FC2ブログ

静大将棋部ブログ

春団振り返り(佐々木)

こんにちは、今年度より部長になりました2年の佐々木です。今回は土日に行われた中部春団の振り返りの記事を書こうと思います。今回はオーダー係も兼任ということでいつもに増して緊張した団体戦でした。ではさっそく書いていきたいと思います。

1R VS三重大学
E間ーHR
K谷ーM山
N澤ーK口
O澤ーN橋
SS木ーT橋
H吉ーHYS
Y田ーH口
(敬称略)

1回戦の相手はライバルともいえる三重大学です。去年の春は4-3、秋は3-4と実力が拮抗しており、ここに勝てるかどうかが今回入賞するための鍵になると思っていました。
オーダー交換の結果お互いのレギュラー同士がぶつかり合っており、そこが勝敗の分かれ目になると思っていました。
私の相手は1年のT橋くんでした。1年生なのでどのような将棋を指すのか分からなかったのですが、こないだの個人戦で2日目に残っており全く油断はできません。
戦型は私の角交換四間飛車でした。中盤で二枚替えを実現しリードを維持したまま勝ちきることができました。
チームはK谷、N澤、SS木勝ちの3-4で惜しくも敗れてしまいました。やっぱり2年の2人が強かったですね。
また秋にはリベンジできるように頑張りたいです。

2R VS名城大学
K谷ーS田
O澤ーO村
S木ーK林
SS木ーI藤
H吉ーM本
Y田ーI井
A武ーH尾
(敬称略)

2回戦の相手は優勝候補の名城大学です。前回は3-4だったので今回もなんとか一発を狙っていきたいところです。そのためオーダーはできるだけレギュラー同士がぶつかるように組み、当たり自体はまずまずだなと感じていました。
私の相手はI藤さんでした。I藤さんは春の個人戦で学名代表となっており、名城のレギュラーの中でも特に強敵なので気を引き締めて挑みました。
戦型はI藤さんの中飛車に対し私の三間飛車。そして駒がぶつかりあいこの局面になりました。

名城1
今I藤さんが4五角と打った局面です。次の一手が難しくこの局面でだいぶ時間を使いました。
最初に考えた3三飛は3六飛で向こうの美濃囲いが堅く、またいつでも角が切られるのであまり自信がありませんでした。
そのため3七歩成と直前まで悩みながら3五飛と浮きました。
この手に対しては感想戦で検討した3六角を指すべきだったようで以下5五角7六飛5七歩でいい勝負だと思います。
本譜は3六歩だったのでじっと3三に引き次の4四歩の味が良いので若干指しやすくなったように感じました。
この後はリードを奪って逃げ切り去年の個人戦のリベンジを果たすことができました。
チームはSS木、H吉、Y田勝ちの3-4。1年の期待の新星Y田くんが金星をあげてくれましたが、レギュラー陣が勝ち切れずあと1勝が遠かったです。

3R VS名古屋大学
K谷ーK瀧
N澤ーI村
K塚ーF原
O澤ーN山
S木ーK藤
SS木ーM本
Y田ーI城
(敬称略)

3回戦の相手は前回優勝の名古屋大学です。もちろん強敵ですが、レギュラーの方々が何人か大会参加されていないこともありオーダー次第ではチャンスがあると感じていました。オーダーの結果はまずまずといった感じでしょうか。
私の相手はM本くんでした。昨年度の新人戦決勝以来の対局です。
戦型は相振り飛車になりました。今私が5六銀に同金と取った局面です。
名大1
ここで7七角成が嫌でした。同飛には5六飛~8六飛がありこちらが悪いです。
7七角成りの瞬間に3六角と打つのが最善に見えますがこの馬が取れないようでは自信がありません。
本譜は5六飛~7七角成だったので3六角が絶好の返し技でした。打った瞬間は4四桂がちらつくので少し怖いですがそれ以上に相手にぴったりとした受けがありません。本譜は5四歩と中合いをしてきましたがこれには同飛ではっきりよくなりました。
チームはO澤、SS木、Y田勝ちの3-4でした。Y田くんがまたも強敵相手に勝利を収め、これはと思いましたが名大の1年生の方々が強くまたもあと1勝が遠かったです。

