大学さんは前回A級に上がってきたチームで手ごわいと聞いていました。こちらのメンバーも1年生が5人ということでフレッシュな組み合わせになりました。
戦型は相手の引き角に対し向かい穴で対抗し、相穴熊になりました。中盤でうまく5筋から動くことができ優勢になりました。
sfen (4)
この局面はこの対局の終盤です。ここから5六角2二銀2六香と進みました。この二手により自玉に保険をかけつつ、相手の玉がみえる展開になりはっきり勝ちになりました。以下はしっかり寄せ切りました。
チームは6-1で勝利。1年生で4つの勝ち星があげれたので来年の団体戦に期待ができる結果となりました。

トータルでは個人5-0、チームは2-3の4位となりA級に残留することができました。チーム合計の勝ち星も多く、順位は同じですが春よりもよい結果だったと思っています。来年は入賞を目指して頑張ります!
まずK池先輩4年間お疲れさまでした。とても忙しい1年だったと思いますが、団体戦では9-1と素晴らしい成績でチームの残留に大きく貢献してくださいました。1年しか一緒に団体戦に出られなかったのは残念ですが、また機会があれば静大将棋部に顔を出してください!
そして名大将棋部さん代表おめでとうございます。大会を見に行くことはできませんが陰ながら応援しています。中部地区の代表として頑張ってきてください!
最後にF原理事長ならびに理事の方々1年間お疲れさまでした。私たちが大会に集中できたのも理事の方々がしっかりと準備や大会運営をしてくださったからだと思っています。本当にありがとうございました。

最後までブログを読んでくださってありがとうございました。
誤字等発見された方は私に直接連絡してくださるとありがたいです。
(@hima23n←Twitterのこのアカウントに連絡してくださるとありがたいです。)





PageTop

秋季団体戦の振り返り(byかるきず)

 どうもこんにちはかるきずです、先日K池先輩がブログ書いて下さりました、S先輩もブログを書いて下さるとお聞きしたのですがなかなか更新されないので私が書こうと思います(なんでや)。

0回戦 やはり静大の強敵といえば0回戦、静岡勢は5時台の電車に乗らなければなりません、東部に住んでいる1年生エースのH君は今回も始発では間に合わないため3時頃の起床になったようです(お疲れ様です)。
若干遅刻した人もいましたがなんやかんやありつつ(千種で電車止まった時は終わったかと思った)ちゃんと(対局開始4分前)に会場に着き0回戦を制しました、0回戦からなかなかの強敵でしたね。

1回戦vs三重大学 Mさん
Mさんは秋個人の予選で当たりました、その時はこちらのシステムで研究範囲に持ち込み優勢になったのですが攻めを切らされ負け、今回はリベンジしようと臨みました。
戦型は相手の石田に筋違いに角を打ち1歩得、うまく駒をさばいて優勢になるものの攻め損ない逆転するも玉が堅かったこちらが優勢になるも相手の反撃にビビってしまい受けに回り劣勢に、最終盤はこちが必敗になりました、その辺りで人だかりが増えたので「あー、3-3なんやなーでも局面負けやしすまんなあ」って感じで寄せの相手をしていたのですが実は最後の最後、逆転していました。

これがその局面、ここは死んでも3七歩の中合いですね、中合いは当然見えましたがここまで170手、手の流れ的にも完全に寄りだったため無意味だと思ってしまい3五歩、当然2三銀から1四銀で7手詰め、中合いした局面はこちらが+1000ほどの優勢でまさに天国と地獄のような手でした、この1敗でチームの負けが決してしまったかと思うと悔やみきれませんでした。

しかしその事実を知ったのはまた先の話で「また優勢捲られてしまったなー」くらいにしか思っておらず二回戦へ

2回戦vs名城戦 Oさん
Oさんは春の団体戦で負けています(※はじめての団体戦参照)今回はリベンジしようと臨みました(二回目)。
こちらの四間飛車に相手の左美濃、序盤で積極的な駒組をされ受け身に、その後お互い囲い無理気味に仕掛けました、さすがに仕掛けが無理筋で銀得ながら陣形で大きな差をつけられ苦しい時間が続きました

このままでは抑え込まれジリ貧だと思い銀引き、ここでは8八竜から王手飛車があり評価値的には悪手でしたがそこから4六歩4八金2五歩に6五飛車の二つ目の勝負手、これも評価値的に悪手でしたが2六歩1八銀1五歩に5六桂馬でなんと捌き勝つことが出来ました、チームでも3-4と春の1-6を思うとだいぶ迫れたのかなと思います。

3回戦vs名古屋大学 Kさん
三連続で強い方とさせるのは疲れる反面ワクワクして楽しいですね、戦型は相手の振り飛車に引き角、5六の歩を取らせる間に攻めの陣形を築き有利に

ここで6九金6二角5七歩5六歩5八金という謎手順で形勢を損ねかけましたがなんとか時間の差で勝ち切ることができました。
チームも3-4と春の2-5に比べるとかなり迫れたのかなと思います、しかし名城戦も名大戦もあと一本が届かない辺りが強豪校たる所以なのかなと思いました。

そんなこんなで1日目終了、チームでは0-3でしたが上位校にあと一歩のところまで迫れたこともありチームの雰囲気は良かったかなと思います。夕飯ではVANさんらOBの方々から静大将棋部の歴史などを聞きとんかつをご馳走に、本当にありがとうございました、そしてそのままカプセルホテルへ…

3.5回戦vsカプセルホテル
みんなで雑談したりオーダー会議したりし、さあ寝るかという所で問題発生、めっちゃカプセル内が暑い、ていうか酸素が薄い、しかしとても疲れていたためなんとか睡眠、しかし2時間後…

