FC2ブログ

静大将棋部ブログ

なぜ将棋をやっているのか真面目に考えてみた。

 こんにちは。浜松キャンパスのK池です。今年3月で部活を卒業します。なので最後のブログを書こうと思います。最後なのですこしかっこいい題目にしてみました。最初に4年間を軽く振り返っていこうと思います。
1年生 大学将棋ってレベルが高いとおもった。たくさん練習した。
2年生 一番楽しい1年間だった。大会たくさんでた。楽しかった。
3年生 部長やった。
4年生 再び大会にたくさんでた。
こんな感じですかね。
 題目どおりなぜ将棋をやるのかってのを考えた時、それは1年生のころは「将棋が好きだから」という理由でしたが、今は「将棋に勝って承認欲求をみたしていい気分になることが好きだから」です。このブログを読んでいる人はおそらくツイッターをやっている人が多いと思います。で、そこでいろんなことをつぶやく。それはきっと、つぶやいていることを不特定多数に人に見られることに快感を感じているからだと思っています。自分のいいたいことが好きなだけ言えて、「静かにしろ」と注意されることもめったにない。しかもきいてくれる聴衆もいる。それで承認欲求を満たす。それがツイッターだと思っています。(自分は閲覧はするけどつぶやいてはいませんが)自分はそれを大会に参加して結果出してまわりからちやほやされて、いい商品もらい、いい気分で帰路につき、結果の欄に名前が載って、ブログで勝った試合載せて自慢して自己満足に浸る。これです。こっからはすこし雑談します。
 
 自分は「見る将」ではないです。(暇なときに少し見るぐらい)なぜなら一つはプロ野球の中日ドラゴンズ(中学からずっと応援しているプロ野球チーム)のように熱をいれて応援したいとおもえる人がいないこと。次が本命の理由で、ソフトの影響で答えが分かってしまうこと。例えばabemaやニコ動で将棋をみえてある局面で止まった時、コメントで後手+1000とかコメントが流れてくるのが嫌だからですね。今ソフトの優位性は証明されててそのソフトがいっていることに間違いなんぞほぼないからいうなら未来をカンニングしてる感じ。映画で例えるなら、中盤で次はこうなる?いやこうなる?って想像することがプロ棋士が大盤使ってやってること、中盤で次はこれ、次はこれって教えられるのがソフトみたいな感覚です。もちろん大逆転とかおもしろい将棋もまれにあるけれど、だいたいソフトの出した答えと同じ結果になるのが正直つまらないのでめったに見ません。

 次に、自分が疑問に思っていることを一つ。
 勝ったのに感想戦であやまること。将棋は、つきつめれば相手のミスをいかにとがめるかのゲームだと思うので、
 どんなに泥臭い勝利だったして、相手のミスに助けられたとして、別に勝ちは勝ちだから誇っていいと思います。なので自分はこの手をとがめられたのが自分としては勝因になりましたね。みたいに言ってます。
(上記の意見はもちろんあくまで個人の意見です。読んだ人がそれは違うって思うこともあるかと思います。)
 最後に、4年間ありがとうございました。なんだかんだ楽しかったです。先輩には将棋をたくさん教えてもらい、麻雀とかもやったりして、後輩はほんとにいい人ばっかで恵まれてましたね。また会う機会、指す機会があったらよろしくお願いします。つたない文章ですが、読んでくれてありがとうございました。さようなら。

スポンサーサイト



PageTop