静大将棋部ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

中飛車が倒せない

どうもMです.
昨日の部活中にS葉と研究していたら初手5六歩で将棋が終わっているんじゃないかという結論にたどり着きました.初手で終わってしまうとすると将棋は重大な欠陥のあるゲームだということになってしまうので,だれかそれを跳ね返すような指し方を僕に教えてください.

昨日はO兄妹が来たので二人とさしました.
あまりにもひどかったのと記憶力のなさから局面図はないですが振り返ってみます.

O妹戦
O妹ちゃんは棒銀を使います.棒銀は初手5六歩なみの必勝戦法で,このせいで将棋のゲームバランスが大きく損なわれています.棒銀をさせないためやったことのない角交換振り飛車を指してみました.
①片美濃に組んだ
②向かい飛車に振った
③仕掛けてみた
④不利に(´・ω・`)
といった感じの内容でした.終盤に紛れはあったかもしれませんが,結局のところ仕掛けが無理だった,ということになりました.どうやらその後の部員との対局を見ると角交換振り飛車に対する経験は豊富なようで,なんとなくやる程度のさし方ではどうも勝てそうもありません.
中飛車と居飛車をされると負ける,というM定跡を覆さない限り勝つには相当苦労しそうだな,と思いました.

O兄戦
6七金型振り飛車をやるつもりでいたらS葉から「またっすかw」って言われたので雁木右玉に.
26歩をつき忘れたので左桂交換の後2四桂と打たれて将棋が終わってしまいました.
3手目7八金としても振り飛車にしてくれないので,振り飛車にしてもらえるような出だしを考えないといけませんね.

昨日の活動中の自分の大会は,ほとんどO兄妹戦のようにダメダメな将棋ばかりでした.
院試が終わったら全盛期だったころのように24にかじりついて久しぶりにレート更新をしたいです.
以上,腰掛二枚金がブームのMでした.

スポンサーサイト

PageTop

帰還

お久しぶりです。けーりんです。
えっと、まずはこの前のネット団体戦ですが、ツイッター軍の方は対局ありがとうございました。
僕は団体戦には参加せずにこっそりと観戦していたのですが相手の方も強い人ばかりで見応えのあるものでした。普段対局することができない方々と対局することができて、部員一同何か得るものがあったと思います。


さてさて、長らくご無沙汰していましたが、その間警察のお世話になっていたとかそういうわけではなくて、某職場体験企画によって、4週間ほど某所にインターンシップに行って参りました。詳細は控えますが、様々な体験を通して自分がどのような人間なのかということを見つめなおす機会になったと思います。とても貴重な体験でした。この4週間で出会った人たちは私のことを忘れてしまうかもしれませんが、私は忘れないだろうと思いました。

中学校は最高です。いえ、言い間違えましたJCは最高です。

ということで、久しぶりに部活に参加、リハビリも込めて対局させていただきました。

一局目はF君との対局。相居飛車の展開から、棒銀を見せたところで中飛車に転換され、図のようになりました。

2013-06-21b.png

端角から玉のコビンを狙いましたが、少しやりすぎだったようでした。
図から▼1六歩▽2二角▼2四歩▽同歩▼1五歩▽同歩▼同銀と進行して飛車先の突破に成功しました。
以下は銀損の攻めとなりましたが、玉形の差もあって上から攻めて勝ちとなりました。


続いてARKW君との対局。

2013-06-21e.png

飛車先突破を狙ってきたので、6七角から、3四の歩を取り、銀をぶつけられた局面。
ここから、▼2三歩に▽1二角と進行。ここが勝負どころで、私は2二歩成としましたが、3四角が王手で痛い手となりました。以下は▼8八玉▽6七角打▼7九金▽2二銀▼5九金▽4五角成と進行して劣勢に。以下は頑張りますが、馬が手厚く負けてしまいました。

