FC2ブログ

静大将棋部ブログ

次の一手募集

Kです。次の一手とそれ以降の流れもしなにかあればコメントとかで教えて下さい。
2018-10-21a.png
ちなみに本譜は▲6三桂打として負けました。はい

スポンサーサイト



PageTop

浜北将棋大会

  こんにちは。ドラゴンズファンの小池です。今年のBクラスでした。来年こそAクラスになれるよう応援していきます。進路も決まり先日の日曜日、浜北大会に参加したので振り返っていこうと思います。この大会は静岡の職団戦と日程が重なったこともあり、S級の参加者は12人でした。その大会にはうちの将棋部もでましたがもちろん私はでてないのでそれはおいといて、優勝チャンスだとおもいがんばりました。
 初戦 相振り飛車 相手の囲いは穴熊でした。相振りの穴熊はそこまで嫌いではないです。居飛穴とちがい、うえからつぶすことができるからです。本局のみごとに攻めが刺さって勝ち。相手の粘りがすごかったですが、きっちりしとめられました。
2戦目 相振り 負け 特に語ることなし
休憩 天丼が食べられなくて残念。自分は魚が大好きなのです。
3戦目 2連勝中の人と当たりました。優勝するためにも泥沼にひきずりこんでやろうと集中しました。図は、相手が△2五飛と7五の歩を狙ってきた盤面。
2018-10-16a.png
ここで▲6五歩△同歩▲3六角△2二飛▲6四歩△5三銀▲6五銀△3五歩▲5四角△同銀▲同銀△5三歩と進みました。角を打った段階からこの図まではほぼ既定路線でした。ここで▲6五銀と引く手も有りましたが、強気な手がすきなので▲6三銀打から清算しました。こちらとしては、金と角の交換とはいえ、相手玉を裸にしたので十分かと思いましたが、飛車金2枚と歩で寄せないといけないといけないので意外と難しい将棋だったと局後に感じました。
2018-10-16.png
以下、手は進み次図に突入。
2018-10-16c.png
飛車取りに対して▲6五飛と逃げた場面。ここで相手にミスがでます。△5四角です。以下▲6三歩成△同角▲5四金これで攻めがつながりました。代えて銀打ちならまだまだ激戦が続いていたと感想戦で分かりました。隙にしっかり付け込み、すごく粘られましたが勝ち切れたことが収穫です。
4戦目 角交換振り飛車対対抗系 やっと対抗系を相手にできました。個人的な考えとして居飛車党の人は相居飛車、ノーマル四間飛車、中飛車、三間飛車、向かい飛車。それの角交換型としなければならない対策が多いのに比べ、振り飛車党は対抗系と相振り飛車のおおまか2つの対策をもっていればいいから、逆立ちしても届かないような棋力の差がある相手は別にして浜北S級相手なら将棋は知らなくても勝負にはなると考えています。 正直自分はS級の中で一番将棋を知らない人間だと考えています。
しっかりはまり勝利。
この時点で4連勝の人がいない状態。次に勝てば優勝も見えてくる場面。最終局の相手は強豪中学生のTくん。前回の大会では局面は必敗だったものの時間切らして勝利。前日、元奨励会員のSさんの道場で戦ったときは負けていてそろそろ勝っておきたいところ。
しかし、こちらのミスにより、守りの銀と攻めの銀を交換され不利な盤面になりました。(下図)
2018-10-16d.png
▲3八銀打△8五飛▲同桂△8九飛▲4六角△8五飛成▲2一飛△8八竜▲2一飛成△2五桂▲1五竜と進みました。
飛車交換ののち王手をされるので先受けが要求される盤面。ここで▲3八金とかでは相手の攻めを受けきれないと判断し、▲3八銀打を投入できたことが良い判断でした。角打ちはこのラインで王手をされることがいやだったことプラス桂馬を取らせて手を稼ごうという狙い。最後、桂馬に当てて攻めを催促するだけならば▲2一竜のほうがいいという声周りからもありましたが、上からの攻めはさせないという意思を相手に示したかったのでこちらを選択。銀を守りに投入している以上攻め合いというよりは相手の攻めをいなしつつ玉頭からカウンターを狙う感じです。
2018-10-16f.png
 この後、相手に3つのミスが生まれて下図。一つは△6四桂を打たなかったこと。(角道を止めつつ銀を狙う攻防手)
二つ目は▲8二歩を手抜かなかったこと。(桂馬を取られることより桂馬の王手が飛んでくることのほうが終盤では重い)
そして三つ目は竜を8八に潜ったこと(5五角と引いたとき竜にあたる)。
2018-10-16g.png
どれも、一つ一つは小さいものかもしれないけど、積み重なれば大きくなものとなる。こちらとしては、それをきっちりとがめることができ、逆転勝利を飾ることができました。私たちはプロでも奨励会員でもないから、ミスがでるのは仕方がない。それをリカバーできるか、とがめられるか。将棋とはそういうゲームだと私は割り切ってやっている。だから感想戦で勝ったのにもかかわらず「自分の指し手がひどかったですね」っていう人には少し違和感を感じてる。練習ならともかく、公式戦は勝つことが全てだから勝ったのにひどいってのはおかしいと思ってる。そのひどい指し手をとがめられなかった相手が自分より下だったっていうだけの話だと思うから。もちろん、反省は必要だと思う。こうすればもっと楽に勝ててたなと反省することは大事だと思う。
結果として4勝1敗でくじに勝ち優勝をすることができました。将棋というゲームは勝てば本当に神ゲーだと改めて思う。そして、自分とほとんど同レベルの人たちと真剣勝負することができる大会はやはり楽しい。大学生活も残り少ないですが、なるべく大会に参加して、勝つ喜びを味わっていこうと思います。長文読んでくださりありがとうございました。


PageTop