静大将棋部ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

学生将棋選手権

どうも、大会名称を間違えていたMです。
今回は個人戦と、ガチンコ!奨励会についてかいていきます。
個人戦の参加者は、S谷先輩、H田先輩、M、S1、H後輩。S2君は不参加で棋譜取り担当。

前日想像以上の順位とキリ番でもらった扇子に浮かれていた部員一同。
個人戦もこれは期待できるのではないか、と正直浮かれていた。
なにやらフラグな気もしますが、気にせずに自分の将棋を振り返ってみます。

第一戦 大阪大学の方(イケメン)
イケメンに負けてたまるか!と行きこんで臨んだ一局。戦型は角換り右玉対矢倉からの穴熊。
桂交換になった後お互いに手が見つからず、千日手含みで金をひたすら左右に動かす待機策を決行!
なにも気にせずに金を動かしていたせいで大惨事になったのが下図。

osaka

この桂馬を完全に見落としていて、放心状態でした。いや、さすがにこれを見落とすのはひどい。
それでも以下▲4六角▽同 角▲3四桂▽4三金▲2二桂成▽同 金▲2四歩としてなんとか勝負形に。
自玉の薄さに目をつぶりながらもうまくかみつき、穴熊から玉を引っ張り出すことに成功。さらに飛車が成ってこれは勝ちやろ!と思った瞬間……

寄せがへぼすぎて気づいたらこちら必死、相手Z。投了決定の方程式ですね、はい。
本当にだれか終盤力を分けてくれないかしらと思いながらもすぐに次の対局へ。


二回戦 小学生のN君
どこかで見たことあるなあ、と思っていたら去年関西将棋会館で指した子でした。小学生らしい早指しにいつも通りの右玉で応戦。
右玉相手というのは慣れていないのか駒組みにミスがあり、馬を作って桂銀交換に。以下攻め続けて勝利。


三回戦 東北大学Hさん
戦型はノーマル右玉対雁木。公式戦で初めて雁木に当たりました。
5筋の位を取られてしまい、完全に抑え込まれてしまうもののむりやり5筋から打開を図り優勢に。
そして玉頭戦に持ち込み以下厚みを生かして勝利。



となるはずがいつの間にかこちらの玉頭に火が付きぼっこにされました。
中盤で桂を控えて打つ筋が見えなかったのが大きな痛手となりました。

てことで1勝2敗で予選敗退。気づけばH後輩以外は予選敗退という残念な結果に。
まあS谷先輩は予選の相手があれなので仕方ないといえば仕方ないのですが。


昼食後はS2がH後輩の棋譜を取ってくれるということで、ガチンコ奨励会に申し込みました。
正直自分の拙い将棋で奨励会の方に挑むのは申し訳ないのですが、強い方に教えてもらえる良い機会ということでぶつかりました。
お相手は坪井奨励会員。戦型は相角交換右玉という珍しいものに。
まだ中盤の駆け引きが続く、と思われた中自分がひどい手を指して一気に負けに(´;ω;`)
でもおしえていただけたので、満足といえば満足ですね。

それではその棋譜を最後に乗っけて、おしまいにします。

スポンサーサイト

PageTop

将棋選手権

どうもMです。
一昨日と昨日に行われた将棋選手権について書いていきます。
まずは初日に行われた団体戦について。
本当は2チーム参加する予定だったのですが、人数が微妙に足りず1チームで参加することに。参加者はS谷先輩、H田先輩、自分、S1、S2、H後輩。
静岡からだと始発に乗っても間に合わないため、前日から大阪へと乗り込み観光しました。
自分は通天閣にいってビリケンさんと写真を撮ろうとするも、他の部員が待ち時間が長いと登らず自分ひとりだったこと。列に並んでいるのがカップル、家族連れ、リア充集団だったため一人で写真を撮ることが羞恥プレイでしかないため写真を撮れずに終了。
日本橋では趣味まっしぐらな一日を送れていい気分でした。戦利品として薄い同人誌と厚い同人誌、そしてハチワンダイバーの新刊を購入。ハチワンを読んでテンションが上がったところで明日へ向けてホテルで寝ました。