ここまで前回と同じく初日全部3-4負けであり、残留するためには残り両方とも勝たなければ厳しくなりました。

4R VS名古屋工業大学
K谷ーA藤
N澤ーT川
K塚ーI藤
O澤ーY野
SS木ーT田
H吉ーY田
Y田ーA妻
(敬称略)

4回戦の相手は前回昇級した名古屋工業大学です。T川さんをはじめ強力なレギュラーが控えており、できるだけレギュラー対決を避けたいと思っていました。そのためオーダーの組み合わせはうまくいったと思いました。
私の相手はT田さんです。
戦型は私の角交換振り飛車になりました。昔研究していた形がうまく刺さり綺麗に勝ち切ることができました。
チームはK谷、O澤、SS木、Y田勝ちの4-3で今大会初の勝利を収めることができました。
自分の対局後に観戦しに行った時は、勝った三人の対局も苦しそうで一時期は負けも覚悟しましたがさすがというべきかレギュラー陣が何とか踏ん張ってくれました。

5R VS愛知学院大学
K谷ーI藤
N澤ーT中
0澤ーS浦
S木ーO野
SS木ーK藤
H吉ーN川
Y田ーI橋
(敬称略)

5回戦の相手は前回入れ替え戦で昇級した愛知学院大学です。今回はそのメンバーに新たに強い1年が複数加わったという噂を聞いていてかなり警戒していました。直前の4回戦で名城大学に3つ勝っていること、今大会はどの大学もレギュラー陣の結果が荒れていることを考慮し今回もレギュラー対決は避けるように組みました。
私の相手はK藤さんでした。
戦型は私のノマ三VS袖飛車となりました。中盤の捌きあいで誤算があったようで終始優勢を保って勝つことができました。
チームはK谷、N澤、O澤、SS木、Y田勝ちの5-2。重要なところでしっかりと勝ち星を拾ってきてくれて頼もしかったです。

結果チームとしては2-3で4位となりA級残留、個人としては5-0で秋に続き全勝することができました。
チームとしてはレギュラー陣がきつい当たりを引いて結果が安定しない中、初出場ながら強豪相手に4勝したY田くんには本当に助けられました。また個人的には勝つべきところをしっかりとって、強豪相手にも終盤までいい勝負を繰り広げたN澤くんやH吉くんに成長を感じました。
去年の静大は私目線だと特定の人に勝ち星を依存することが多かったのですが、レギュラーが負けても勝ち星を稼げるようになったのは半年間の大きな成長かなあと思います。
秋はまた今回の反省点を生かして入賞できるように頑張りたいです。

棋譜取りや応援をしてくれた部員やオーダー係を手伝ってくれたS先輩や食事を奢っていただいたOBのMさんは本当にありがとうございました。
私が対局に集中できたのも皆さんのおかげです。本当に感謝しています。

最後に名城大学さん優勝おめでとうございます。富士通杯では中部地区の代表として活躍されることを願っています。

最後までブログを読んでくださりありがとうございました!
(誤字等発見された方は私に連絡してくださるとありがたいです)


 

スポンサーサイト

PageTop

中部地区新人戦&秋季団体戦の振り返り(佐々木)

 こんにちは、1年の佐々木です。今回は中部地区新人戦と秋季団体戦の振り返りの記事を書くつもりです。中間テストがあったため書くのが遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

【新人戦】
この大会の将棋についても書きたいと思っていたのですが、全部で千日手局を含めて9局もあったので内容については省略させていただきます。結果からいうと優勝することができました。高校の時からよく指していたY道君と一緒に新人王を取れたのでとても嬉しかったです。ただ将棋の内容については反省点が多く、次の大会に生かしたいなと思いました。