図では戻って、▼6七角や▼8八玉があったようです対局中にもう少し考えるべきでした。

ということで、本日は2局指して終了。
まだ指したことのない新入生の子とかもいるんで今度指してみたいです。
しばらくは研究室やら、院試やらで忙しいので将棋は部活で指す程度になりそうですが、後輩のサンドバックになれるように頑張っていきたいと思います。

けーりんでした。それではっ。


PageTop

タイトル忘れてた(´・ω・`)

どもMです。
日曜日に行われたネット団体戦について。
お相手はツイッター軍団。詳細はよくわかりません。

一番早く終わったのが自分の対局。戦型は相右玉でした。
最終盤までぶっぱしていたところ、優勢=>敗勢=>勝勢になり下図。
ここで合い駒がいくつかありますが、どれが正解でしょうか?考えてみてください。

2013-06-17a.jpg

答え:なんの変哲もなく歩合いで後手勝ち
実戦は桂打って負けました(´・ω・`)
歩が打てるのを完全に見落としていました。がっかりですね

次に終わったのがたぶん4将戦
千日手指直しの末三間飛車対中飛車左穴熊にすすみました。
左穴熊は固いのでなすすべもなく静大負け。

5将戦は棋譜がないのでわかりませんが逆転に次ぐ逆転の末ツイッター側の勝ち。
早々と静大の敗北がきまってしまいました(´・ω・`)

大将戦は結果だけ先に言うと相手回線切れにより引き分け。
回線が切れた瞬間静大側の玉が長手数ですが詰んでいるので、話し合いの結果引き分けとなりました。
戦型は右四間穴熊対53銀型四間飛車。
熊の暴力が発動するかに見えましたが美濃囲いの暴力が発動したためずっと悪い局面が続きました。
感想戦ではいくつもの罠を仕掛けた結果全スルーされて一直線に負けの局面になったそうです

最後に終わったのはS葉先生の対局。
こちらも千日手指直し局だそうで、運営に迷惑をかける静大クオリティを存分に発揮しておりました。
向かい飛車対鳥刺しの混戦になりました。
さっき調べるまで「からすざし」だと思っていたのですが「とりざし」なんですね。
烏ならば黒くてかっこいいのですが鳥という抽象的なのもなのでS葉が勝ちました。
烏なら勝てなかったかもしれません。

というわけで静大からみて1勝3敗1分けとなってしまいました。
自分が残念じゃなければ引き分けにできたので本当に申し訳ないです。

最近団体戦時の「雑魚いのになぜか勝つモード」が出てくれないので「ただの雑魚」に成り下がっています。西日本大会までには棋力を戻したいなあ。






PageTop

kame( ◜◡^)っ

どうもNです。

 梅雨ですね、洗濯物が乾かないです。めっちゃ関係ないですけど、最近ミドリガメの特集をテレビで見てから、とても興味があるのでその話をしようかと思います。すごくおよそに書くので本気で読まんといて下さい、気軽に。部活の話はその後で。あ、お昼ご飯はのり弁でした。

 まず”ミドリガメ”の正式名称は”ミシシッピアカミミガメ”といいます。ミシシッピという名前からわかると思いますが、このカメさん外来種です。多様な水域に生息し、昼行性で日光浴を好み、雑食(他のカメさんの卵も食べちゃう)だそうです。人へのサルモネラ菌(食中毒の原因)の感染例もあるとか、触った後はちゃんと手を洗いましょう。

 では僕がなぜ興味を持っているか言いますと、特集の内容がペットとして飼われていたミシシッピガメさんが大量に遺棄されているという問題でした。大量と言われてもピンと来ないかもしれませんが、1997年にはアメリカから約91万頭のミシシッピさんが日本向けに輸出され、2011年においても日本では200,000匹を超えるカメ目が輸入されていたそうです。ほとんどが逃がされているというわけではありませんが、数から考えるとやはり捨てられてしまうことも多いかと思います。さて、結構な数が日本にいることはわかって貰えたと思いますが、このミシシッピさん国内全域で見られるそうです。一応外来種なんですけども…。

