静大将棋部ブログ

D達おこぷんぷん丸

Mです.
そろそろ長かった大学生の夏休みが終わります.
そんなものはひと月も前に終わっていたような気がしますが,きっと気のせいでしょう.

今日は自分,1号,S葉,K田,D達,H持,高校生のK君が参加

S葉との対局は角道を止める中飛車に対し5筋位奪還戦法を採用
角道を止めているせいでこちらが圧倒的作戦勝ちになるもすっぽ抜け
しかし,一瞬だけ安全な形を活かして攻め続けていたところS葉に攻め急ぎが出て逆転勝ち


K君との対局は対居飛車中住まいを採用したところ向かい飛車に振られ劣勢に(´・ω・`)
素知らぬ顔で強手を連発したところK君が戦線を拡大しすぎて泥沼に
結局5八=>6八=>3九と玉の大移動が功を制して優勢に.以下詰みを何度も逃すも勝ちとなりました


まあそのほか何局か指しました.しかし,今日ご紹介したいのはS葉対D達の一局です!(唐突)

ほぼ初心者に近い形で入ってきたD達は,先輩の悪影響か力戦ばかり指す子だった.
矢倉の定跡は知らずとも,とりあえず右四間にしてみたり,相手の駒組みが稚拙なとき(つまり自分と対局するとき)それを臭いで嗅ぎ取り,ガンガン攻める棋風に育っていた

あまりにも攻めの手がさえるため,D達おこ=>Dおこぷんぷん丸と格上げがなされたのはつい最近のことだった
この日もぷんぷん丸だったD達は,S葉に序盤から華麗に攻めつぶされてしまった
序盤知識ははっきり足りないオールラウンダー,先輩とさすとどうしても序盤で不利になってしまう(対M本戦を除いて).
しかし序盤で不利になって,S葉の「まあこれくらいで勝てるやろ」という中途半端な攻めをされて,D達は激怒したのだ.大駒を全部取られながらもと金を頼りに攻めたて,S葉玉をみるみる追い詰めていった.そしてと金銀金金の攻めをつなげ,S葉をついに打ち取った!
レギュラークラスに勝つのは,これが初めてのことだった.さすがはぷんぷん丸といえよう

最近後輩の成長が著しい.一年のメガネの貴公子がさっそうと自分の24最高レートを上回ったと思えば,S葉は魔法少女のTシャツを着ながら西日本大会で大活躍,D達はK田やS葉を倒し,自分ともここ最近の将棋の内容では勝ち越している.まだ負けてないとはいえ負けるのも時間の問題だろう.

秋の団体戦が楽しみであると同時に,どうやらたまにバグが起こるからとおかせてもらっていた団体戦準レギュラーの枠もだいぶ怪しくなってきた気がする.
ここ最近では個人戦でも結果を残せていない.大会までのこりわずか,これまでの大会で指さなかった戦法が形になってきたが,形にしかなっていない.これを大会までに間に合わせ,何としてもチームに貢献できるようにならなければならない.D達の勝利はそれを気付かせてくれるには十分すぎる衝撃があった.昔のようにぷんぷん丸な指し方ができるように棋風を改造し,最後の奉公を終えられるようにしたい.


よくわかんない決意になったけどこれで終わりです(´・ω・`)
明日は職団戦でY先輩が優勝してくれると思うので,どうぞお楽しみにー

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する