静大将棋部ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大城兄妹と愉快な(だけで将棋は始めたばかりな)仲間達

どうもΔです(個人情報保護のため名前もイニシャルも伏せさせていただきます)
職団戦が行われる前のある日仲の良い二人組でこんな会話が行われました

Δ「とりあえず優勝は固いやろ」
γ「うん。てか何人全勝するかの問題」
Δ「せやな。静大の強豪(笑)と北信越学生強豪、元奨と小学生、中学生県内強豪揃えてんだもんな」
γ「二人は固いやろ」
Δ「うん。まず俺負けねぇしwお前もまず負けないし、β先生も負けねぇし」
γ「4人くらい全勝かなwいやー、マジ大会楽しみだわー」

彼らには裏付けられた努力もあった。
二人で想定局面をネットで研究しあい、チームメンバーを集め交流会を開きモチベーションを高め、地元の大会では全て1.2フィニッシュだったのだ。
私に至っては直近20戦は負けていない(いなかった)。
おまけに24のRはついに2500に。
今考えても何が足りなかったのか、悪かったのかはわからない。
私たちは勝利を確信していたのだ。

一回戦目:静学&明誠チーム

ここでいきなりバグる。
後手横歩をすらすらと指していると昨日の深夜に見た24高段対局が思い出された。
そこで私は「変わった手だがわりとおもしろいな」という手に出会った。
さっそくそれを盤上に再現しようとしたところ全く違う局面であることを指した3秒後に気づく。
(あっ。まぁいいか。俺強いしなんとかなるだろ)←頭おかしい
局面は急な流れになったが、結局その一手がほぼ純粋な一手パスとなり完敗。
ここで負けてしまったにも関わらずこの時はそういうこともあるか程度にしか思わなかった。
おまけにγ君も前日「絶対負けんわwww」といった相手に負け。
そのうえγ君が得意そうな展開で、である。
チームは3-2で勝つことができたが何かが明らかにおかしい。

二回戦目:沼津支部池野会(日大三島)

対43戦法に一直線に進み勝ちの局面に。
そして不要な踏み込みをして大頓死。
そもそも私に他人より秀でている部分が仮に存在するとするならば、詰む詰まない、寄る寄らないの精度だったはずである。
ここで完全に自分がおかしいことに気付く。
β先生も何を思ったのか角換りを採用しており負け。
どうやら自分を根源とする絶望は私のチームに伝染しているようだ(ダンガンロンパ)
俺は超高校級の絶望である可能性が微レ存…?
大戦犯によりチームも2-3負け。

三回戦目:沼津支部竜

今度は自分が43戦法を採用しすこし指しやすい局面に。
そこで手が全く見えず、結局暴発のような形になってしまい完敗。
公式戦三連敗はおそらく初。
自分史上最大最悪の絶望的事件の開幕である。
しかしこれは序章に過ぎない。
あたりもかなり悪く1-4負け。
このあたりから自分とγ君が無意味に笑い出すことが増えた。
精神的に苦しかったのだ。

四回戦目:お棋楽会

対ひねり飛車。
勝手に悪くなり勝手に暴発して負け。
途中細い攻めをつなげる展開になり、おそらく自分が最も得意とする逆転パターンを発動させてからの負け。
これは堪えた。
チームは順当に4-1勝ち。
苗木君を犠牲にしてシェルターの中で老衰したい気分になっていた。

五回戦目:忘れた

あまり記憶がない。
対向い飛車にへろへろになりながらも勝ち。
γ君はわけのわからない負け方をしていた。
チームは3-2勝ち

こうしてつらいつらい一日は終わった。
総合順位は五位。
言いだしっぺ、チームのまとめ役として、選手個人として釈明のしようもなくただただ平身低頭するがのみ。
江ノ島盾子がここに居たのならばさぞ満面の笑みを浮かべていたことだろう。
あ、ダンガンロンパ2のアニメも期待してます。

γ「R700くらいだったわwwwwwwwwwwww」
Δ「俺0一個多いわwR250かな?よく一回勝てたわwwwwwwwwwwwwww」
Δ&γ「アーヒャッヒャッヒャ ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ( ゚∀゚)人(゚∀゚ )メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ ッヒャッヒャッヒャ」
帰宅する車内で僕たちはただただ笑うことしかできなかった。
絶対にリベンジします。
希望は絶望なんかに負けたりしない!(NEG)
ぼくは残姉が好きです(唐突&切れ気味)



貧乳で残念で可愛いと思う(小学生並みの感想)

スポンサーサイト

PageTop

D達おこぷんぷん丸

Mです.
そろそろ長かった大学生の夏休みが終わります.
そんなものはひと月も前に終わっていたような気がしますが,きっと気のせいでしょう.