 これは相当な問題ですが、本質としては外来種による在来種の激減ですね。いくつかの例を見ていきましょう。
 佐賀城の例から。このお城の名物の一つとしてお堀のハスがあったわけです。あるときこのハスがお堀からなくなっちゃったとか、その容疑者に浮上したのがミシシッピさん。始めの方に述べたようにミシシッピさんは雑食なんですね、実際ハスを食べるかを実験したところ茎を食べるのを確認したとか。現在はカメさんの駆除やお堀の清掃からハスも戻りつつあるそうですが。
 次は所変わって名古屋市。市内の池や河川には、在来種のニホンイシガメ、クサガメ、ニホンスッポンや外来種のミシシッピさんなどが分布しています。市内の多くの地域では、雑食(卵の件とか)かつ適応能力の高いミシシッピさんが優占する種になっていて、競合する立場のニホンイシガメは急激に減少しています。
 さらに多摩川。ここでは南米アマゾン川に住むアロワナなども泳いでいるとか、水族館いらずですね。カメさんについては、ミシシッピさんとか水質汚染によって在来種のイシガメも消えつつあるとか…。
 他にも、徳島ではレンコン田での生育不良の被害、都市部ではカルガモ、カイツブリのヒナが食べられてしまう被害もあるそうです。以上の例からわかるようにミシシッピさんは現在、要注意外来生物に指定されています。

 結局人間がこの状況を生み出したわけですが、ミシシッピさんは知らぬうちに要注意外来生物に指定され、あげくに駆除なんて言われて可哀そうです。生きようとしているだけなんですが…しかし他の在来種からすれば困ったもんですよね、知らんやつがいきなり来て住処を荒らしていくわけですから。外来種はカメさんだけでなく、他の種についても在来種を脅かし、住処を奪い、個体を減らす要因となっています。この状況を改善するには人間がどうしていくのかが重要です。カメさんだけではありませんが、飼うなら責任を持って、飼えない状況になったなら引き取って貰える場所を探す(最近では引き取りを行う団体もある)などやれることはいくらでもあると思います、知って貰うのもその一環ですね。まあ色々書きましたが命は大事にしませう。

 で、部活の話ですよ。僕は愛しののり弁をもって3時半頃参戦。食べたあと、新入生三人と三面指。3-0で勝ちました、みんな成長はしている…明日には負けるかと。その後、一号さんをいつも通りいびり…いや、鼓舞しつつ観戦。途中でいびり過ぎたのを反省しつつM先輩と対局。先手の僕の石田流失敗に対してM先輩は棒金…じゃないけど何かに組んで第1図。
2013-06-16a.png
 ▲65歩からの攻めを決めるために香を上がったところ、角交換なるし無駄だったかも。ここから△63金とあがりますが、65歩77角成同桂65歩同銀同銀同飛64歩66飛となり、駒が上手く捌けた上、美濃が固い先手が優勢だと思います。数手進んで第2図。
2013-06-16b.png
 83銀同飛72角と打った局面です。次の手が本譜では82飛だったのですが、85香で後手優勢ですね。82飛以降は63角成72銀73桂成同銀74歩同銀同馬86香同歩で先手が指せる。途中73桂成もあかん手で、63銀でこちらが負けです。この後結構長引いて、なんか後手玉詰んでるって感じで先手勝ちました。お互いよそ見しながらだったのがダメでした。

 そんなこんなで部活は終わりました、最近は本気で指した記憶があまりないので頑張らないと24の棋力のところが初心になるかもしれないです。ちなみに帰り際に穴子のお寿司買いました、生きているって幸せ(*´Д`)つ))´∀`)

PageTop

新歓


どうも
左利きフェチのFです。

団体戦が終わり、一段落したところで行われた新歓について書きたいと思います。


まず、きてこで行われた部内トーナメント

一回戦 VS O平君(一年)