【秋季団体戦】
1回戦 VS三重大学 M田さん
三重大学さんは今年強豪の1年生が何人か加入した結果春団では3位に入賞し今一番勢いがある大学だと思います。1回戦ということで誰と当たるか予想がつかないのでとても緊張しました。
戦型は先手の私が角交換振り飛車を採用し、M田さんは銀冠で対抗してきました。
諸事情により棋譜がないので盤面は省略しますが、相手の陣形が偏ったところで一方的に馬を作ることができ、そのリードを生かして緩みなく寄せきることができました。
チームは3-4で敗北。三重大学さんは個人的に中部地区の大学で1番のライバルだと思っているので、来年度はリベンジできるように頑張りたいです。

2回戦 VS名城大学 M本さん
2回戦は春に1-6で負けている名城大学さんです。私の今年度の4敗のうち3つは名城大学のレギュラーの方につけられているので今回は負けられないなと思っていました。戦型は私が三間に振り、M本さんが向かいに振り、相振り飛車となりました。そして私が仕掛けたのがこの局面です。
1将棋

一見後手の攻めが成功しているようですがこの局面で3五角と切る手があったようです。以下同角に2八玉と指されると歩切れということもあり、あまり自信がありません。本譜は同玉だったので2六銀から攻めが刺さりはっきり良くなりました。終盤の寄せの段階で少し怪しくなりましたがなんとかリードを守り切ることができました。
チームは3-4で敗北。かるきずくんの金星によって惜しい結果にはなりましたがやはり名城大学さんは強かったです。

3回戦 VS名古屋大学 I城さん
3回戦は春団優勝の名古屋大学さんです。
オーダーの並び的にI城さんかF原さんに当たる確率が高く、私にとって厳しい対局になると思っていました。
オーダー交換の結果相手はI城さんになりました。
戦型は後手の私の角交換振り飛車に対し、I城さんが居飛車で対抗してきました。序盤で私の方に構想ミスがあり、苦しい展開になってしまいました。今私が3六歩と突いた局面です。
sfen (1)
感想戦では6五歩などを検討しましたが、じっと3六同歩もあったようです。そこで4五飛と指すと8四歩が厳しくはっきり負けそうです。本譜は8七角打でしたがこれには4五飛がぴったりでした。次にこちらから5五や7五に飛車が回る筋があり打ったばかりの角がぼやけてしまっています。ここで逆転の手ごたえを感じました。
下の局面はこの対局の最終盤です。
sfen (2)
本譜は8六銀8八玉7六角と進み寄せ切ったのですが、実はこの局面では詰みがあったようです。(対局中は全く気づきませんでした。。)ぜひ時間があれば考えてみてください。
チームは3-4で敗北。結果だけみると接戦にみえますが、主力メンバーの対局を落としてもしっかりとチームでは勝つところはさすが王者でまだまだ力の差を感じた一日でした。

初日は0-3でしたが、全て3つは勝っていて雰囲気は悪くなかったので明日はいけるのではないかなと思っていました。
夜はOBの方に豚カツをごちそうになりました。ありがとうございました。
一年のNくんはこれを食べた後に喫茶マウンテンに行き、甘口スパを完食して「大したことなかった」といいながら帰ってきました。頼もしいですね。。

4回戦 VS南山大学 N尾さん
南山大学さんには春団の時に3-4で敗れています。しかしここを落とすと残留が厳しくなるので気合を入れて対局に臨みました。
初手78飛でこられたのでこちらは向かいに振り、相振り飛車になりました。
sfen (7)


今私が角を切り同玉となった局面です。
とりあえず3六銀と打ってみたくなる局面ですが4五銀と打ったのが狙っていた一手でした。飛車取りなので飛車を逃がすしかないですが、8六や7六だと飛車のヒモが外れるので2六歩同歩3六銀の展開の時に受けにくくなります。本譜は6六でしたが7五銀から桂馬を拾って3六に打ててはっきりよくなりました。終盤も落ち着いてリードを広げ勝ち切ることができました。
チームは5-2で勝利。待望の白星です。K谷先輩がきついところを勝ってくださったのが大きかったです。

