静大将棋部ブログ

合同練 in 浜松キャンパス部室

夏休みも残すところあとわずか.院生には夏休みなんて関係ないのですが,皆様いかがお過ごしでしょうか?
昨日行われた浜キャン&静キャン合同連の様子を院生Mが振り返っていきます.

昨日は毎年この時期恒例の,浜松キャンパスと静岡キャンパス合同の部活を浜松キャンパスで行いました.
将棋倶楽部24などネットで対戦する環境があるとはいえ,大会前以外ではなかなか他キャンパスの部員と交流する機会も少ないので,友好関係を深める意味でも合同練は大事なイベントです.
大体全員参加のトーナメントをやって,優勝者と準優勝者に図書券を渡す図書券争奪杯が合同連での恒例行事なのですが,昨日はO妹+A兄弟が部室に来てくれるということでいつもより商品を奮発しました(自腹)

人数がかなり多いので,実力を考慮してトーナメントを二つに分割しました.
A級はO妹,A兄弟,S葉,紳士,けーりん,アニメ王,Mの8人制トーナメントを行いました.
B級は人数が六人と中途半端だったので,三人ブロックの総当たりをおこない,両ブロックの1位,2位,3位で戦って順位を決定する方式で行いました.
こちらの参加者はS(静岡),T畑(静岡),H持,O内,M永,K田(結局こずに不戦敗)です.
A級,B級それぞれの優勝者には1000円分図書券が,準優勝者には500円の図書券を贈呈します.
ただし,万が一私が優勝or準優勝した場合には私がもらってもしょうがないのでそのあと考える,ということにしました.

まずはB級から
といっても自分も対局していたのでいきなり決勝から見ていきます.
合同練なのに決勝は静キャン対決となりました.
S君は一年生のエース,T畑くんは大学から将棋を始めてぐんぐんと伸び始めている子です.



というわけでB級優勝はS君,準優勝はT畑君になりました.おめでとうございます.
図書券は将棋の本に使ってくれるといいなー


さて続いてはA級トーナメント
初戦のあたりは
A弟-O妹 S葉-けーりん 紳士-アニメ王 M-A兄
となりました.

私のところの将棋は石田流対左玉に.
左玉って本当に見たことも聞いたこともない人がいきなりやられるとどうしようもなくなる時がある戦法なんですよね.
ということで私が勝ちました.

準決勝のあたりは
O妹-S葉 紳士-M
になりました.
最近紳士に負け越してるしこれなら現役が優勝か準優勝するだろうからメンツが保てるな,と思い久しぶりに雁木右玉を採用.
「雁木右が載ってる本に両方の桂馬を跳ねてガンガン攻めるのが乗っていたなー」と思いながら仕掛けてみると無理攻めが通りなぜか優勢に.
某賭博録のように「圧殺っ!圧殺っ!圧殺っ!圧殺っ!圧殺っ!圧殺っ!圧殺っ!圧殺っ!圧殺っ!圧殺っ!圧殺っ!圧殺っ!圧殺っ!圧殺っ!」と上から圧殺して勝ってしまいました.

なけか勝ってしまったので図書券の行方がうやむやになってしまいました.
S葉にまた図書券またあげるのかー,と思っていたところ決勝戦のあたりは
O妹-M
となっていました.現役・・・.

O妹ちゃんといえば棒銀,棒銀といえば女子力ということで有名ですが,なぜかO妹ちゃんは私に対してのみ相右玉を狙ってきます.
対S葉ように筋違い角をぶつけるあたり強いなー,と思っていたのですが相右玉をやらされると困ります.
だって定跡知らないもの,私.

ということでなれない銀矢倉を目指してみたところ序盤から駒組みを咎められて劣勢に,しかもこちらから王手飛車をかけさせる妙手が飛び出し敗勢に,というかそのまま負けに.


ということでA級優勝者はO妹ちゃんに,準優勝者は私になりました.
さすがに引退してる僕には勝ってほしいなあ.

そんなこんなで合同練はおしまい.
夜はあまたろうに行ってしゃぶしゃぶ食べ放題をたべ,Mとけーりんと紳士が食べまくってました.



スポンサーサイト

PageTop

三重合宿(主にリーグ戦)

 こんにちわ、ファンタです。
 合宿のあとバイトの日が続いて疲れ気味のため簡単な振り返りになりますが、
9月2日から4日に行われた三重合宿について書きたいと思います。

 三重大の合宿所に着いたあとはまずリーグ戦が行われました。 
 初戦の相手は三重大学の記事を見た感じ加藤君と。
 戦型は相手の石田流模様に右四間左玉。
 玉頭を制圧して優勢にしたけどその後の指し方がまずく形勢を怪しくしましたが、
なんとか押し切り勝利。
 左玉を指して酷い初見殺しをしたなと思っていたらS葉君が自分が左玉を指していなかったら、
リンダ君に左玉をしていたと言ったので左玉の初見殺しはどっちにしろ起きていた模様。