今日は自分,1号,S葉,K田,D達,H持,高校生のK君が参加

S葉との対局は角道を止める中飛車に対し5筋位奪還戦法を採用
角道を止めているせいでこちらが圧倒的作戦勝ちになるもすっぽ抜け
しかし,一瞬だけ安全な形を活かして攻め続けていたところS葉に攻め急ぎが出て逆転勝ち


K君との対局は対居飛車中住まいを採用したところ向かい飛車に振られ劣勢に(´・ω・`)
素知らぬ顔で強手を連発したところK君が戦線を拡大しすぎて泥沼に
結局5八=>6八=>3九と玉の大移動が功を制して優勢に.以下詰みを何度も逃すも勝ちとなりました


まあそのほか何局か指しました.しかし,今日ご紹介したいのはS葉対D達の一局です!(唐突)

ほぼ初心者に近い形で入ってきたD達は,先輩の悪影響か力戦ばかり指す子だった.
矢倉の定跡は知らずとも,とりあえず右四間にしてみたり,相手の駒組みが稚拙なとき(つまり自分と対局するとき)それを臭いで嗅ぎ取り,ガンガン攻める棋風に育っていた

あまりにも攻めの手がさえるため,D達おこ=>Dおこぷんぷん丸と格上げがなされたのはつい最近のことだった
この日もぷんぷん丸だったD達は,S葉に序盤から華麗に攻めつぶされてしまった
序盤知識ははっきり足りないオールラウンダー,先輩とさすとどうしても序盤で不利になってしまう(対M本戦を除いて).
しかし序盤で不利になって,S葉の「まあこれくらいで勝てるやろ」という中途半端な攻めをされて,D達は激怒したのだ.大駒を全部取られながらもと金を頼りに攻めたて,S葉玉をみるみる追い詰めていった.そしてと金銀金金の攻めをつなげ,S葉をついに打ち取った!
レギュラークラスに勝つのは,これが初めてのことだった.さすがはぷんぷん丸といえよう

最近後輩の成長が著しい.一年のメガネの貴公子がさっそうと自分の24最高レートを上回ったと思えば,S葉は魔法少女のTシャツを着ながら西日本大会で大活躍,D達はK田やS葉を倒し,自分ともここ最近の将棋の内容では勝ち越している.まだ負けてないとはいえ負けるのも時間の問題だろう.

秋の団体戦が楽しみであると同時に,どうやらたまにバグが起こるからとおかせてもらっていた団体戦準レギュラーの枠もだいぶ怪しくなってきた気がする.
ここ最近では個人戦でも結果を残せていない.大会までのこりわずか,これまでの大会で指さなかった戦法が形になってきたが,形にしかなっていない.これを大会までに間に合わせ,何としてもチームに貢献できるようにならなければならない.D達の勝利はそれを気付かせてくれるには十分すぎる衝撃があった.昔のようにぷんぷん丸な指し方ができるように棋風を改造し,最後の奉公を終えられるようにしたい.


よくわかんない決意になったけどこれで終わりです(´・ω・`)
明日は職団戦でY先輩が優勝してくれると思うので,どうぞお楽しみにー

PageTop

三重大合同合宿まとめの続き

どうもS葉です。
M先輩が三重大学さんとの合同合宿の一日目について書いているので僕も主に自戦記になりますが二日目、三日目について書こうかと思います。

合宿二日目も個人戦から始まりました。
初日に二連敗を喫していたため頑張ろうと思っていました。
一戦目はネット団体戦でお世話になったぴっぴ氏と。
僕は3三角戦法を採用し、開始五分くらいでぴっぴ氏のミスで飛車先が突破できました。
そのまま優勢になるものの、ぴっぴ氏の銀冠になかなか手がつかず、気がついたら猛攻を受ける羽目に。
なんとか逃げ切って勝利。

二戦目は個人戦で戦ったこともあるとむあむ氏と。
僕が先手中飛車、とむあむ氏が鳥刺しという戦型に。
角頭の歩をタダで銀に取られるという初心者がやるようなミスをしてしまい自陣だけ終盤戦になりました。
諦めるのが嫌いなので泣きそうになりながら粘り続けてとむあむ氏の踏み込み過ぎな一手を咎めることができて完封。

