静大将棋部ブログ

浜松支部大会

始めまして、浜松キャンパスに所属しているUです。

今回はじめてブログを書かせていただきます。よろしくお願いします。最近、浜松支部で将棋大会があったので、現浜松部長のHと一緒に大会に参加してきました。まず日曜朝、会場へ行くとそこには静大OBの方が受付に。まもなく行われる団体戦に関して応援の言葉をもらいました。本当にありがとうございます。さて受付でどの級ででるかーってなったところで、前回参加した浜北大会ではA級出場だったのでA級で出てみる?と言われ、できる限り上の級で出てみたかったので、S葉先輩の名前を出すことに。いつも教えて貰っています的なことをいいS級で出させて貰うことになりました。S葉先輩は予想通り強い人で通っていたので流石ですね。さてそれでは将棋の内容に入りたいと思います。

一回戦
戦型は相三間に。序盤から角交換をし、力戦模様になりました。途中こちらのミスから劣勢になりましたが中盤相手の攻めが遅かったので、速度差が逆転。そのまま勝ちとなりました。

二回戦
戦型はまたもや相三間に。こちらの端攻め(N谷システムみたいなの)が成功し優勢かなと思っていました。勝負が決まったのは下図。
浜松支部001

この香打ちが猛烈に厳しく、以下先手勝ちとなりました。相振りだと端攻めが成功してもその後に勝ちきるのに苦労することが多いので、優勢の状態のまましっかりと最後まで勝ちきれたのは良かったです。

三回戦
戦型は三間対中飛車に。序盤こちらの仕掛けがまずく劣勢。中盤以降粘りましたが、どうも序盤での差が大きかったらしく、そのまま負けになりました。やはり序盤の知識をもっと増やさないといけないですね。

四回戦
戦型は石田流対居飛車穴熊に。序盤からこちらの仕掛けが成功し、優勢に。その後相手が無理っぽい仕掛けをしてきたため、全部受けきりの体制に入ると、こちらのうっかりで飛車がす抜かれることに。後ろで私の対局を見ていたHがニヤニヤ笑っていました。しかし、飛車が取られた時点でもすでに形成が大差だったのでなんとか制勝。これ負けてたら流石に死んでた…。いやぁ本当に反省してます。

五回戦
ここまで三勝一敗なので勝てば景品がもらえそうな位置に。なんとしても景品を取りに行きました。戦型は石田流対居飛車。相手の形はあまり見たことのない形に。序盤からこちらの仕掛けがうまくいったらしく、序盤からこちらが優勢になりました。そのまま優勢を保ち、押し切り勝ち。

結局結果としてはHが二勝三敗。私が四勝一敗でくじ引きの結果二位になることができました。個人としては全勝はできませんでしたが、勝ち越しと、景品をもらうことができたので良かったです。ただまだまだ甘い部分があるので近々ある大会までにもっと部活や24などで棋力を上げられるようにしたいと思います。それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーサイト

PageTop

新人王戦

はじめまして、静岡キャンパス1年のS藤です。今回は、10/10に名古屋港湾会館で行われた新人王戦について、個人目線で振り返ってみたいと思います。

行き 東静岡駅~会場
私は静キャン勢なので電車は東静岡駅からでした。途中で他のメンバーと合流しつつ会場へ移動。乗車中はS藤(私ではないかつ静キャンの方)に勧められて「駅メモ!」というスマホゲーをやっていました。なお私のガチャ運はなかなか良かったようで、朝から運を使い果たしてしまったのではないかと不安を覚える立ち上がりとなりました。

予選
2勝1敗で何とか突破。内容についてはたくさん書くと疲れるので割愛させていただきます。

本戦1回戦 対K田(静岡)
いきなりの同士討ちとなってしまいました( ノД`)すべては私のくじ運のせいです。
戦型は私の先手三間飛車に対してK田の4四角~2二飛車で相振り飛車となりました。中盤相手に攻め込まれて苦しい展開に。下図は終盤戦。
新人戦一回戦

5一香打はあまり良くない手のように感じました。7四歩打や5三銀打としっかり受けられていたら厳しかったです。本譜は以下7三香成から攻めてこちらの勝ち。

本戦2回戦 
相手は名古屋大学の方。こちらの3手目6八飛車に対し4四歩~3三角~2二飛車とされ再び相振り飛車に。攻め合いとなり下図。
新人戦二回戦
同玉は4八金打から詰みなので2七玉と逃げましたが、それでも3八角打~2九角成で先手玉は詰んでいました。しかし相手の方はこれを見逃していたようで(当然私にも見えていませんでしたが)、本譜は3七と金~7二金と進行。こうなると攻守が入れ替わり、7一桂成~9四角打以下先手の勝ち。二局連続で逆転勝ちとなりました。やはりこの日の私の運は、相当良かったようです。