5回戦 VS愛知大学 W邊さん
愛知大学さんは前回A級に上がってきたチームで手ごわいと聞いていました。こちらのメンバーも1年生が5人ということでフレッシュな組み合わせになりました。
戦型は相手の引き角に対し向かい穴で対抗し、相穴熊になりました。中盤でうまく5筋から動くことができ優勢になりました。
sfen (4)
この局面はこの対局の終盤です。ここから5六角2二銀2六香と進みました。この二手により自玉に保険をかけつつ、相手の玉がみえる展開になりはっきり勝ちになりました。以下はしっかり寄せ切りました。
チームは6-1で勝利。1年生で4つの勝ち星があげれたので来年の団体戦に期待ができる結果となりました。

トータルでは個人5-0、チームは2-3の4位となりA級に残留することができました。チーム合計の勝ち星も多く、順位は同じですが春よりもよい結果だったと思っています。来年は入賞を目指して頑張ります!
まずK池先輩4年間お疲れさまでした。とても忙しい1年だったと思いますが、団体戦では9-1と素晴らしい成績でチームの残留に大きく貢献してくださいました。1年しか一緒に団体戦に出られなかったのは残念ですが、また機会があれば静大将棋部に顔を出してください!
そして名大将棋部さん代表おめでとうございます。大会を見に行くことはできませんが陰ながら応援しています。中部地区の代表として頑張ってきてください!
最後にF原理事長ならびに理事の方々1年間お疲れさまでした。私たちが大会に集中できたのも理事の方々がしっかりと準備や大会運営をしてくださったからだと思っています。本当にありがとうございました。

最後までブログを読んでくださってありがとうございました。
誤字等発見された方は私に直接連絡してくださるとありがたいです。
(@hima23n←Twitterのこのアカウントに連絡してくださるとありがたいです。)





PageTop

秋季団体戦の振り返り(byかるきず)

 どうもこんにちはかるきずです、先日K池先輩がブログ書いて下さりました、S先輩もブログを書いて下さるとお聞きしたのですがなかなか更新されないので私が書こうと思います(なんでや)。

0回戦 やはり静大の強敵といえば0回戦、静岡勢は5時台の電車に乗らなければなりません、東部に住んでいる1年生エースのH君は今回も始発では間に合わないため3時頃の起床になったようです(お疲れ様です)。
若干遅刻した人もいましたがなんやかんやありつつ(千種で電車止まった時は終わったかと思った)ちゃんと(対局開始4分前)に会場に着き0回戦を制しました、0回戦からなかなかの強敵でしたね。

1回戦vs三重大学 Mさん
Mさんは秋個人の予選で当たりました、その時はこちらのシステムで研究範囲に持ち込み優勢になったのですが攻めを切らされ負け、今回はリベンジしようと臨みました。
戦型は相手の石田に筋違いに角を打ち1歩得、うまく駒をさばいて優勢になるものの攻め損ない逆転するも玉が堅かったこちらが優勢になるも相手の反撃にビビってしまい受けに回り劣勢に、最終盤はこちが必敗になりました、その辺りで人だかりが増えたので「あー、3-3なんやなーでも局面負けやしすまんなあ」って感じで寄せの相手をしていたのですが実は最後の最後、逆転していました。

これがその局面、ここは死んでも3七歩の中合いですね、中合いは当然見えましたがここまで170手、手の流れ的にも完全に寄りだったため無意味だと思ってしまい3五歩、当然2三銀から1四銀で7手詰め、中合いした局面はこちらが+1000ほどの優勢でまさに天国と地獄のような手でした、この1敗でチームの負けが決してしまったかと思うと悔やみきれませんでした。

しかしその事実を知ったのはまた先の話で「また優勢捲られてしまったなー」くらいにしか思っておらず二回戦へ

2回戦vs名城戦 Oさん
Oさんは春の団体戦で負けています(※はじめての団体戦参照)今回はリベンジしようと臨みました(二回目)。
こちらの四間飛車に相手の左美濃、序盤で積極的な駒組をされ受け身に、その後お互い囲い無理気味に仕掛けました、さすがに仕掛けが無理筋で銀得ながら陣形で大きな差をつけられ苦しい時間が続きました

このままでは抑え込まれジリ貧だと思い銀引き、ここでは8八竜から王手飛車があり評価値的には悪手でしたがそこから4六歩4八金2五歩に6五飛車の二つ目の勝負手、これも評価値的に悪手でしたが2六歩1八銀1五歩に5六桂馬でなんと捌き勝つことが出来ました、チームでも3-4と春の1-6を思うとだいぶ迫れたのかなと思います。

