静大将棋部ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

祝SF発売!

どーも、けーりんです。タイトルに他意はないです。わかった人とは語り合いたいかなーって思います。
最近実験の終了時間が夜の8時とかになってきてお腹がすいてしょうがないです。
時間割では4時間目(午後4時)には終わるはずなのですが、おかしいですね。
帰ったら帰ったらで、レポートを書かないとならないのでいよいよ自由な時間がなくなってきました。
そんな中でも時間をうまく使ってやりたいことをやっていきたいかなって思います。


さて、今日の静岡キャンパスの活動人数は
なんと、今日は自分、N君、F君の3人でしかいませんでした。
たまたまかもしれませんがちょっと寂しかったです。

今日は人数も少なかったので、全員の将棋を振り返っていこうかなと思います。

まずは自分とN君の対局から。
N君との対局は居飛車対ダイレクト四間飛車の対抗形となりました。
お互いにがっちり組んで駒組をし、こちらが歩の交換を図ったところで、N君に手順前後が生じ、こちらの一歩得+6五の地点に位をとることに成功してしまいました。
あとはN君の攻めを丁寧に受けて、機を見て上部から攻め立てて、こちらの勝利となりました。
やはり、手順前後が痛過ぎたようで感想戦も足早に次の対局へと移行しました。

次はN君対F君の対局。
F君のゴキゲン中飛車に対して、N君は丸山ワクチンで対抗。
お互いに2筋、5筋を交換し合い、どちらも歩を打つことなく互いに2歩持ち合う展開になりました。
そこからF君が飛車が直通していることを利用して華麗に捌き、角と銀桂交換の2枚替え+飛車成りで優勢になりました。
その後N君が玉頭から迫るものの、F君の押し切り勝ちとなりました。
感想戦では、振り飛車側の方が玉頭が薄いので、着実に迫れば案外難しくもなかったということになりました。
N君の玉頭攻めは参考になりました。僕もあんな風に華麗に攻めていければなあとか思いました。

感想戦が終わったところで2時となり、通常ならばまだまだ部活が続く時間ですが、僕とN君は4時間目に授業があるので、最後にF君と30秒将棋で対局することにしました。

F君の三間飛車にこちらは銀冠から穴熊へと組み換えて、戦機を伺っていたところで、F君が攻めてきたので穴熊特有の硬いから攻めが切れなちゃ勝ちを発動し、駒損ながら飛車、角を成ることに成功しました。
あとは二枚の大駒と歩を駆使して攻めたたて、銀冠穴熊が残って、気持ちよく勝つことができました。

次の授業の時間も迫ってきたので、感想戦もできずに終了。F君を部室に残して授業へと向かいました。
時間があったらもっとゆっくりと指したかったです。F君ごめん・・・(´;ω;`)
そんな感じで今週の活動もおしまいです。
もう少し部員がいてくれるとみんな幸せになれるのになーと思います。
来週の土曜日は浜松キャンパスの方と合同練習があるのでレポートの合間に将棋の勉強をしたいなと思うけーりんでした。

スポンサーサイト

PageTop

不調?

どもMです。
浜松キャンパスでの活動についてちょろっと書きますね。

といっても自分は5コマまで実験があるので5時半過ぎからの参加となりました。
参加者はT先輩、Y先輩、M先輩、S1,S2,S葉、N、自分の合計八名。

まずはS葉と対局。
筋違い角に対しこちらも角を打ってとりゃーとしていたら二枚飛車対二枚角+一歩得の展開に。
「序盤の飛車角交換は角有利」という言葉は打ち込みがあるから生じるだけなので打ち込みのすきを作らずにコマ組みを続けて優勢に。
しかしそこから攻め手がひどいひどい、一時は必勝態勢になるものの気づいたら一手負けになっていました。
頓死に助けられたものの全体的に荒い将棋になってしまいました。

ほかにも5局指したのですが完全に手で指すだけの将棋になってしまい惨敗。
こんな日はさっさと寝るに限ります。
ということでおやすみなさい!

PageTop

続・静岡キャンパスでの活動

ご無沙汰してます、バイト帰りに雨に打たれてずぶ濡れのけーりんです。
みなさん天気予報はしっかり見ましょうね。

最近、週4日実験+レポート三昧という日々を経験し、将棋があまり出来ていないです。
なので、実験のない部活の日は僕にとって絶好の将棋日和となっています。
やっぱり、リアルで将棋を指すのはいいですよね。盤を挟んで目の前に対局相手がいるってことと、駒の手触りとか駒音とか、微妙な緊張感の入った空気とかは、リアルでしか経験できないものだと思います。


