静大将棋部ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

秋季個人戦 U


どうも、卒研の中間発表が目の前に迫ってきて焦ってるUです(三日後)。これによっては卒業できなくなる可能性があるので割りと重要。それはおいといて今回は先日参加してきた秋季個人戦を振り返りたいと思います。静大将棋部からは全員で12人が参加しました。

それでは自分の対局を振り返ります。予選一回戦の相手は岐阜大のT市さん。私の向かい飛車対居飛車となり、組合いから相手の仕掛けに応じて動き少しいいかと思いましたが、そんなことはなく相手にうまく指され普通に劣勢に。攻めあうと一直線負けルートだったので粘って逆転勝ち。反省点の多い内容の将棋でした。

予選二戦目は中部大のK塚さん。戦型は私の三間飛車対向かい飛車となりました。相手が端攻めで仕掛けてきましたが、それに応じてこちらも反撃。中盤はこちらの攻め駒が少なく攻めが細く切れそうでしたが、相手の玉型の薄さもあり攻めをつなげて、なんとか勝ちきることができました。

というわけで予選は2連勝で通過。静大全体ではK谷、K池、N澤、Uの4人が予選を通過しました。そして本戦一回戦のくじ引き。私は持ち前のツモ力おかげか、一回戦シードをツモ。麻雀というランダムゲームでツモ力を鍛えてきたおかげかもしれないです。本戦一回戦が暇になったのでK谷君の観戦をしつつゆっくりしてました。そしてゆっくりしてると本戦二回戦の時間に。この時点で本戦一回戦突破はK池、Uとなりました。

 本戦二回戦の私の相手は名古屋大のI川さん。戦型は私の三間対中飛車左穴熊っぽい駒組の居飛車でした。組み合って下図に。
I川1

相手の穴熊が組み終わる前に仕掛けたかったのでここで▲6五銀としました。ここでは次に単純に▲7四歩以下の仕掛けを狙っています。本譜は図以下△4二角▲7四歩△同歩▲4二角成△同金▲7四銀△8八角▲6三銀成△8六歩▲7二飛成と進み下図へ。
I川2

この局面では次に▲7五角が厳しく先手優勢になりました。以下△3四銀引と後手も辛抱しましたが、こちらの攻めが続きなんとか押し切り勝ち。この対局は比較的良い内容で指せたのでよかったです。そしてこの対局に勝ったことで個人戦2日目に進むことができました。卒研ほったらかして家引きこもって24指しまくった成果が出てよかったです。また、K池君も本戦二回戦で勝ったため、ベスト16が決定。しっかりと強い人にも勝っていたので流石の一言。そして、私の次の対局相手は名城大学のO村さん。全国大会の結果から見ても圧倒的に強いことはわかっているので、この二週間の期間に少しでも強くなって自分らしい将棋を指せるようにしたいと思います。それでは最後まで見ていただきありがとうございました。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。