3回戦vs名古屋大学 Kさん
三連続で強い方とさせるのは疲れる反面ワクワクして楽しいですね、戦型は相手の振り飛車に引き角、5六の歩を取らせる間に攻めの陣形を築き有利に

ここで6九金6二角5七歩5六歩5八金という謎手順で形勢を損ねかけましたがなんとか時間の差で勝ち切ることができました。
チームも3-4と春の2-5に比べるとかなり迫れたのかなと思います、しかし名城戦も名大戦もあと一本が届かない辺りが強豪校たる所以なのかなと思いました。

そんなこんなで1日目終了、チームでは0-3でしたが上位校にあと一歩のところまで迫れたこともありチームの雰囲気は良かったかなと思います。夕飯ではVANさんらOBの方々から静大将棋部の歴史などを聞きとんかつをご馳走に、本当にありがとうございました、そしてそのままカプセルホテルへ…

3.5回戦vsカプセルホテル
みんなで雑談したりオーダー会議したりし、さあ寝るかという所で問題発生、めっちゃカプセル内が暑い、ていうか酸素が薄い、しかしとても疲れていたためなんとか睡眠、しかし2時間後…

「息ガ…デキナイ…」

酸素不足で死にかけました、ロビーで酸素を取り込み就寝→2時間後酸素不足で起床→以下エンドレス

そんなこんなで疲労感を抱えたまま二日目に…

4回戦vs南山大学 Hさん
ワンちゃんの上位を目指すため、また入替え戦も怖いところなので勝ちたいところでした。
戦型は相手の振り飛車にこちらが角道を止めて居飛車、相手が独特の駒組でうまく攻めの体制を作られ劣勢に

8六角の勝負手でなんとか6四に歩が打つことができ、銀冠の厚みで上から押していきなんとか勝ち、チームも5-2で初勝利を収めることが出来ました。

5回戦vs愛知大学 Tさん(諸事情により盤面ありません、申し訳ございません)
最終戦がどうなるか分からないので勝って上位を目指したいところ、チームがまさかのK先輩方を除いて5人一年生でとても若いメンバーでしたね。
私の将棋は相手の居飛車穴熊いこちらの四間飛車システム、システムがうまく決まり勝つことが出来ました。チームも6-1と他の1年生も皆勝っていて頼もしさを感じました。

結果は個人成績4-1でチームは2-3で4位でした、個人的には色々な方に名城戦、名大戦での勝利を褒めていただきとても嬉しかったです。チームでは5連勝の新人王S君含め他の1年生も勝利を収めていて自分自身もよりチームに貢献できるようにならねばならないと思いました、また上級生の先輩方も勝ち星をあげており、流石だなと感じました。
また、今回の大会も多くのOBの先輩方に支えられた大会でした、応援に駆けつけて下さった先輩方本当にありがとうございました。

そして最後に今回も優勝された名古屋大学様、おめでとうございます!暇なら(どうせ私のクリスマスなど暇なのですが)四日市まで応援行きたいと思います。頑張ってください(*・`ω´・)ゞ

それでは長々と長文失礼しました。

p.s前回もボロボロミスが見つかったので今回もございましたらかるきずまでご連絡ください。

PageTop

はじめての春中部団体戦(byかるきず)

はじめましてこの度静大将棋部に入部させていただきましたかるきずと申します以後お見知りおきを。
さて先日行われた春団ですが(はいそこ~いつの話やねんとか言わない)
先輩方に「ブログ書きます!」と言ってしまったにもかかわらず
テストが入ったりなんなりでもう季節は梅雨になってしまいました...
そろそろ書かんとなーという事で人生初のブログを書いている次第ですつまりなんかミスっても仕方がないので気楽に書けると
今回は諸事情により私が敗北した名城・名古屋大学戦に絞って書いていきます。

・一回戦名城Oさん
後手の私が無理気味に早繰り銀で仕掛に行きこの局面

ここまで互角でしたがここの△7五歩が悪手、変えて△8六歩などで手を付けて一局でした、本譜は▲3五銀とこの後打たれます、感覚的には嫌でしたが評価値は僅かにこちらにふれていました
そこから数手進んでこの局面

