静大将棋部ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

知ってるようで知らない

どうもMです。
本日の活動は、9名で行われました。
それに加え今日は外部から小学生が二人来てくれました。

まず結果だけ書きますとですね、小学生の男の子に現役部員が負け越してしまいました。
むろんその小学生の子も強いのです。自分は一勝一敗でした。
いや、しかしね。しかし負け越しはいかんだろうと。しかもいつも使っている戦法で、序盤で不利になる部員が多いのは何事かと。

大会が終わって中だるみがあるのもあるでしょうが、さすがに気合を入れ直さないといけませんね。
それに気づけただけでも十分利益があるのですが、いままでさしたことがない人との対局のおかげか、今日の活動はいつもより真剣だったと思います。
特に序盤が知っているつもりで抜けている、というパターンが自分の問題点なので初めてですが研究してみるとしましょう。


さあ頑張りましょう!

最後に今日来ていただいた方、どうもありがとうございました!

スポンサーサイト

PageTop

浜松支部大会

どうもMです
今日はY先輩の企画で、浜松支部大会に参加しました。
自分とY先輩が一番上のSSクラス。S1とS後輩、B野OBがSクラスで出場しました。

一戦目
角交換右玉対矢倉で、馬ができて優勢に。
しかしそこからもたつきまくり、気づいたら一手差になってたでござる(´・ω・`)

二戦目
4手目6四歩から右四間を採用。
がっちり組み合う展開になるものの、相手の駒組みに不備があり仕掛ける。
飛車を切り、銀を捨ててガジガジ攻め続け、消費時間6分で勝利。

三戦目
昼食後の対局。
再び角交換右玉対矢倉に。
斬り合いがち、と思っていたら自玉が詰むことに気づき飛車をただ捨てせざるを得なくなり敗勢に。
しかし、持ち時間に10分以上の差が付いていたため時間攻め。
局面は二転三転したものの最後は自陣にひたすら駒を打ちつけて勝利。

四戦目
Y先輩いわく強豪の方との対局。
角交換右四間左玉にくみ作戦勝ち。
さらに角を打ち合う展開になり、角の働き、陣形の差、2つの位でどうやっても勝ちな局面に。
やはりこれが死亡フラグだったようで、見事な逆転負けとなりました。

五戦目
お互いに駒組みを工夫し、中飛車穴熊対左玉に。
端角+右四間というわけのわからない形になるも、気づいたら無条件で飛車が成りこめる局面になり勝勢。
そのまま攻め続け消費時間3分で大勝利。


というわけで四勝一敗の好成績を収めることができました。
しかしくじ引きでまさかの大外れ。入賞はならず四位でした。
ただかなり運が良かったというのもあるので、個人的には満足です。

そのほかのメンバーの成績は
B野OBがSクラス優勝
S1がBのOBに負け準優勝
S後輩が時間攻めで一発くらい三勝二敗。四位・五位・五位・五位・敢闘賞の中から籤で敢闘賞を引き当てる
Y先輩は三勝二敗

となりました。
将棋部で大会に出るのはやはり面白かったです。企画してくださったY先輩に感謝!

PageTop

団体戦二日目

どうもYです
団体戦の二日目について書きます。
個人としては初日に一勝一敗だったので、せめてイーブンにしときたいところ。
団体としては滋賀で勝ち星を稼ぎ、名大にワンチャン入れたいところでした。
簡単に振り返ってみたいと思います。

四回戦目:滋賀大学

事前情報がほぼないものの、S木氏とS下氏の二枚が手強い印象。
そしてぼくはS下氏をツモ!うぜー。
初日でI藤氏(名大)、M田氏(名城)に勝っており、まじやべぇ感じでした。
戦形はぼくが後手となり、石田流対左美濃。
類型がたくさんありそうな感じから独自の構想を試したのが以下の局面。
2012-05-14a.png
並みに組むなら△8六飛~△5四銀のような駒組みですが、▲4八角からポンポン捌かれそうで嫌だなー、と思っていたので△5三金と指してみました。
以下は△5四金~△4四角~△3三桂から飛車を左辺に転換するイメージです。
本譜もそんな感じで進んだのですが、構想そのものが悪かったか私が弱すぎたのか(ほぼ後者)はっきり一手負けしました。
チームはS木氏にタニ―が一発いれて1-6
皆強いわー。

五回戦目:名古屋大学
前日オーダーですっごい二択に悩んで、悩みぬいた末一方を選択したらオーダー負けしました。
運ゲーだったのでしょうがないですけどね。
名大は全体的に手厚い印象で皆きつそうでした。
ぼくはI田氏と。
僕が先手で石田流対4手目角交換
個人戦では自分の居飛車穴熊の金銀を捌き切る(!?)という謎手筋を発動させて負けていたのでリベンジマッチです。
I田氏が早々に角を手放し、じっくり組み合ったので、角をもってる分こちらが有利では?と思っていたら1筋からの逆棒銀が厳しくて作戦負けに。
おまけに先手なのに相手に千日手の権利まで・・・。
△1六歩▲1八歩のような屈服形になり、いつのまにか自分の角も手放してしまいあーもうどうするのやらという感じに。
あまりにもやることがなくて銀冠に組み直し、2八にいる玉を3七⇒4八⇒5八にお引っ越し。
したら何故か優勢に。よくわかりません。
以下は押し切って勝ち・・・となるはずが最終盤でスーパーウルトラ大悪手を指して負けにしたと思ったらお付き合いして下さったのでなんとか勝ち。
チームは2-5で負けー。
頑張った方だと思います。