 次の相手はM君(三重)になり戦型は角換わりの自分の早繰り銀。
 序盤に角銀交換の駒得になり角を敵陣に打って勝負を決めにいったところ、
相手の指した手に対しそのまま角を成れるのに気付かず、しかももともと予定していた手を
指さずに思いつきで角を打ったため自分の攻めが切れる展開に。
 その後相手が間違えたため自分の攻めが通ってそのまま将棋は勝ちましたが、
正しく指されていたら自分の攻めは完全に切れていたため、反省しないといけないところです。
 しかも将棋が終わった後1手詰みを見逃していたことがS葉君による指摘で発覚、
とても反省が残る将棋でした。
 
 リーグ戦全体では2回戦にS葉対アカヒレ氏や紳士対K谷氏の対決の事故がありました。

 その後は10秒将棋トーナメントが行われました。
 自分の初戦はS葉君になり、相中飛車の将棋を指していたところ、
自分がリンダ君が叫んでいたのに驚いている間に時間が切れ負けました。
 何事にも動じない心って重要なんだなと思いました。

 ちなみに決勝は紳士対K谷氏(本日2回目)になり、相振りの将棋から
ペースを掴んだK谷氏の勝ち(2勝目)となりました。

 その後夕食を食べた後、10秒将棋を指したりしてから次の1手問題や詰将棋を解きました。
 ある9手詰めの問題に苦戦して詰将棋を解かないといけないと思いました。

 2日目について、まずはリーグ戦が始まる前にリンダ君と3局将棋を指しました。
 2局石田流に対して右四間左玉を指したところ自分が中盤弱過ぎて負けました。
 普通じゃない将棋を指したら勝てないと思ったので、3局目は石田流にきmきm金を使って
2筋からの香2枚と飛車と馬を使った攻めが穴熊に決め勝つことができました。
やっぱり将棋は普通に指すものですねいやちゃんと左玉の将棋も勉強するべきだと思いました。
 
 その後はリーグ戦となりました。
 3局目は静大キラーのK谷氏との対局。
 相振りの将棋となり負けました。
 将棋そのものは中盤の緩手でペースを掴まれた結果の負けですが、序盤でとてもセンスの無い手を指したので、
反省の意味もこめてその手を晒しておきます。(ちなみにここでの候補手は44歩や88角成り等がある)
2014-09-08a.png

 4局目はH山氏との対局となり、自分の藤井矢倉になりました。
 難しい将棋となり、終盤少し苦しくなりましたが相手が時間なかったため時間攻めで相手を困らせ、
うまくごまかし勝つことができました。

 リーグ戦の結果は3勝1敗となり結果としてはまあまあだったと思います。
 反省としては合宿全般としてノータイム指しが多くそのせいで形勢を苦しくしまうことが多かったので、
読みを入れるべきところでちゃんと時間を使う癖をつけないといけないと思いました。
 ちなみにリーグ戦はK谷氏の優勝となりここで2冠目を獲得していました。

 今回自分の記事はここまでです。
 この後2日目はリーグ戦の結果の成績上位者(K谷、ともあむ、K田、ファンタ)をリーダーとした、
チーム戦が行われたり、10秒負け抜けトーナメントが行われましたが、
 その様子は他の人が2日目の記事としてまとめてくれるでしょう。それではまた。

PageTop

西日本大会

どうも、S葉です。

8月26日~29日に中部、中四選抜として西日本大会に行ってきました。
去年は静岡大学として参加しましたが、また参加できるとは思いませんでした。
中部選抜のメンバーは南山のT中さん、名城のH部さん、O村くん、名工のN村さん、静大から私です。
なぜ、この豪華なメンバーの中に私が入ったかというと直近の大会の結果と上層部(強い人達)の高度な駆け引きがあったようです。

前泊だったので25日から鈍行で4時間半ほど揺られ大阪に向かいました。
いつもなら電車内で誰かと喋っていればいいのですが、今回は一人旅だったので自分は中部選抜として役不足ではないかとか考えて緊張していました。
そんなこんなで大阪に着きホテルに向かうと
迷子になりました(´・ω・`)
地下から行けばわかりやすかったのですが、地上から行ってしまったので現在位置がわからない+方向音痴という詰んだ状態になり、20分で着くところを1時間も彷徨い、どうにかホテルに着くことができました。
やっぱり方向音痴が一人でフラフラするもんじゃないですね。
その後、中部中四選抜で集合して夕食に行きました。
皆さん気さくで、和やかな雰囲気だったので、これなら楽しい大会になるだろうと思いその日を終えました。

