静大将棋部ブログ

新人戦

Nです。

新人戦の付き添いに行ってきました。
一年の案内役で毎年一人駆り出されるので今年は僕が行くことに。

参加者の一年はH、A、K、U、の四名。そして何故か僕以外にも付き添いで、N先輩。
付き添いに2人も要らないので僕が行く意味あったのか甚だ疑問でした。
でも何だかんだ午後からはF君も応援に来たりとなかなか楽しく見させてもらいました。

では予選から振り返りましょう。
ぶっちゃけ僕は他大学の一年生で誰が強いとかわかんないので適当に本人たちに任せました。
結果は僕の応援のお陰でA、Kは2連勝で、U、Hも2勝1敗で全員予選突破しました。
UとHは互いに1戦目は少し酷かったですが、僕の応援のおかげで2戦目以降は普段通りに指せ、勝てたようです。
予選で一番印象的だったのはK君が全駒しそうだったこと、怖いなあ。

ほんで本戦へ。
0回戦があったのが、KとU。

K君は相三間だったかな、防ぎようのない入玉を防いで勝ってました。
どうやって勝ったのか謎、K君凄い。

U君はレグスぺやってました、相手の無理攻めで早い段階で優勢に。
そのまま押し切って勝ち。穴熊に飛車+馬二枚くっ付けられたら流石に逆転しないなあ。
とにもかくにも練習の時より随分指し手が良く見えました、大会の雰囲気を味わったおかげでしょうか。

さて、僕の応援のおかげで参加者4名全員が1回戦の場へ。
行く前は正直全員残るとは思ってなかった、申し訳ない。

1回戦。
A、H、Kは気づいたら勝ってました。
U君は準優勝したHさんとここであたり敗退。

2回戦へ。
A君は先程のHさんと、HとKは身内対決に。

A君は序盤から指しやすい展開に持ち込み常に優勢を保ち終盤へ、もうこれは勝勢、めでたくベスト4やな、と思っていたところポカで要のお馬さんをプレゼント。勝勢から一気に敗勢になり、なす術なく負け。

HとKの対局はK君の勝ち、気づいたら終わってた。

2回戦で2人が破れ、残ったのはK君だけ。ここでベスト4となる。
K君の準決勝の相手は名城のOさん、んんん…というしかなかったですね。
K君は升田式石田流へ、序盤で動きづらくなっていたのでどうしたものか、と思いましたが意外に善戦。
結果敗れはしたものの健闘したように思います。

最後に3位決定戦。
名大(?)のK(?)さん。A君が予選であたった相手だったかな。
戦型は相振り、序盤で上手く動かれK君は終始劣勢。どうやって勝つんやって思っていたら地味に迫りつつ相手が最後に詰みを見逃しところで逆にきっちり詰まし逆転勝ち。めでたく3位に輝きました、凄い、おめでとうございます。


ざっくり振り返りましたが想像以上に1年が頑張ってくれました。
これなら1年生のゆくゆくの成長が楽しみですね、頼りない先輩方は放置してより強くなってください。

いろいろ書きましたが棋譜がないのでわかりづらいと思います。
棋譜は参加した1年に押し付けたので参加した誰かブログを書いて…

では帰り際に買ったつるの将棋7番勝負と小林健二九段の右玉左玉の本を楽しもうかと思います、それではまた。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する