一戦目か二戦目のあとに昼食を食べに行ったのですがマックに行くはずが、なぜか先頭に立ってしまった僕の迷子スキルによりマックから遠ざかってしまったので近くにあった吉野家に。
帰り道を後輩に確認するという自分の残念さにがっかりでした。

三戦目は名前を確認し忘れましたが目上の方と。
自分が先手で始めたのに後手で指していると謎の勘違いをして普段指さない相振りの戦型になりました。
全く指したことのない戦型でもなかったのでとりあえず端攻めしたら通ってしまい勝利。
早めに終わったのでほかの対局を見学していたら、とむあむ氏とM先輩による三分切れ負け七番勝負が行われていました。
とむあむ氏持参の声優の声が吹き込まれた対局時計のセリフがいいスパイスとなり名勝負が繰り広げられていました。

M先輩が帰宅し、夕食が済んだあとプチ団体戦をやろうということになりました。
三重大学さんは希望者のみでしたが静大は運営のぴっぴ氏に僕が「参加者何人ですか?」と聞かれたので誰の許可も取らず「静大は全員参加です( ・`ω・´)キリッ」とか言ったので全員参加でした。
深夜0時くらいまで続きましたが僕は睡魔に襲われてこの辺の記憶が曖昧で大雑把なことしか覚えていませんが三重大の二枚看板の1人であるM浦氏と三重大の今合宿で一度も勝てなかったK氏、後輩二人に当たったことは覚えています。
あとは紳士が二歩をしていたことが印象的でした。だれかの影響を受けたのでしょうか。みんな疲れて眠くなっていたのでしょうね。
全く誰が参加を強制なんかしてしまったのでしょうか(棒。

合宿三日目は南山大学と名古屋大学の方も参加しての個人戦でした。
静大は午前中までだったので二戦しかこの日はやれませんでした。

一戦目は高校時代も対戦経験のある名古屋大学のA氏と。
僕が3三角戦法に対してA氏が穴熊に組もうとしたところを強襲。有利になったのですが僕が一手かけて相手の囲いを固くするという謎の手を放ったことでおかしくなり、最後は自陣がZになったので詰めろをかけ続けて勝利。

二戦目は三重大学のS井氏と。
相振りで飛車交換を強要され相手陣が硬いかと思われたが手番が僕にあったのでラッシュをかけたら勝利。
最後寄せがお粗末だったので反省したいです。

三日目はあまり周りを見ていなかったのですが1号先輩が大金星を上げていたようです。

今回の三重大合同合宿は参加した部員一同のいい経験になり、夏のいい思い出になったと思います。
企画、運営をしていただいた三重大学さんありがとうございました。
機会があればまた来年以降もよろしくお願いします。
秋の大会に向けてお互い頑張りましょう。






PageTop

ノートPC死亡説

どうもMです.
最近ゲームをやっているとノートPCが熱暴走して強制シャットダウンされてしまうことが増えてきました.
大体ゲームやりつつ麻雀やりつつ将棋やりつつ,と負荷をかけすぎているのと,もともと大学指定のノートPCが排熱性に欠陥があるものだったからでしょう.
大学の見る目の無さに嘆きつつ,昨日の活動について振り返ってみます.

昨日の活動にはK高校生とO兄妹が参加してくれました.
最近静大生が完全に教えてもらう側になっているなー,と思いつつ振り返っていきます.


まずは絶不調のS葉との対局.
お互い絶不調すぎてひゃっはーしていたら図のような局面になりました.
2013-09-15d.jpg

以下S葉が2六歩と突き無理攻め対こちらの受けという構図に.
この将棋はお遊びだったのでこちらの勝ちとなりましたが,自分らしからぬ筋っぽい手がでて印象的でした.

遊んでいたところK高校生が到着し,ほかの一年生も来たのでぼちぼちと対局.
K高校生との対局は角交換右玉対矢倉となりました.