団体戦一日目
旅行でたまたま大阪に来ていた元静岡県名人、現岡山県名人のH君と久しぶりに再会し、O村くんと一緒にワイワイやっていると団体戦が始まりました。
この日の私の出番は二戦目と三戦目。
二戦目 対愛媛大学
去年、西日本大会の個人戦予選で対局したYさんが相手でした。
今年の学生名人戦にもいらっしゃいました。
去年は何もいいところがなく負けたので少しは成長したところを見せたいところ。
去年ボロボロにされた戦法は対策していたのでそれで来ないかなと思っていたら全然違う戦型に。
少し指しやすい局面になったら、うっかりで私の銀が相手の持ち駒に(´・ω・`)
以下いいところなしで負け。チームは4-1で勝っていました。
三戦目 対岡山大学
前があまりにひどい負け方だったのでテンパって相手を確認していませんでした。
戦型は相振り飛車となり、相手に隙が出来たので駒得に。
相手が特攻してきて確実に勝つために入玉しました。
結局、相手陣を攻めることなく勝利。
団体戦一日目が終わり、団体は全勝で折り返すことができました。

団体戦二日目
私が出たのは二戦目だけでした。
二戦目 対名古屋大学
本来なら私はこの次の阪大戦に出る予定だったのですが、関西九州選抜に2-3で惜しくも負けてしまったので先に2位を確定させるオーダー(中部4人中四1人)に。
不毛なる中部のつぶしあいが始まりました。
私の相手はT塚さん、新人戦以来の対局でした。
私が序盤数手で意味もなく仕掛け膠着状態になり、やることわからなくなり、相手に考えてもらうことにしました。
捌きあったあとの形は私のほうがよかったようですが、大局観がおかしくなっていたので優勢に感じられず。
最終的には相手の攻めを遅られるだけ遅らせて、一気に寄せて勝利。
チームは5-0で2位を確定させました。
最終結果は関西九州選抜が優勝、中部中四選抜は準優勝となりました。
個人では2-1と勝ち越すことができてよかったです。

団体戦が終わったあとは中部中四選抜で飲み会に。
酒が入ってテンションが上がったのか皆さんから面白い話が聞けました。
私は1時間で潰れてしまい、目が覚めると頭が痛くて死にそうでした。
もっと面白い話聞きたかったです。

個人戦
去年は予選落ちだったし、今年は予選突破したいなと思っていた。
一戦目
相手は関西九州選抜のYさん。
久しぶりに早石田をやろうとしたら角交換されて乱戦になり一瞬で潰されました。
感想戦で研究範囲ですとか言われたのでそりゃ勝てないと思いました。
二戦目
相手は中部中四選抜のT田さん。
昨日まで一緒に戦っていた仲間と戦うことになり二人してため息を吐いていました。
戦型は相三間、T田さんが主導権を握るためにいきなり定跡外してきてよくわからない形になりました。
棋力の差が如実に現れる形となって圧敗。

予選落ちしました。予選突破とは何だったのか。
自分が弱すぎて絶望していると応援に来ていた中部の永世理事長がアイスクリームをおごってくれて元気になりました。
自分がチョロすぎてびっくりです。

個人戦優勝はO村くんだったようです、おめでとう。

書こうと思えばいくらでも書けてしまうくらい濃い四日間でしたがこんなところにしておこうかと思います。

最後に中部中四選抜の皆さんへ
楽しかったです、ありがとうございました。

PageTop

気がつけばあれから3ヶ月

お久しぶりです、S葉です。
前期後半から毎日のように出る課題に心をすり減らして、前期が終わったと同時に燃え尽きていたら3ヶ月経っていました。
自宅に学生名人戦の冊子が届いたので少し振り返ってみようと思います。

その前に学生名人戦の冊子に言いたいことがあります。
出場者一覧の私の名前が間違っています。(×棒→○榛)
私の顔と名前が一致していません。名古屋のI城くんと入れ替わっています。
もう全国に配布されていると思うので手遅れだと思うと悲しいですね。

さて、気を取り直して学生名人戦を振り返っていこうと思います。
私は地方大会で結果を出し、全国大会に行くという経験がなかったので緊張していました。
会場であるチサンホテル浜松に向かうのですが、観光応援に来てくれた、おこと元元帥に導かれ、なんとか到着することができました。
私一人では迷子だったと思います。助かりました。

私は学生棋界の情報に疎いので誰が来てもわからないからビビらずやってやるぜと思って大会に臨みました。
気合を入れてトーナメントのくじを引くと横には「Y本(中央)」の文字が……(°д°)
情報に疎い私でもこの名前は聞いたことがあった、学生王将を引き当てるとかどういうことなの…orz
流石にビビりましたが、勝てばヒーローだと思い直して対局に臨みました。

対局は
戦型は相中飛車となり、こちらの大局観の悪さから5筋が制圧される。
       ↓
相手の手に乗じて反撃する。
       ↓
壊滅的な終盤力により攻めが切れる。
       ↓
      敗 北
というようになりました。

力の差が感じられる一局となりました。

この大会で一番感動したことは、大会の昼食のバイキングにチョコフォンデュがあったことです。
生まれて初めてチョコフォンデュを食べました。美味しかったです。
さすが全国大会は違うなと思いました。

負けたあとは、おこと元元帥と一緒に某電気街に観光に行ってきました。
負けて振り切れたテンションでネタTシャツを買い、徹夜でカラオケをして楽しかったです。

総括として大変貴重な経験が出来たと思います。
自分を一から鍛え直してまたこの機会が得られるように精進したいと思います。

PageTop