ここで△7七歩成を入れてから△8七歩で僅かに後手が良かったようです、本譜は単に△8七歩とし一直線に進み悪くなってしまいました、そこから攻められこの局面

なんか勝負手っぽい△7五角、評価値的にはいい手ではなかったようですが次の▲1一竜で最後のチャンスがありました、ここは△2三金とかわしておけば互角の形勢でした、本譜は秒に追われて△5二玉、以下▲1三角成△8八歩成▲9六金としっかり受けられはっきり負け、チームも1­­-6負けという事で、やはり名城は強かったですね。

・続いて二回戦名大Fさん
先輩方から当たるかもよって言われたときは「えー」って感じでしたが当たったからには仕掛ない、全力で行こうと決意しました

後手の私の引き角に少し変わった構えで飛車を振られてこの局面

引き角の弱点のコビンを攻めれる構えを作られてまあ私が引き角することしってるしちゃんと対策組まれたなあと憂鬱な気持ちでいましたがここでの▲6五歩で△7五歩からの仕掛けがきまり後手が少し良くなりました
そして数手進んでこの局面

△7六歩と打ち確実に桂得を目指しました、もちろんこれでも悪いわけではありませんが先に△8九飛車成の方が分かり易く良かったです、本譜は▲8七歩と抑えられて後手は歩切れになってしまい手が難しくなってしまいました
本譜はこちらがもたもたしている間に先手の形はどんどん良くなりこの局面

ここでまだ私が少し良かったのですがここで放った△5五角▲7七歩で完全に五角まで戻りました
以下は端から手を付けられ完敗、序盤が良かっただけに自分の情けなさにとても悔しい気持ちになりました。
チームは先輩方が勝ち星を稼いで下さり5-2、やはり名大も強かった。

昼に糖分補給もかねてシュークリームも食べたらカスタードを白い服にぶちまけるなどハプニングはありましたがなんとか気持ちを切り替えることができそこからはなんとか個人では3つ勝つことができました
チームもそこから2勝1敗で4位と残留を決めることができました、今回の大会は先輩方の活躍(K先輩半端ないって!淡々と勝ち星稼いでくださるんだもんそんなんできひんやん普通)
また沢山来て下さったOBの先輩方(本当にありがとうございました)
そして頼もしい無敗の1年大エースH
など様々な人に助けて頂いた団体戦だったと思います
私は今回あまりチームに貢献することが出来なかったのでより一層の努力が必要だと痛感しました
そして最後に今回優勝された名古屋大学様、本当におめでとうございます!
富士通杯もぜひとも頑張ってください、応援しています( ̄^ ̄)ゞ

p.sはじめて書いたブログですのでおかしなところございましたらかるきずまでご報告頂けると幸いです。

PageTop

秋季団体戦

こんにちは。老害3人衆のSです。老害と言われようともこれからも部活に行き続けるのでよろしくお願いします。
さて、後輩たちが秋季団体戦の記事をなかなか書いてくれないので簡単に振り返りたいと思います。

目標は何がなんでもA級に残留することでした。そこで豊技、三重に勝ち、さらに名城、名古屋、名工の3校から勝ち点を可能な限り取る方針で行くことにしました。今回オーダー係を浜キャン部長のK池に任せ、Sは選手として専念するはずでした。

1回戦名城大学
圧倒的な戦力差がありますが何とか勝ち点を取りに行きたいところ。オーダーは次のようになりました。(左側が静大。右横はSの予想。)

Y口-K保(不利)
K保田-O村(不利)
Y田-I井(やや不利)
K池-W辺(やや有利)
A武-K野(不利)
K谷-W田(互角)
N澤-I藤(やや不利)

K池曰くY田を3将にするオーダーを見せたかったとのこと。結果的にK谷、K池をうまく相手の主力からかわすことができて割と戦える当たりだと思います。
結果は1-6負け。団体戦初登場のK保田や春団体で大活躍したY田の健闘もありましたが、一歩及ばず。やはり名城大学強かったです。