具体的な局面が思い出せないのですが,お互いに銀角を手持ちに龍を作りあう展開に.三枚右玉対方矢倉でもちろん劣勢.うにゃうにゃかみついているとK高校生が寄せを逃したため,矢倉を上から噛み千切って勝利.
盤面が思い出せないのってどーなのよ(´・ω・`)

一年生と二面指しして負けそうになって駒をたたきつけていたところO兄妹が襲来.
相手になりそうな現役があまりいなかったので,自分がO兄と,S葉がO妹と対局しました.
戦型は角交換右玉対矢倉.O兄にこれで勝てるイメージがなかったのできmきm金をやる予定でしたが,なぜかO兄は僕に振り飛車をやってくれないのでこれくらいしかやることが思いつきませんでした.
2013-09-15b.jpg
ここで▲5五銀とぶつけたのが悪手.▽7五歩と突かれてみるとこちらに有効な攻めがあまりなく,どうしようもなくなってしまいました.以下攻め続けようとするも完切れになって圧敗北.
感想戦で普通に▲4五歩くらいで一局と教わり,ソウナンダーと感心しました.かっこいいから指してみたものの,何をすればよいかは全く分かっていませんでした….

最後にO妹とK高校生との二面ざし(10分30秒).正直「超絶☆不調」な自分の棋力からしたら二面ざしなんてきつすぎるのですが,気合で挑みました.
二面指しなのであまり読まずに嗅覚に任せて指していたところ,O妹との対局は右玉対矢倉.K高校生との対局は6六金型石田流対腰かけ銀となりました.

O妹との将棋は下図から▲2五桂▽7五歩▲同歩▽同銀▲3三桂成▽同桂▲4五歩▽6六桂と進行.
2013-09-15c.jpg
攻めがうまくいったと思いきや角道を閉じられて攻めに勢いがなくなりました.気合で▲6七金左▽5八桂成▲同玉とし,玉が広い玉が広い,と唱えていたところ相手の囲いを上から押しつぶすことに成功.女子力に打ち勝つことができました.

K高校生との対局は悲惨なものでした.横歩取りの出だしから7七金と上がってひねり飛車にしてみたものの,そこからの構想は一切なし.調子にのって飛車先の歩を交換したところ9五歩と平凡に角頭を攻められ,暴発せざるを得ない状況に.
その後は丁寧に受け切られ暴れることができなくなってつまされ投了.残念すぎる対局でした.

さて,西日本大会が終わって秋大会までに気持ちの入れ替えと,準備が必要な時期になってきました.
西日本大会から絶不調,というかもともと弱いのになぜか勝っていただけの人の化けの皮がはがれはじめ,すこし焦りを感じ始めてきました.ありがたいことに西日本大会では後輩の実力を感じることができ,似非3番手の座もおりてぎりぎりレギュラーになれないくらいのところにまで来ました.
私の仕事は一発を入れることです.格下に一発は入れられやすいですし,同じぐらいの人にも負けやすいです.しかし,格上に一発入れた回数が多いのも事実です(ただの運ですが).最後の大会に向けて,格上に一発入れるための研究をしていこうと思います.

最後に部員へ.三重大合宿についてブログの更新を,部長は飛翔についての作業をお願いします.

PageTop

三重大合同合宿ちょいまとめ

どもMです.
三重大学さんとの合同合宿が土曜日から今日にかけてあったので,二日目の途中までいた私がちょろちょろと振り返ってみます.

静岡大学からは11人が参加.大会遅刻常連の1号先生が間に合うも,部長腹痛で途中下車+時間伝達のミスでH田30分遅れというミスが発生.
遅刻に備えて早めに集合していたため彼らを待って,何事もなかったかのように12時半ころに津駅に着きました.
店の予想外の狭さによりぼっち吉野家を済ませた後三重大学へ.正門にてY大先生が迎えに来てくれたため,静大恒例の迷子とならず合宿所に到着しました.

ぴっぴ先生のすばらしい演説の後はさっそく大学対抗個人戦に.
一戦目は名簿がないのでわからないけど若い子と.
角交換右玉で序盤で馬を作って優勢に.そこから一部怪しくなったりするも,メロンブックス特典のよい子さんカードを眺めていたので押し切って勝利.

二戦目は団体戦で負けたK先生と.
前回と同じく角交換左玉に組んで劣勢に.
なんとかかみつきまくっているうちに逆転し,最後の着地を決めようと10秒で必死をかけたつもりで歩打ったところ
相駒請求をされて詰めろが解除.
一気に受けなしに追い込まれK先生の腕力と,よい子さんカードを置き忘れる失態により敗北となりました.
うん,団体戦と同じ負け方だよね,進歩しようね,おれ.