さて、前置きにもなっていない日記もどきはここら辺にしておいて、団体戦について書いていきます。

一回戦、近畿大学B
相手の中飛車に対し位取り戦法で対抗。相手の駒組みに一つのミスがあり、それをとがめていたらいつの間にか相手玉が寄っていて快勝。チームも4-1で快勝。

二回戦 京都大学B
こちらの右四間に対し相手が本矢倉。
気づいたら銀損確定の局面になっていた。相手の緩手につけこみ飛車をみすてて猛攻をしかけるもさすがに差が大きく負け。ただ不利になった後のごまかし方については悪くなかった。問題は不利にならないにはどうすべきか考えることだ。
YOBが応援に駆けつけてくださった中での0-5は少し辛いものの全力を尽くした結果なので仕方ないか。

三回戦 東大寺学園中学C
若い子には変態戦法が勝ちやすい、との理念から4手目6四歩を採用。右四間対四間飛車でかなり有利になる予定がノータイムで悪手をさし、気づいたら飛車銀交換の劣勢に。
誤魔化そうとかみつきまくって一時的には逆転するも寄せを間違え再度逆転。時間攻めをするもいかんせん駒が足りなく最後は大差で負け。
チームは4-1で勝利したもののあまりの情けなさに熱くなっていた。

四回戦 甲南高校
今思うと情けないことだが、前述の通りおかしくなっていた自分は飛車角を早々にぶった切り、金駒で玉を追う展開に。
こんな指し方で勝てるはずもないのだが、必死の食いつきに相手が間違えて自分の勝勢に。
しかし必死を見誤り相手玉を入玉させてしまう。しかし時間で大幅に勝っていた自分は時間攻めを決行。
カッカした頭+無茶な時間攻めでみるみる形勢ははなれていき、最後は即詰みに追い込まれて負け。

また自分は知らなかったが、S2君の対局で事件が起きていた。局面はS2君の勝勢。あとは金を二枚並べて詰めるだけ、というところで持ち時間が3秒しかない!
そのせいで金と桂を間違えてしまい、相手陣二段目に桂を打って反則負け。チームは2-3で敗け。
局後戦犯は自分と嘆いていたS2君ですが、時間のせいなので仕方ないです。本当の戦犯は大駒を二枚ぶった切って無理攻めをし、必死の局面を見逃し、さらに時間攻めをするつもりが間違えて逆転負けした自分ですので気になしないでください。

五回戦 東京工業大学B
相手が四人しかいないため一つ不戦勝。
これまで情けない対局が続いたものの、出してくれるということだったので名誉挽回のために一番集中して臨みました。
戦型は右四間左玉対石田流に。経験の差もあってかほとんど相手の飛車角が働くことなく玉頭戦に持ち込むことに成功。あとは玉形の差をいかしてかみついて勝利。
チームも4-1で快勝。後は順位発表を待つだけに。


3-2という結果から上位入賞はありえないため、40位のキリ番を期待して発表を待ちました。そして……



「40位、慶應義塾大学A」

ええ、そんなうまくいきませんよね。他大学の順位でも聞こうか、と思っていると。



「30位、静岡大学」

な、なんだってー!
想像以上の順位に驚きながら賞品の扇子を受け取りに行きました。前回よりも順位が下がってはいるのですが、参加メンバーを考えると正直予想以上の好成績となりました。勝ち星をたくさん稼いでくれたS谷先輩、そして反則負けをしたS2とたくさん逆転負けをした自分のおかげでこの順位になったのだと思います(嘘)。

個人戦とガチンコ奨励会についてはまた次の記事で……

PageTop

終盤が始まる前に将棋を終わらせればよい

どうもYです。
タイトルのような境地に達しました。
終盤まで五分でいったら絶対勝てないのでしかたないですね。
最近静岡の順位戦に出場したのですがひどかったです。
終盤が終わってるのに終盤のまえに劣勢になってしまい大事なところで負けてしまいました。
もっと序盤力を高めなくては・・・
一番つらかったのが、どうも右玉を指すテクというかのらりくらり指す感じが自分にはできないと気づいたことでした。
後手番何指せばいいんだろう・・・