「息ガ…デキナイ…」

酸素不足で死にかけました、ロビーで酸素を取り込み就寝→2時間後酸素不足で起床→以下エンドレス

そんなこんなで疲労感を抱えたまま二日目に…

4回戦vs南山大学 Hさん
ワンちゃんの上位を目指すため、また入替え戦も怖いところなので勝ちたいところでした。
戦型は相手の振り飛車にこちらが角道を止めて居飛車、相手が独特の駒組でうまく攻めの体制を作られ劣勢に

8六角の勝負手でなんとか6四に歩が打つことができ、銀冠の厚みで上から押していきなんとか勝ち、チームも5-2で初勝利を収めることが出来ました。

5回戦vs愛知大学 Tさん(諸事情により盤面ありません、申し訳ございません)
最終戦がどうなるか分からないので勝って上位を目指したいところ、チームがまさかのK先輩方を除いて5人一年生でとても若いメンバーでしたね。
私の将棋は相手の居飛車穴熊いこちらの四間飛車システム、システムがうまく決まり勝つことが出来ました。チームも6-1と他の1年生も皆勝っていて頼もしさを感じました。

結果は個人成績4-1でチームは2-3で4位でした、個人的には色々な方に名城戦、名大戦での勝利を褒めていただきとても嬉しかったです。チームでは5連勝の新人王S君含め他の1年生も勝利を収めていて自分自身もよりチームに貢献できるようにならねばならないと思いました、また上級生の先輩方も勝ち星をあげており、流石だなと感じました。
また、今回の大会も多くのOBの先輩方に支えられた大会でした、応援に駆けつけて下さった先輩方本当にありがとうございました。

そして最後に今回も優勝された名古屋大学様、おめでとうございます!暇なら(どうせ私のクリスマスなど暇なのですが)四日市まで応援行きたいと思います。頑張ってください(*・`ω´・)ゞ

それでは長々と長文失礼しました。

p.s前回もボロボロミスが見つかったので今回もございましたらかるきずまでご連絡ください。

PageTop

団体戦の振り返り

 こんにちは。4年の小池です。今回は11/24,25に行われた秋季団体戦を振り返っていこうと思います。なぜ書こうと思ったからといいますと、個人としてもチームとしても4年間で一番楽しく充実していたと思ったからです。真面目に振り返っていきます。
 0回戦 一人遅刻しそうになった人がいましたが、オーダー時にそろったのでセーフ。

 1回戦 vs三重大学 Hさん。
 三重大学とは去年の合宿でもお世話になり、毎回ぎりぎりの戦いを強いられる良きライバルであった印象があります。
私が対戦したHさんとは、合宿の運営を一緒にしたり、今回の団体戦に参加している同世代の部員が自分だけという点でもすごく境遇が似ていると常々思っています。相振り飛車になり、劣勢になるものの玉が薄いのをとがめて逆転勝ちをすることができました。最後に戦えてうれしかったです。個人的には2年のKさんとともに応援しているのでがんばってください。チームは3-4で負けました。
来年以降上位を目指すとき負けられない相手なので次のリベンジに期待しています。

 2回戦  vs 名城大学
 特に関わりはないですが、オーダー表の名前をみてほとんど名前を知っている有名な人ばっかりで層が厚い印象があります。
自分の四間飛車に対して対抗系の形になりバランス陣形対固い陣形の勝負になり負けてしまいました。大局観が悪かったです。
チームは3-4で負け。
 
 3回戦  vs 名古屋大学
 3連覇中の王者。自分は個人戦上位のKさんと対戦しました。序盤劣勢に陥るものの相手が受け身になったのを機に反撃し押し切り勝利を収めることができました。格上の人に勝てたことは素直にうれしかったです。チームは3-4で負け。名古屋大学は1年留年した強豪Fさんが今大会で引退し、戦力が少し落ちたので可能性は0ではないと思うので来年がんばってほしいです。(現に今大会優勝した名古屋から3勝あげたのはうちだけなので)

 夜はOBに皆さまにとんかつをごちそうになりました。本当にありがとうございました。

 4回戦 vs南山大学
 去年春の入れ替え戦の思い出が良くも悪くも残っている印象。1/2で強豪Mさんにあたる組み合わせ。自分戦闘厨なので強い人と戦ってみたい気持ちもありました。結果はあたりませんだしたが個人としては勝利しチームも5-2で勝ち全大会のリベンジを果たすことができました。
 
 5回戦 vs愛知大学
 オーダー表の自分の近くにすごく強い人の名前が書いてあり、戦いたいなあと思っていたら当たりました。格上にあたると燃えます。序盤劣勢に陥るもののプレッシャーを与え続けて逆転勝利を収めることができました。うれしかったですね。そして勝ったから言えるのかもしれないけど対局中すごく楽しかったです。

 結果として個人としては4-1 チームは2-3で4位トいう成績でした。個人としては角交換四間飛車と相振り飛車しか指せなく他校からしたら対策や研究しやす勝ったのかなと感じます。そのなかで好成績をあげることができたのは素直にうれしかったです。
 チームとしては1年生がすごく強かった印象です。5連勝したSくんやきついところをものにしたKくんの活躍には目を見張るものがあったし、ほかの人の勝ち星を重ねていって20/35勝てたことはチームとしてもすごくよかったと思います。
 今回負けたスコアはすべて3-4であったことから、上位を全然狙える位置にいると思うので優勝を目指してがんばってほしいです。 最後に、強くなるには毎日将棋に触れてほしいと思います。将棋戦争アプリで10分切れ負けをやったり、24をやったりツイッターで将棋連盟のやつフォローして流れてくる詰め将棋を解いたりするのでもいいです。棋力を伸ばして大会で結果を残すことができればもっと将棋が楽しくなると思います。長文読んでくださりありがとうございました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。