夕食休憩前には恒例の負け進みトーナメントを開催.13人(だった気がする)でトーナメントを組んで,早指しで行われました.

一局目はアマチュア強豪のピッピ先生と.
お互いに愉快なことをしていて優勢になるも,ピッピのゆびをふるにより急転直下で負けに.名古屋大学のI先生に勝つだけあって,やはりアマチュア強豪は格が違いました.

二局目は静大のH田君と.よい子さんのご加護と腰かけ二枚金という必勝戦法により終始圧倒して勝利.

決敗戦はH田対地獄のリーグを負けぬいたけーりんの戦いとなりました.煽りまくった結果の棋譜が・・・・・・これだ!




正直煽りすぎたな,と後悔しております.でもそんな困難を乗り越えてこそ,人は強くなるんですよ・・・.


二日目の途中で帰ったので二日目,三日目についてはほかの部員が書いてくれるでしょう.
よい子さんがまじよい子な一日目でした.

PageTop

将棋クラブ24 対局のやり方

こんにちは、Fです。
前回に引き続き将棋クラブ24についてです。今回は対局の仕方について紹介していきたいと思います。
登録はできてもイマイチ対局の仕方がわからない、どこからいけばいいの?って方もいると思うので丁寧に説明していきます。

まず登録した時と同じように下のページを開きます

24 2

そして、赤丸で囲んだ部分(東京道場)に入ります。
*ちなみに指導対局をする際はとなりの大阪道場でやっています。

すると次の画面が現れると思います。

243

赤丸の部分を押すとログイン画面がでてくるので、そこに登録した際に設定したユーザー名とパスワードを打ち込みましょう。*前回に書き忘れてましたが、ユーザー名とパスワードを忘れてしまうと少々面倒なことになりますので、何かにメモっておきましょう

244

次に赤丸で囲んだ部分をクリックして対局室に移動します。*移動しないと休憩室にいることになっているので対局できないので注意

24 5
とりあえず、レーティング対局室、待ち状態を早指し2に設定しましょう。
これでOKをクリックすると移動が完了します。 


さぁいよいよ対局ができる状態になりました!
今の自分は対局待ち状態になっています。他にも対局待ち状態の人がいるので挑戦してみましょう。


まず自分の棋力と同じ人たち、今回は6-10級の対局してみます。
まず、赤丸のところをクリックします

24 6

すると6ー10級の対局待ちの人がずらりと並びます。
自分が対局したいと思った人の名前をクリックすると、青丸の位置にある挑戦というところがクリックできるようになります。
そこをクリックすると相手に対局を申し込むことができます。相手が了承してくれると対局が開始されます。


以上こんな感じです。かなり画像が多くなりました(>_<)重すぎて開けなかったりしたらごめんなさい。
対局ページの説明もしたかったのですが、ちょっと疲れたのでまた今度にします。

ではでは~

PageTop

将棋クラブ24 登録のしかた

こんにちはFです
1年生の方がまだ将棋クラブ24について知らない人が多いと思ったので
最近覚えたスクリーンショットをふんだんに使って紹介したいと思います(´・ω・`)


将棋クラブ24とはネット将棋の対局、観戦ができる日本最大級のサイトです。
なんといっても会員数が多いため24時間将棋の相手には困りません
会員でなくても対局はできますが、自分の成績(レート)が残らないため会員になることをおすすめします。


さて、会員登録の仕方ですが、ちょっと面倒でまた、将棋クラブ24のサイトを開いてもどこからどうやればいいか分からない人がいると思うので、図で説明します。

まずyahooなりgoogleなりで「将棋クラブ24」と打って検索します。
一番上に出てきたページに入ると

24 1

上のようなページがでてくると思います。そして、赤丸で囲んだところに入りましょう。
次に、会員登録はコチラというものがあるのでそこに入れば登録画面にいきます。
ハンドルネーム、自分の棋力、携帯の電話番号などを打ち込んで登録しましょう。
棋力の設定ですが、24の人たちはめちゃめちゃ強いので最初は5〜10級くらいで登録した方がいいかもしれません。
登録後、数分したら携帯に将棋クラブ24からメールが入ってながれに従っていけば登録が完了すると思います。


以上が登録のやり方です。ちょっと端折った部分もありますがすいません。
「なんだ、全然わっかんねーぞ(怒)」って方がいたら私にメールください、できる限り教えたいと思います(>_<)
画像でページが重くなりそうなので、対局のやり方はまた別でやります。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。