静大将棋部ブログ

先入観

どうもMです。
先入観ってよくないですよね。
こういう局面はこういう手はないだろう、とかたぶんうまくいかないだろう、とか考えてると良い手が指せません。
感覚も大事ですがとらわれてばかりでもいけません。
そんなことをけーりんに買ってきてもらった漫画(三巻)を読みながら思うのでありました。

さて(?)、今日はけーりんとO妹ちゃんが来てくれました。
二人との対局について触れていきますよー

まずはO妹ちゃんとの対局。
角交換右玉=>棒銀される 振り飛車=>知らない 居飛車=>知らない
というわけで気づいたら下の局面になっていました。毎度恒例ながらどっちが自分かは言わなくてもわかると思います。先手です。

2013-07-13a.jpg

今は(大学に)無きT先輩が得意としていた中住まい戦法の超劣化番とでもいうべきものに仕上がりました。
超絶不利に見えますがここから▽6四歩▲同歩▽同銀▲6五歩▽5三銀▲4六歩▽2四角▲4五歩▽3三銀▲2四角▽同歩▲4六角と進みました。
▲4六角が好形で先手優勢です。▲5三銀では▲7三銀として悠々桂頭をねらわれるとそうとうきつかったと思います。▲2六歩▽3五歩▲2七玉の予定でしたがうまくいくわけがないので。
4筋の位をとられたことが痛いので、右桂をはねないで玉も中住まいのまま袖飛車で戦えば一局、といったけど相変わらず部員はだれも賛同してくれませんでした(´;ω;`)

続いてけーりんとの対局。けーりんの角換わりの陣形が変だったので、若かりし頃の得意戦法雁木右玉を採用しました。これは通常の右玉よりも攻撃力があるので、千日手ニヤニヤが嫌いな方には向いてるんじゃないでしょうか。

2013-07-13b.jpg

上図まで進み作戦勝ちになりましたが、ここから▲1五歩▽8五桂▲3五歩▽同歩▲同銀▽7七桂成▲同金▽6八角と進んで敗勢に。
以下ガジガジしているうちに形勢判断をやめて流れるように指していたら一枚足りずに勝ちました。いろいろと負けの筋はあったようですが、堂々としていたのがよかったと思います。

というわけで今(?)今日は結構調子がよく、S葉にいじめられた以外は良い将棋が指せました。
やっぱり定跡とかに頼らずその場その場で考える姿勢も大事だと思います。

だからみんなもモンスター娘のいる日常買おうね!とステマするMでした。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する