2回戦名古屋工業大学
諸事情によりSやY口がオーダーの話し合いに参加することに。みんなで考えた結果(味方に)恐怖を与えるオーダーになりました。

Y口-S野(不利)
K保田-T木(互角)
Y田-T川(やや不利)
K池-K藤(やや有利)
K谷-I藤(有利)
N澤-S藤(不利)
O内-Y田(不利)

まさかのY口、K保田の連投。予想とは少し違っていましたが、まずまずの当たりでしょう。もう少し攻めたオーダーをしても良かったかもしれません。
結果は3-4負け。Y口があと一歩のところまで追い込みましたが届かず。K保田が団体戦初勝利を挙げてくれました。勝ってほしい相手にしっかり勝ち切ることができるのは次回以降の起用に大きく響くはずです。

3回戦三重大学
初日の一番の山場。名古屋大学相手にかなりいい勝負をしていたことに正直動揺していましたが、主力が2人欠けていたので何とかなると思っていました。

Y田-N田(互角)
S-K口(不利)
K池-MR山(やや不利)
S藤-H口(やや不利)
A武-K内(互角)
K谷-M田(やや有利)
N澤-MS山(互角)

MR山氏が出てくることは予想外でした。その結果当たりがずれてしまい、やられたと思いました。
結果は2-5負け。三重大学の作戦(?)にまんまとはまってしまいました。

1日目を終えてかなり苦しい状況に追い込まれましたが、その割にはチームの雰囲気は悪くはなかったと思います。ホテルで名古屋大学戦と豊橋技術科学大学戦のオーダーを考えて1日目は終わりました。

4回戦名古屋大学
名城大学戦と同じく勝ち点を1つでも取りに行く考え。その結果再び恐ろしいオーダーになりました。

Y口-KN藤(不利)
K保田-K村(不利)
Y田-S澤(やや不利)
K池-KW村(やや不利)
K谷-H原(やや不利)
H谷川-I城(不利)
N澤-K藤(やや不利)

見事に当て馬を主力に当てることができてオーダーは的中。かなり戦える当たりのはずでしたが…。
結果は0-7。正直言って1つくらい勝てるだろうと思っていました。Y口やN澤など惜しい対局もいくつかありましたが最後は持ってかれました。

5回戦豊橋技術科学大学
勝てば5位で入れ替え戦、負ければ6位で降級という分かりやすい構図になりました。どっちのオーダーにするか迷いに迷い、最終的にはK池の意向により次のオーダーになりました。

Y田-N村(有利)
K池-H井(互角)
S藤-S藤(不利)
A武-O上(不利)
K谷-K永吉(有利)
N澤-S浦(互角)
O内-U田(互角)

オーダーは的中してかなり戦いやすいと思います。最後に決断してくれたK池に感謝したいです。互角の3つがどうなるかが勝敗を分けるポイントになりました。
結果は6-1勝ち。勝負所を全部取ったことが大きかったです。A武も強敵相手に殊勲の星。次回以降は主力としてチームを引っ張る逸材だと思うので今回の経験を生かしてほしいところです。

入れ替え戦愛知工業大学
A級5位となり春に続いての入れ替え戦になりました。相手は過去に何度もB級で対戦してきた愛知工業大学です。

A武-T時(やや不利)
Y田-A山(やや不利)
N澤-U津野(やや有利)
K谷-S井(互角)
K池-I口(有利)

Y田とK谷は春と同じ相手に当たってしまい、少し嫌な感じがしました。全体的に見ても当たりはあまりよくなく、対局中は祈るようにして見ていました。
結果は3-2勝ち。くしくも春の入れ替え戦で勝利したメンバーが今回も勝つ展開になりました。

ということで静岡大学はA級に残留することができました。苦しい戦いばかりでしたが、それでもA級で戦うことができて本当に嬉しかったです。私は今回を最後に引退することになりますが、来年以降もサポートできることがあればやっていきたいと思います。

(追記)
次回からはいよいよY口の連載が始まります。過去2回連載を打ち切っていますが、今回こそ完結することができるでしょうか?お楽しみに!

PageTop