静大将棋部ブログ

テクノフェスタ

どうもMです。
今日はテクノフェスタで浜松キャンパスにはたくさんの人が来ていました。
出店を出すでもない将棋部は普通に活動を行いました。


今日の参加者は自分、I先輩、S先輩、H先輩、S1、S2、N、Kでした。
そして今回から新しい仲間、対局時計×3が部室にやってきました。駄目元で申請したのが通ったようです。時計が少なかったのでとてもありがたいです。


初めにK君との対局。
最近流行している気がする角交換振り飛車を採用し、それに対してK君は金矢倉を採用。
お互いに仕掛けを牽制し合った結果向かい飛車銀冠対穴熊になりました。いつものように打開する気が全くない自分は玉を左右に振って一人千日手を結構しようと考えていたのですが、K君が自陣角を打ち付けたので仕掛けます。
角金交換上等!のつもりでしたがK君が受け間違えて馬作り成功。
そこからゆっくりと馬と歩を使って角殺し=>飛車殺し=>桂馬殺し=>銀殺しとしたところでK君の投了となりました。後手玉?なんで穴熊なんか攻めなきゃいけないの?
S2先生を交えた感想戦ではK君の7三銀型が悪くこちらの作戦勝ちになっていたようです。とはいえ打開する手がないので結局千日手になるのですが、10分の30秒の持ち時間の中終局時に4分以上こちらが残っていたことを考えるとK君にとって不満な展開でしょう。しかし負けるよりは千日手にしたほうがいい、というよりもとりあえずなんでも千日手にして体力奪って勝てばいいよ、とアドバイスしたところ受け入れられませんでした(´・ω・`)

次はI先輩との対局。
角交換左玉に対し向かい飛車美濃になり、よくわからないので自陣角を召還!
一歩かすめたものの手がないぜ、と思っていたのですが8筋の位を取る手や金銀を盛り上げることのできるこちらに対し、位を取られた美濃の後手はやることがないようでかなり作戦勝ちだった模様。
以下難しいところはあったものの上から押しつぶして勝利となりました。

その次はH先輩との対局。
矢倉の銀はいらない子ということで右銀を5七に持っていく四間飛車を採用し相振り飛車に。
左銀がいないことで相手の銀がさばきにくいのが主張ですがその分薄い端を破られそうになりあわてて玉で顔面ブロック。ひたすら玉を前面に押し出す強気の受けを連発していたところ攻めが切れもようになり気分がよくなってさした手が大悪手。
駒得ながらも自分の全裸玉の周りには相手の金駒が3枚もある悲惨な状況に。
しかし粘って玉を交わした結果金銀3枚に囲まれているものの自玉に駒を渡さなければ王手も詰めろもかからない謎展開に。そのまま押し切って自分の勝利となりました。


最後の対局はN君と。
戦型は……。
ごめんなさいわすれました(´;ω;`)。
この対局が唯一の敗北局になったのは事実です。


さて来週は個人戦ですね。
前回過去最低の結果を出してしまったので、なんとかそれより上に行けるように頑張ります!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【テクノフェスタ】

どうもMです。今日はテクノフェスタで浜松キャンパスにはたくさんの人が来ていました。出店を出すでもない

まっとめBLOG速報 2012-11-16 (Fri) 16:39