さて、今週も静岡キャンパスの部活動を紹介したいと思います。
今日はS先輩、N君、M君、F君、自分の合計5人で部活を行いました。

自分の将棋を振り返っていきたいと思います。

まずは僕の次に部室に来たN君と対局。
僕の先手一手損角換わりから相腰掛け銀の将棋になりました。
こちらの2六歩型右四間飛車に対して、N君は8五歩から腰掛け銀で最も基本的な攻めを行ってきました。
しかし、こちらの方が先に4五歩と突いて仕掛けていたため如何せん攻めが響かず、手を戻してきたところで4四歩と取り込むことに成功。以下はこちらが龍を作って詰めろをかけたところでN君が王手ラッシュで反撃を開始しましたが、玉をするすると抜け出し、入玉して勝ちが決まりました。

次にM君と対局。M君とは半月ぶりの再会となって嬉しさのあまり、再会を喜び合いました。
M君の先手中飛車に対して穴熊に組み地味にポイントを稼ぐも、悪手を指して一気に不利に。
角損+飛車交換という見るも哀れな局面になってしまいました。
そこからM君が大駒を全部切って金銀で絡んでくるものも、入手した金を打ち付けることを繰り返し、まさかの千日手で指し直しに持ち込むことに成功。

意気揚々と臨んだ指し直し局はまたしても中飛車対居飛車の将棋に。
またしても僕が痛恨の手順前後を行い、今度は単純な角損+と金つくられという目も当てられない状況に。
どうしようもなかったので早々に投了しました(´;ω;`)

あまりにも呆気なかったので30秒将棋を申し込み、泣きの一回を決行。
M君の角交換振り飛車に対してこちらは玉頭位取りで対抗。制空権を争う将棋となりました。
途中飛車取りを無視して攻め合い、7四の急所の地点に桂馬を打つことに成功。あとは拠点を手がかりに上からどんどん攻める事で制圧勝ちになりました。

2局目と3局目がひどかったです。一手で将棋を終わらしてしまう結果となってしまったので、もっと一手一手考えて、価値のある手を着実に指していきたいなと思いました。

というわけで今週の活動紹介もこれでおしまいです。
できる限り週一更新を心がけて行きたいかなーって思っていますので、少しでも興味があったら見てやってください。
それでは、またの機会に!




PageTop

記憶能力

どもMです。
自分以外の方が、しかも二回ブログを書いてくれてマジでありがたさを感じております。
このまま書いてくれると助かるんだけどニャー。


さて、いきなり無駄な話ですが最近自分の記憶能力の低さに気づいてしまいました。
ちょとしたら資格試験を受けるのですが、過去問をやったら想像通り不合格の点数でした。
2時間くらいのテストを一時間で終わらせたこともあるのでしょうが、それにしても覚えていないものが多すぎる。こりゃあひどいなと思ったわけです。

将棋も同じでして自分は定跡の知識が部内一ありません。それはもう胸をはって言えます。なにせ覚えられないんですから。(努力不足ですが……)
しかしもうこれはどうしようもないことなので、いっそのこと自分らしくさすことを目標にしようじゃないか、と思いながら今日の活動にのぞみました。


さした将棋をいくつか紹介していきます。

一局目はS2君と。戦型は左玉風中住まい対三間飛車。
ひたすらよくばりに駒組みを進めていたものの打つ必要のない歩を打ってしまう悪手。強気強気ですすめていた将棋の中に弱気な手が入ってしまったことで一気に自玉が危なくなります。これはまずいと強気にぎょくを前面に押し出す強気の受けを連発。
これがよかったようで自玉が単騎で5段目まで突き進み局面は優勢に。
途中意味のない角を打って手順に龍を近づけられてしまうもののなんとか自玉に寄りはなく、受けきりに成功しました。

次は小学生のO君と。
最近マイブームの角頭歩から四間飛車の戦いに。
うろ覚えですが下図のような形から仕掛けていきました。
2012-10-13a.png
3七桂型ならはっきり決まっていたのですが桂をはねる前にこちらが角を打ってしまったので微妙な仕掛けになってしまいました。
しかし飛車を取らせる勝負手を放ちなんとか勝負型に持ち込むことに成功しました。
ガジガジとかみついていきこちらの玉が詰むや詰まざるや、となったところ92に逃げ込んでぎりぎり一枚足りない展開となって勝ちになりました。

つぎはOちゃんとの二枚落ち対局。
47玉、26金で右辺を攻めつつ左辺をごまかしていくうちに飛車をとらえることに成功。
と思っていたら自玉が詰んでいました(´・ω・`)
となると飛車を取れなかったわけなのですが、飛車を取らなかったら取らなかったで相手玉に迫れずに負けていたので同じことでした。Oちゃんお見事!