それで一つお伝えしたいことが。
先週土曜にNさんがいらしてくれました。
最近外部から来て下さる方がちょくちょくいらして非常にありがたいです。
そこでできればなのですが、事前にお知らせして頂けるとありがたいです。
例えば来週の火曜、3月27日は学生選手権の関係で部活がありません。
これからはブログを通して活動計画をなるべくお伝えするように努めますが、以下のアドレスに一報頂けるとありがたいです。

shizudai_h_shogi_club@yahoo.co.jp

PageTop

3/18の部活

どうもMです。昨日行われた部活について。

昨日は雨のためか人の集まりが非常に悪く、自分とS2、K崎、N後輩、そして5時ごろからS先輩という具合でした。
そのなかで久しぶりに対局したS先輩との対局について書いていきます。

戦型はこちらの角換り右玉に対し、S先輩が右四間飛車で応戦。こちらの駒組みがまずく、下図から仕掛けられてしまいます。

3-18-1


以下▽4五歩▲同桂▽同桂▲5六歩▽7三角と進むのですが、5六歩がひるんだ手。5五桂が見えますがここは▲7三角として勝負するべきでした。本譜のように角を先着されるとどうも動き辛い。
仕方がないので▲8三角と勝負手を放つも冷静に受け止められ、不利な局面が続きます。
その後はひたすらかみついていたところ、S先輩が詰みを逃して逆転勝利!という展開なのですがどうしても局面が思い出せずに言葉だけで。本当に局面を覚えられないと不便だ(´・ω・`)

さて、前回Y先輩が行っていましたが、静岡大学将棋部では将棋を指す方なら誰でもウェルカムです。
基本火曜土曜に活動を行っていますが、学校行事や大会などの用事がある場合もあります、もし興味がある新入生がいましたら、静大将棋部のアドレスまでメールを送ってくださればと思います

それでは


PageTop

3/10の部活

どうもYです。
すこし時間が経ってしまったのですが、3/10の部活動を振り返ってみたいと思います。
この日は外部から元奨の方と高校生のN君が来てくれました。
それで僕は元奨の方と10分30秒で延々指してたのですが・・・

一局目:自分先手で石田流対左美濃
定跡書でこちらが良いとされている形に誘導され「は?」と思いましたが、おさまってみると意外に難しい。
終盤でひどいミスをし、微妙に残ってそうな感じを駄目にして負け。

二局目:自分先手で先手中飛車角交換型
欲張った手に反発しなかったらじりじり抑え込まれて・・・
変なとこ触ったら暴発して終わり。

三局目:自分先手で居飛車穴熊対ノーマル三間
これ一番ひどかった。
明らかな優勢をつくっていたのに端触られただけで逆転した。
終盤が弱すぎて泣きそうだった(´;ω;`)

もう何がなんやら・・・。
おまけにN君と他の部員が数局指していたのですが、どうも全部こちらが負けたっぽいです。わろす。
僕が指すべきでした。気が回らなくてすいません。。。
静大生全敗な気がしますがきっと気のせいでしょう。うん、気のせいです。

それで宣伝なんですが、こんな弱い僕たちでもよければ外部から来て下さるのは歓迎いたします。というよりお願いします。
毎週火曜、土曜の13時~19時くらいまでサークル棟の二階でやっていますので誰でもウェルカムです。
場所がわかりずらければ予め連絡頂ければ詳しくお伝えします。
では(´・ω・`)ノシ

PageTop

終盤力とはなんだったのか

どうもYです。
最近24のRがじわじわ上がっているのですが、それに伴い終盤力の不足をひしひしと感じています。
もうどうしようもないほど逆転負けするので、詰将棋解かなきゃいけないのはわかってるんですが、気づくと24で廃指ししてます・・・。
3月20日に県大会があるので、それで結果が残せたらなぁ、と考えているのですが現状では厳しい。
詰将棋解かないと・・・。

↓詰将棋の大切さがわかる糞棋譜



あと、最近後手ゴキ中ちゃんが息してないんですが、奇跡的に助かったりしませんかね。
超速がやばすぎるお・・・

最後に前期合格された新入生の方で将棋部に興味のある方がいたらメールをくれるとありがたいです。
部室だけではなくネットでも毎週月・金夜9時30分から大阪道場で活動していますので、よかったら来て下さい。

shizudai_h_shogi_club@yahoo.co.jp

PageTop

金底の歩岩より固し

どうもMです
今回は土日に行われたOB会について書こうと思います。

今回のOB会は兵庫にある有馬温泉で行われました。
現役からは自分を含む8名が参加。途中K君が青春18切符を家に置き忘れるというハプニングがありましたが、無事に宿へと到着しました。
そこでメインイベントであるOBと部員による3人制団体戦に向けて何局か将棋を指しました。