筋がいいことで定評のある静キャンのO平君

戦型は居飛車対石田模様

2013-06-09a O平君

このあと先手2筋の歩を取りきるも
中央に駒をさばかれ必敗に
しかし、O君秒読みに慣れてないこともありなんとかごまかして勝ち。


2回戦 VS N山さん

日頃部内で頻繁に指してることもありがっかりでした。
一回戦でN山さんに逆転負けしたけーりんさんにもがっかりでした。

さて、戦型は相三間になり乱戦模様に

2013-06-09aN山さん

上図の7六歩が敗着だったとのこと、8九龍ならまだ難しかったそうです(N山さん弁)

以下5五桂馬からの攻めが受からなくなりこちらの勝ちに


準決勝 VS 幻想殺しK條(一年)

K條君は受けが上手く、中終盤にかけての粘り強さに定評があります。

また静キャン勢ですか

この辺りでトーナメントに偏りがあることが判明。が、時すでに遅し


対局ですが、相三間から以下のように進んで

2013-06-09aK條君

ここから
8五歩、同歩、7四歩、同歩 と謎の攻め
3五銀と進めて同角と取ってくれたので王手飛車が炸裂

するも・・・上手く立ち回られて気づいたら玉頭の急所に駒が刺さっており敗勢に
いろいろ負ける筋はありましたが
最後K條君に受けミスがありなんとか寄せきって勝ち
なんとか靜キャンブロックを突破し、決勝に行くことができました。


決勝戦 VS N谷さん

決勝は浜キャンブロックを突破してきた部長のN谷さん
戦型はまたもや相三間

下図のように進んで

2013-06-09aN谷さん

ここから1六歩、同歩、1七歩、同香、2五桂と攻め、この攻めが意外とうるさかったらしく
攻勢にでるも攻めあぐねて、玉頭を手厚くされて微妙な形勢に
最後ぎりぎり攻めが通ってたようで勝ち

優勝することができました。



そのあと部員の自己紹介があり、
回りながら自己紹介する人や
将棋初心者と名乗る24高段者や部内トーナメントベスト4の人がいました。
一年生の子がいっぱい増えてくれてうれしかったです。
今後も継続して頑張って欲しいです!


その後
焼肉屋にいく前に誰かさんが予約したせいで二時間ほど空きができてしまい
駅周辺を散策することに

いろいろすったもんだありましたが、無事焼肉屋へ到着

以下割愛
詳細はYさん記事で


んで、解散。


今回の新歓で普段関わることのない浜キャンの人とも交流でき、
また新入生の人にとっても静大将棋部の雰囲気を感じとってもらえたと思うのでよかったと思います。

最後に、この新歓を忙しい中、参加、企画してもらった皆さんありがとうございましたm(_ _)m




PageTop

月子ちゃんが可愛い。天使に違いない。

どうもYです。
よくつるむ中学生から「月子ちゃん可愛いとか書いてましたねwwww」と笑われました。
何故でしょうか。たとえば「俺の彼女(マイエンジェル月子たん)かわいいんだぜ」と言ったら笑うどこではなく爆発するところだと思います。
人間心理は難しいですね。
さて、今回はブログのタイトルに書いてあるとおり、西日本と新歓について書きます。

まず、私たちは西日本への出場が決まったわけですが、はっきり言って戦力的には最下位でしょう。
特に10人ランキング表登録の5人制というのは私たちにとって痛いです。
一度中部選抜として西日本に出場させていただいたことがあり、全体的な雰囲気としてそれほど本気で勝ちにいっているわけではないとしても、同じ空気ででたらきっと私たちが最下位です。
今回は全国の選手をある程度把握しているのが自分だけということで不肖ながら私が参謀をやらせて頂きます。
詳しい戦略は大会が終わってから書かせていただきますが、とにかく少しでも情報を仕入れて一つでも上を目指し、中部代表として恥じない結果を残したいです。

