静大将棋部ブログ

ノートPC死亡説

どうもMです.
最近ゲームをやっているとノートPCが熱暴走して強制シャットダウンされてしまうことが増えてきました.
大体ゲームやりつつ麻雀やりつつ将棋やりつつ,と負荷をかけすぎているのと,もともと大学指定のノートPCが排熱性に欠陥があるものだったからでしょう.
大学の見る目の無さに嘆きつつ,昨日の活動について振り返ってみます.

昨日の活動にはK高校生とO兄妹が参加してくれました.
最近静大生が完全に教えてもらう側になっているなー,と思いつつ振り返っていきます.


まずは絶不調のS葉との対局.
お互い絶不調すぎてひゃっはーしていたら図のような局面になりました.
2013-09-15d.jpg

以下S葉が2六歩と突き無理攻め対こちらの受けという構図に.
この将棋はお遊びだったのでこちらの勝ちとなりましたが,自分らしからぬ筋っぽい手がでて印象的でした.

遊んでいたところK高校生が到着し,ほかの一年生も来たのでぼちぼちと対局.
K高校生との対局は角交換右玉対矢倉となりました.

具体的な局面が思い出せないのですが,お互いに銀角を手持ちに龍を作りあう展開に.三枚右玉対方矢倉でもちろん劣勢.うにゃうにゃかみついているとK高校生が寄せを逃したため,矢倉を上から噛み千切って勝利.
盤面が思い出せないのってどーなのよ(´・ω・`)

一年生と二面指しして負けそうになって駒をたたきつけていたところO兄妹が襲来.
相手になりそうな現役があまりいなかったので,自分がO兄と,S葉がO妹と対局しました.
戦型は角交換右玉対矢倉.O兄にこれで勝てるイメージがなかったのできmきm金をやる予定でしたが,なぜかO兄は僕に振り飛車をやってくれないのでこれくらいしかやることが思いつきませんでした.
2013-09-15b.jpg
ここで▲5五銀とぶつけたのが悪手.▽7五歩と突かれてみるとこちらに有効な攻めがあまりなく,どうしようもなくなってしまいました.以下攻め続けようとするも完切れになって圧敗北.
感想戦で普通に▲4五歩くらいで一局と教わり,ソウナンダーと感心しました.かっこいいから指してみたものの,何をすればよいかは全く分かっていませんでした….

最後にO妹とK高校生との二面ざし(10分30秒).正直「超絶☆不調」な自分の棋力からしたら二面ざしなんてきつすぎるのですが,気合で挑みました.
二面指しなのであまり読まずに嗅覚に任せて指していたところ,O妹との対局は右玉対矢倉.K高校生との対局は6六金型石田流対腰かけ銀となりました.

O妹との将棋は下図から▲2五桂▽7五歩▲同歩▽同銀▲3三桂成▽同桂▲4五歩▽6六桂と進行.
2013-09-15c.jpg
攻めがうまくいったと思いきや角道を閉じられて攻めに勢いがなくなりました.気合で▲6七金左▽5八桂成▲同玉とし,玉が広い玉が広い,と唱えていたところ相手の囲いを上から押しつぶすことに成功.女子力に打ち勝つことができました.

K高校生との対局は悲惨なものでした.横歩取りの出だしから7七金と上がってひねり飛車にしてみたものの,そこからの構想は一切なし.調子にのって飛車先の歩を交換したところ9五歩と平凡に角頭を攻められ,暴発せざるを得ない状況に.
その後は丁寧に受け切られ暴れることができなくなってつまされ投了.残念すぎる対局でした.

さて,西日本大会が終わって秋大会までに気持ちの入れ替えと,準備が必要な時期になってきました.
西日本大会から絶不調,というかもともと弱いのになぜか勝っていただけの人の化けの皮がはがれはじめ,すこし焦りを感じ始めてきました.ありがたいことに西日本大会では後輩の実力を感じることができ,似非3番手の座もおりてぎりぎりレギュラーになれないくらいのところにまで来ました.
私の仕事は一発を入れることです.格下に一発は入れられやすいですし,同じぐらいの人にも負けやすいです.しかし,格上に一発入れた回数が多いのも事実です(ただの運ですが).最後の大会に向けて,格上に一発入れるための研究をしていこうと思います.

最後に部員へ.三重大合宿についてブログの更新を,部長は飛翔についての作業をお願いします.
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する