本戦3回戦
相手は名城大学の方。静大の部員の内何人かがすでに負かされていたので、ぜひとも敵討ちをしたかったのですが・・・
下図は序盤戦。
新人戦三回戦
完全に作戦負けとなってしまいました(´;ω;`)このままでは棒銀が受かりません・・・
仕方が無いので6二玉~7二金としましたがこの手損は痛く、以下一方的に攻められてこちらの負け。全く良いところがありませんでした。

というわけで、私の新人王戦は3回戦負けという結果になりました。
色々と反省点はありますが、他大学の1年生との対局は、自分にとってとても良い刺激となりました。とてもたのしかったです。他大学の皆さん、これから4年間よろしくお願いします(*・`ω´・)ゞ

帰り
省略(決して飽きてきたからではありません)

それでは、これにて新人王戦のブログを終わりとさせていただきます。読み苦しいところも多々あったかとは思いますが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
締め方が雑ですみません・・・

PageTop

職団戦!!!

どうもMです。

9/27に第74回静岡県職団戦が行われ、静大からはA、B、Cチームの三チームが出場しました。
なぜか現役勢がブログを更新してくれないので、Aチームとして出場したMが振り返っていきます。

一戦目 沼津支部竜戦
私の6七金型右玉に対し相手が右四間を採用。
この将棋は途中までは自分の会心譜で、右玉の左金銀が玉側に寄り、
途中で放った自陣角が相手玉をにらみ優勢となった。
しかし有利になったらミスをするのが私クオリティ、垂らした歩が飛車の成りこみを防いでしまう大悪手で一気に敗勢に。
相手の厳しい攻めが続くも、一手の緩手のスキを突いて入玉に成功。
入玉後にひたすら成駒を生産してから相手玉を詰まし逆転勝ち。
チームはなぜか優勢の将棋を二つ落として1-4で敗北(´・ω・`)。
チーム優勝と私以外の全勝がいきなり消えてしまった。
(最も他の人が負けたおかげで「ゲン担ぎ」ということでずっと五将で出ることができたので、結果的には私個人としては良かった)

二戦目 お棋楽会戦
静岡県の将棋指しはご存知の傭兵部隊お棋楽会。
私の相手は高校生(だと思う)。
6七金型右玉対右四間という十行ほど前にも見た戦型になった。
相手の攻めを全力で受け止める展開となり、やや指しやすい局面を迎えこちらが相手玉をしっかりと寄せきれるかどうかという局面になる。
しかし寄せが下手くそと自覚している私は優勢と思われる局面ながら千日手に持ち込み二局目に突入。
二局目は持ち時間が21分対10分と大差だったため時間切れ勝ち。
「右玉使いの私に千日手にした時点で私の勝ちは決まったようなものだ」という名(迷?)言を残した。
チームは4-1で快勝。珍しくエースS葉が二連敗だが相手が悪かったか。

三戦目 長田公民館将棋クラブ戦
後手番で角換わりを目指したところ筋違い角を打たれ気持ち劣勢に。
しかし、がっちり組み合う展開になったため作戦勝ちになり、
一気に責め立てて快勝。
チームも5-0で快勝し、大変に気分が良い(Vo.ルナ様)。

四戦目 明誠同好会戦
ご存じ強豪明誠チーム。
私の相手は遠鉄将棋まつりでも指した先生。
戦型は6七金型以下同文となり、全力で攻めを受け止める展開に。
相手に飛車を二枚渡すが受けきれるであろう変化に突入しぎりぎり優勢に。
しかし徐々に受けを間違えて無理攻めが通ってしまったか、というところで相手の持ち時間が切れて時間切れ勝ち。
アナログ時計+ノータイム右玉の組み合わせはなかなか凶悪だと感じました。
チームは2-3で敗れ、惜しくも敗北。

五戦目 富士宮将棋同好会A戦
私の全勝がかかった一戦。
チームの勝ち越しもかかっているがそんなのはどうでもよい(オイ)。
全力で勝ちに行った将棋を再現(だいぶ怪しいが)したものが下。



ということで全勝(`・ω・´)。
チームも3-2で勝利し、総合順位三位というまさかの結果になりました。
これもひとえに全勝した僕のおかげですね。
現役のみなさんも僕を見習って右玉で時間攻めをすればいいと思います。
真面目な感想を言うと、私とけーりん、ふぁんたは今年で卒業なので、
一緒に出場する団体戦はおそらくこれが最後になります。
それを全勝+チーム三位で終わることができたので、良い思い出にもなったと思います。

B、Cチームはそこそこ残念な結果に終わったようです(´・ω・`)。
K君が全勝した位しかいいニュースがありません。

秋の大会に向けて頑張るのだ現役勢!

PageTop