そして夕食前に団体戦一局目が行われました。
現役チームが2組、OBチームが5組、混合チームが1組あったのですが、くじ引きの結果

紅 OBチーム、混合チーム、現役チーム、現役チーム
黒 OBチーム×4

とわかれて予選の総当たり戦を行うことに。
自分のチームは自分、K籐、S1と事前のくじ引きで決まっていたため、オーダーを強い順にK籐、自分、S1と決めました。

ここからは自分の対局を中心に触れていきます。
一局目:対OBチーム
初めての3二飛戦法に遭遇しました。完全に現代将棋から取り残されている自分は対策がわからず自分なりに自然な駒組みを進め、立石流対角交換型左玉に落ち着きました。
途中手が全くなくなり先手でしたが千日手狙いで金を左右に動かし続けて手待ち。千日手になると持ち時間の差で不利になる後手側から仕掛けさせることに成功しました。
途中こちらが有利になったものの、優勢で時間でリードしているからという軟弱な考えのせいで弱気な手が続き持ち時間と形勢が逆転。必死に食らいつくも時すでに遅し、形勢はこちらの敗勢になりました。
最後は時計のたたき合いになるものの1秒差での時間切れ負けになりました。
有利になると途端にゆるむ癖が露呈した情けない将棋でした。
それでもK君とS1君が勝ってくれたためにチームは勝利。自分にとっては幸先の悪いスタートとなりました。


二戦目の前に豪華な夕食会。
本当においしかったのですがひとつ問題が。
ビールを4杯も飲んでしまいました。

いや、4杯程度で何を言っているんだ、と思われる方もいるかもしれませんが自分は二十歳になってまだ数カ月ですし、なによりお酒一杯で足がふらついたこともあるくらいです。
かなり陽気な気分になってのちの対局が不安でした。


二戦目:もうひとつの現役チーム(K林、S2、KフィールドのK崎)
自分の相手はS2。戦型は自分の右四間に対しS2が早々に駒組みを誤り、四間飛車から居飛車に振り直す謎の展開に。
速攻を仕掛ければよいもののの欲張って駒組みをした挙句暴発!一気に敗勢に。お酒のせいということにしておいてください。
その後はなんとか粘りに粘って逆転勝ち。チームもK籐が勝って勝利。



三戦目:混合チーム(B野さん、H君、H先輩)
新OBのB野さんとの対局。ここでチームが勝てば予選一位が確定するためどうしても勝ちたいところ。
戦型はB野さんの2手目7二金戦法に対しこちらが棒銀を選択。
相居飛車など全くわからないためか、攻め駒のはずの右銀が5七まで押し戻され、馬を一方的に作られ劣勢に。
しかしなんとか端からかみつくと駒損ながら居玉のままの後手に攻め続け逆転勝ち。
他の二名も勝って決勝進出が決まりました。


決勝 OBチーム
優勝->商品が豪華!
ということで現金な自分は気合を入れてTOBに挑みます。
戦型はみんなが嫌がる右四間飛車。お互いに攻め手がなくがっちりと組み合う展開に。
四間飛車側からの仕掛けがないと油断し不用意な手待ちをしたところ端攻めをうけ劣勢に。
しかし「堅いから何とかなる」という魔法の言葉の元駒損ながらかみつき思いながらもなんとか勝負形に。
こちらの成り駒がのっそり玉に近寄るのが早いか、先手からの捨て身の端攻め+玉頭攻めがはやいか。
自分の対局中に両隣が勝利しチームとしての勝利が決まったことへの安心感もあってか的確に攻め続け、三度目の逆転勝ちとなりました。


優勝賞品は高級そうなお酒でした。やったぜ!


ということで最後がぐだぐだですが筋肉痛でつらいのでこの辺で。
バイバイ!






PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。