静大将棋部ブログ

気がつけばあれから3ヶ月

お久しぶりです、S葉です。
前期後半から毎日のように出る課題に心をすり減らして、前期が終わったと同時に燃え尽きていたら3ヶ月経っていました。
自宅に学生名人戦の冊子が届いたので少し振り返ってみようと思います。

その前に学生名人戦の冊子に言いたいことがあります。
出場者一覧の私の名前が間違っています。(×棒→○榛)
私の顔と名前が一致していません。名古屋のI城くんと入れ替わっています。
もう全国に配布されていると思うので手遅れだと思うと悲しいですね。

さて、気を取り直して学生名人戦を振り返っていこうと思います。
私は地方大会で結果を出し、全国大会に行くという経験がなかったので緊張していました。
会場であるチサンホテル浜松に向かうのですが、観光応援に来てくれた、おこと元元帥に導かれ、なんとか到着することができました。
私一人では迷子だったと思います。助かりました。

私は学生棋界の情報に疎いので誰が来てもわからないからビビらずやってやるぜと思って大会に臨みました。
気合を入れてトーナメントのくじを引くと横には「Y本(中央)」の文字が……(°д°)
情報に疎い私でもこの名前は聞いたことがあった、学生王将を引き当てるとかどういうことなの…orz
流石にビビりましたが、勝てばヒーローだと思い直して対局に臨みました。

対局は
戦型は相中飛車となり、こちらの大局観の悪さから5筋が制圧される。
       ↓
相手の手に乗じて反撃する。
       ↓
壊滅的な終盤力により攻めが切れる。
       ↓
      敗 北
というようになりました。

力の差が感じられる一局となりました。

この大会で一番感動したことは、大会の昼食のバイキングにチョコフォンデュがあったことです。
生まれて初めてチョコフォンデュを食べました。美味しかったです。
さすが全国大会は違うなと思いました。

負けたあとは、おこと元元帥と一緒に某電気街に観光に行ってきました。
負けて振り切れたテンションでネタTシャツを買い、徹夜でカラオケをして楽しかったです。

総括として大変貴重な経験が出来たと思います。
自分を一から鍛え直してまたこの機会が得られるように精進したいと思います。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する