そして全ての対局が終わり、結果は三位となりました。
去年に比べて戦力ダウンが激しく、三位も厳しいかなーと思っていたのですが、やはり安定三位でした。
秋は二位以上になりたいなぁ。
個人的には勝ち越しにしたかったのが正直なところですが、調子が悪すぎたことを考えればまぁまぁだったかもしれません。
こんな感じで(´・ω・`)ノシ

PageTop

団体戦初日

どうもMです。
昨日今日と行われた団体戦について書いていきます。

団体戦では各々大学14名を選手として登録することができるのですが、なんと今年は参加希望者が15名!
これは静大としては(自分が在学してる限りでは)初めてのことで、年々と層が厚くなってきたためだと思います。
秋季大会では悲願である準優勝を果たすことができたので、今年はそれを維持、もしくはさらに上を取るつもりで挑みました。


初戦 愛知学院大学

中学時代の同級生や高校生時代の同級生がいるなど、個人的に妙に縁のある愛学。
自分の相手はエースのN氏。
先手のN氏の7六歩に対し6四歩と突く異次元の将棋に。
この手自体は悪くなかったものの他の部分での抗争が悪く、金損+と金+成桂+馬確定の弩必敗に。
なんとかごまかしごまかし勝負形に持っていこうとするも、序盤がひどすぎて大差。
あとは寄せきられるのを待つだけ、と思っていたら相手の時間が切れてラッキーな勝ち。
あの局面で勝ちは申し訳なさが大きいのですが、団体戦なので結果が良ければ良しとしましょう。
チームのほうも全員勝利して幸先の良いスタートとなりました。


二戦目 三重大学

初日の山場となる三重大学。
今年はかなりの数の新入生が入ったようで、ここに勝てるかどうかで順位が大幅に変わってしまう。
対局前にM氏から「万年四位とよばれるのは嫌なので、今年は上を狙いに行きます」と宣戦布告を受ける。
こちらも全力でぶつからねば、とやる気を出すもオーダー発表でM氏と当たることがわかりやる気ダウン。
いや、これで団体で当たるのも三回目だし、個人戦でもあたってこれまで三連敗しているので、正直もうやりたくないんだけどなー。向こうもそう思っているようだし。
あたりの悪さは置いておいて、将棋はM氏の原始棒銀対しこちらが居玉のまま金銀を前に押し出していく謎展開に。
明らかにこちらの陣形がバラバラでわるいとおもっていたものの、両取りをかけさせる勝負手を放ち受け切りに成功。最後はかなりもたつきながらも相手玉を寄せきり勝利。
チームも5-2で勝利。これで二連勝。


三戦目 名城大学

言わずと知れた名城大学。キリン杯では全体で五位という恐ろしい結果を出していたため、こちらは1,2年生を中心とした育成オーダーで対抗。
K氏と対局し相がかりのでだしからお互いに会いがかりを知らないためただの力戦に。ひねり飛車っぽく指しているうちに作戦勝ちになるも、ノータイムで桂損して混沌とした局面に。結局千日手にななった。
千日手局もやはり力戦形に。居玉のままきん銀が盛り上がっていく相手陣に対し、積極的に攻めていくも気づいたら銀損に。以下いいとこなくやられてしまいました。
チームとしては先輩方が二発入れたものの、他で勝ち星を取ることができす2-5で負け。

初日は2-1となりました。

二日目は他の人が書いてくれるはず……

ではではおやすみなさいー

PageTop

金底の歩岩より固し

どうもMです。今日行われた個人戦について書いていきます。

まずは自分の対局を振り返ってみます。

予選一戦目
角交換型左玉対三間飛車
全力で攻めを切らし大差で勝利。

予選二戦目
角交換右玉対金矢倉
序盤で間違えて劣勢に陥るも、ひたすら局面を複雑化させていつの間にか逆転。二連勝で予選突破を決める。


本選零戦目(逆シード)
前局で入玉を是非を争う超手数の将棋を指していた方と対局。気づいたら棒銀が受からなくなって負けの局面に。
ただやはり相手の方が非常に疲れていたせいか、なんとか逆転

本選一戦目
予選で当たった方と対局。戦型は予選と同じで、なんとなく気分が乗っていたので押せ押せの将棋を指すも攻めが切れてしまう。
しかし相手が30秒将棋にはいったころ持ち時間が10分以上あったため、逆転に成功。

本選二戦目
天敵と遭遇。
定跡とかけ離れた局面が続き有利になるも、飛車をならせて一気に敗勢。
終盤は難しいところがあったようですが読み切れず、負け。


結果としてベスト16。はじめてベスト8以外の結果となりました。もっとも自分の実力を考えれば毎回ベスト8までのこれていたことが不思議で仕方なかったのですが、それでもやはりベスト8に残れなかったことは悔しいです。
他の部員もベスト16以下で、二日目に駒を進めた人はいませんでした。

団体戦まであと一週間、なんとか調子を取り戻せるように頑張らないといけません。







PageTop

5月の活動について

どうもYです。
5月の浜松キャンパスの活動について書きます。

5月5日(土)と5月12日(土)は中部地区の学生大会があるため活動を行いません。
それ以外の日付はいつも通り、火曜日と土曜日に行っています。
外部の方も大歓迎ですのでよかったらいらして下さい。
(´・ω・`)ノシ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。