静大将棋部ブログ

5勝12敗

どもMです.
現役を退いたはずなのになんで僕がブログを書いているのでしょうかね.

そんなことはさておき,昨日の活動にはO兄妹とW君が参加してくれました.
もうお気づきの方もおられるかもしれませんが,タイトルの「5勝12敗」は大学生側から見た戦績です.
O兄妹やWも強いです,一年生には相当厳しい相手です,でももうちょっと勝てるようになるといいですね.
まずはダブルスコア回避を目指して頑張ってください.

それでは来てくれた三人との将棋を振り返ってみます.

W君とは左玉対三間飛車に.
W君が左玉の対処に戸惑っているうちにぐいぐい駒を前進させて下図.

2013-12-08a.jpg

ここから▽3六歩▲同歩▽2六歩▲同歩▽3六銀▲6八金▽2七歩▲同銀▽4七銀成▲3七歩▽2五歩▲同歩▽同桂に▲2六歩が悪手.以下▽3七桂成~王手金取りがかかって後手の優勢となりました.

後手の攻めは手筋っぽく厳しそうに見えますが,▲2六歩にかえて▲5七銀と引かれたら先手がよいと思っていました.
つい攻められている側に目が行ってしまいますが,盤面を広く見られたら悪かったと思います.

O妹ちゃんとの対局は雁木右玉対右四間に.
下図はO妹ちゃんの工夫の駒組みから角を交換したところ.
2013-12-08b.jpg

以下▲3五歩▽同歩▲4五歩▽同歩▲同銀▽4七歩▲同飛▽5五桂▲4六飛▽4四歩▲5六銀▽8五歩と進行しました.
以下桂頭攻めをかわし玉頭戦に持ち込んで後手勝ち.感想戦では上図から先手の勝てる順が見つかりませんでした.

バランスを取る雁木右玉に対し,右四間から角桂交換の変化はどうも雁木右玉側が指しやすくなる気がします.
相手が極端に受け身を取ってきたら,銀矢倉に組み替えるなどして手待ちをするのが有効だと思います.
千日手にすれば良いんですから….


O兄君との対局は相矢倉に.
矢倉=玉は前に行くものということでラピュタを築くも激しく攻められて混戦に.
ラピュタは落ちないのだよ,と一手差を読み切り攻めたてたところ最後の最後で相手玉が詰まないことに気付きラピュタ撃沈.
リベンジにと30秒将棋を挑むもあっけなく二連敗(´・ω・`)

合計二勝二敗で三人との戦いを終えました.


いつも同じ人と指すよりもほかの人と指すほうが経験値が上がります.特に部員には力戦か変態ばかりなので,定跡をちゃんと学んだ筋の良い人と指せるのはいい機会です.せっかくの機会なので,下級生にはガンガン指して,バンバン力をつけてほしいと思います.

戦力的に来年の静大将棋部は…といううわさもあるようですが(主に身内)戦力的に劣っているのはいまさらです.そのなかで,部員一丸となって練習して,棋力を上げ,勝負術を覚え,なんとか準優勝したり西日本大会に行ったりしたのが最近の静大将棋部です.今年の一年生はやる気のある子がたくさん入ったので,

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する