次に新歓です。
午後一時から「来てこ」で将棋を指した後、焼き肉店へいく予定でした。
私は午後一時30分に起きました。
なんかおかしいと感じながらも「来てこ」についたら午後三時くらいで図書券トーナメントをやっていました。
決勝くらいしかしっかり見てませんが、N谷対F地でした。
相三間でN谷が高美濃に構えながらも、F地が平べったい美濃から軽く仕掛けたのが上手くいったらしく、そのまま押し切りもえ。
F地が用意した図書券はFへと渡りましたとさ。
あ、押し切りもえは片上大輔六段の呟きを引用しただけですので、苦情は日本将棋連盟のほうにお願いいたします。

そんで焼肉店へ。
M本とけーりんと一号が大暴れしてました。
詳しい流れは忘れましたが「女の子のソプラノのリコーダーとアルトのリコーダーどっちが好き?」とか一年とかS葉に聞いてました。
意味が分かりませんでしたが結構重要なことらしいです。
ちなみに女子部員も普通にいたのであんまり変な話を大声でするのはよくないと思いました。

※こっからR18になりますので高校生以下は閲覧禁止です。
 特に某兄妹は絶対見るなよ!絶対だぞ!

続きを読む

PageTop

(○´゚ω゚`)

はじめまして、Nです。

こういうのって前振りとかあるんかなーって思うんですけど特にないですね。
強いて言うなら六月に入ったということくらいですか。新学期が始まってもう二か月とは恐ろしい、年を取ると時の流れが早く感じます。なんか"ジャネーの法則"っていうのがあるらしいですよ。

そんなこんなで今日(書いている途中で寝ちゃったので昨日ですけど)の活動についてですが、O兄妹とW君に来ていただきました。
僕がのんびりしていたので部室を開けるのが遅れました、みなさんすみません。

そのため愛しの"のり弁当(大盛り)"を差し置いて先ずはO君と対局。
先手三間(わたくし)に後手右四間に組んで第1図。

2013-06-01a.png

これ成立してるのかな、してたら悲しい。
本譜は▲7四歩△同歩▲6五歩△3二玉▲2二角成△同銀▲6四角△4四角。
桂香取り合ってどうかなって感じで進みまして終盤途中までは先手が良かったのですが飛車の打ちどころが悪く逆転負け。逆転というほどでもなかったかも。


次はW君との対局。先手向かい飛車に対して僕が三間の相振り。矢倉を早々明示してきたので菅井流やろうと思ったけど全然覚えていなくて適当に石田流に。というわけで序盤から後手グダグダ。さらに適当に捌いて、いや、駒をプレゼントして第2図。

2013-06-02b.png



後手の飛車回りに歩で受けたところ。打ってくれたら良いやろ、と思っていましたが普通に後手不利。次の一手が大事なわけですが…僕が指した手は△5八銀、▲同飛で投了しました。将棋初心者なので駒の効きに気付かなかったです、将棋は難しいですねɿ(。・ɜ・)ɾ

この二局が終わったあと現役部員が続々登場。ここでやっと"のり弁当(大盛り)"を食べることができ、そのあとは将棋を指さずにプログラミング。できないんだけど(`ε´♯)誰か助けて(。☉౪ ⊙。)

その後、部員の格上二人と対局。
まず一局目はH君と。後手ノーマル三間で棒銀に対抗しましたが普通に突破された挙句飛車丸損で第3図。

2013-06-02a.png

棒銀は受からないd(・∀・。)初心者は棒銀されると捌けないわけです。でも僕が勝ったので良いとしましょう。

二局目は…まあいいや、これはなかったことで。普通だし。


まあこんな感じです。やはりO兄妹やW君が来てくれると楽しいですね。
普段の部活ではあまりならない将棋ができたり、刺激を受けたりといいこと尽くしです。
僕はもうちょっと彼らといい勝負が出来るようにしないと…

うーむ、締め方もわからないですねぇ。「うっひょおおおお」とかでいいのかな?
まあいいや、おわり。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。