今度はH先輩との対局。
先ほどO君戦で採用した角頭歩からの四間飛車でガジガジっ!
といったと思ったら歩をぱっくんちょされてどうしようもなくなってしまいました。
以下百手位がじがじしたもののH先輩の丁寧な受けの前に屈し完切れで敗北。無念…。


最後にS葉との対局。
お前の好きなようにはさせないぜ!と筋違い角で挑んできたのでさらに異次元の角をお見舞い。
お互いにかみつきあい玉が裸になるものの優勢に。
しかし痛恨の手順前後で飛車がS葉の持ち駒に(´・ω・`)
それでも粘りに粘った後かみついて詰めろをかけてさあ詰ませっ!としてところ玉の周り1ますには桂1個しかないのにゼットになっていたので大勝利。


ということで自分らしく指してみたところかなり筋が悪かったですが勝率は高かったです。
O君の筋がいい将棋いいなあ、って愚痴っていたところS2に「お前が筋のいい将棋を指していたら気持ち悪い」と言われたのでこれからも筋悪で気持ち悪くなるような将棋を指していこうと思います。

そいじゃあねっ!

PageTop

静岡キャンパスでの活動

みなさん、はじめまして。
静岡大学将棋部、静岡キャンパスのけーりんです。
ヒジョーに今更なのですが、静岡キャンパス将棋部の活動についても紹介していこうと思います。
一度にすべての事を言ってしまってもアレなので、少しずつ紹介していけたらなと思います。
初めてのブログになるため、棋力、内容ともに拙いものになってしまっていますが、もしよろしければ見てやってください。

さて、静岡キャンパス将棋部では、木曜日と土曜日の午後に活動をしています。
今日はS先輩、N君、F君、H君、自分の5人で活動を行いました。

自分の対局を振り返っていきます。今日自分はH君とN君の二人と対局を行いました。

まずはH君との対局から。
H君の角道を止めての右四間飛車という構想に対して咎めていったら、なぜかこちらの角が死んでしまいました。
その後飛車の小ビンを角で攻められましたが、なんとか飛車交換に持ち込み、H君の陣形が飛車に弱かったことにも助けられて勝ちとなりました。

続いてN君との対局。
N君の藤井流矢倉に対して、速攻を仕掛けようとするも、こちらの方針がちぐはぐだったためか、見事に不発。
その後いろいろありましたが、終盤にこちらのミス以上のミスをN君がしてしまったため、なんとか勝たせてもらいました。

どちらも矢倉の将棋となりましたが、矢倉わかんないです。
最近角換わりばかりやっていたので、ウソ矢倉みたいなことをされると非常に困っている自分がいました。
とりあえす、急戦矢倉の定跡ぐらいは覚えておこうと思いました。

最後にN君との対局の棋譜を載せておこうと思います。よければ見てください。
それでは、また会うことがありましたら。



PageTop

新人戦

はじめまして、S葉です。
先日行われた新人戦について書きたいと思います。
参加メンバーはS葉、K、Iの三人です。引率にS2先輩がきてくださいました。
三人全員が予選通過、そのうちS葉がベスト8、Iがベスト4という当初考えられていた予想より良い結果が得られました。

さて、ここからは自分の対局について振り返らせてもらいます。

予選一局目
名古屋大学の方との対局
終始こちらが悪く完全に敗勢、気合で終盤まで指していたら最後に相手が間違えて逆転勝ち。

予選二局目
一局目でかなりテンパってしまっていたので落ち着いて指すことに、相振り飛車になり相手に攻めがなくこちらが、一方的に端にあやを作って攻めるだけ攻めて勝利。

ここで予選通過して、とりあえず一息。
あと一回勝てば二日目突入で頑張るぞと思いトーナメントのくじを引くことにすると一回戦に名城のK分くん、よく見てみるとその隣の二回戦で当たりそうな相手に同じく名城のH部くん……。
事前情報でこの二人は静大将棋部で最強のY先輩くらいの強さと聞いていてどうしてこうなったといいたかった。

本戦一回戦
名城のK分くんとの対局
角道開けたら筋違い角も辞さないつもりで始めたら普通の角交換型四間飛車対居飛車に逆棒銀しようとしたら強引に飛車交換しにきて美濃の硬さが活きそうな形になった。
その後K分くんが秒読みにあせってミスをして一方的にこちらが攻めて勝利。
あれ、どうしてこうなった?

本戦二回戦
名城のH部くんとの対局
角交換型向かい飛車対居飛車で序盤から中盤にかけてのさばきは桂損したがさばき合いとしてはまあ良しだったが相手の銀冠から美濃のコビンを桂で狙われこちらの攻めで相手の玉に寄りがないという棋力差がそのまんま出たような将棋になり敗北。

参加メンバー全員がいい経験ができた大会だったと思います。
まだ、秋には個人戦と団体戦があるのでそこでも頑張っていきたいです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。