静大将棋部ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

院生が秋季団体戦を振り返ってみた

おはようございます,こんにちは,こんばんは.
院生のMです.
結果はすでに紳士が書いてくれていますが,
土日に行われた団体戦について付き添いにいった私が全体の雰囲気も含めて振り返ってみます.
まず結果だけ書きますと,静大は一勝四敗で六位となり,B級に降格しました.

初戦を振り返っていく前に,初日の朝に起こった出来事について.
まずA川が遅刻しました.が,静岡キャンパスの静大生は大会の日には四時起きを強いられることになるため仕方がないところ.
幸い大会開始時刻には間に合うということだったので,これは大きな問題ではありませんでした.
問題なのは紳士の方.
朝ベルトの金属部分が壊れ遅刻しそうになるという黒猫が前を通るより不運を象徴するような出来事に加え,
豊橋ー金山間の電車で財布を落としてしまうアクシデントが発生.
この時点で紳士の精神状態は普通よりもかなり厳しくなってしまい,
やや不安を覚える立ち上がりとなりました.
ここで紳士の精神状態を平常に近い位置まで戻すことができなかったのは,
引率者であり最も年を取った私の大ポカでした.

さて,具体的な棋譜やらは現役が書いてくれると思うので,
第三者視点で静大の団体戦がどうなっていたかを振り返ってみます.

初戦は三重大学戦.
戦力的にはこちらが少し分が悪く,初戦とあってオーダーの読み合いもできないため,
毎度のことながらオーダー交換まで激しく緊張していました.
実際のあたりを見てみるとA川が静大キラーと名高いきたにゃんにゃんと当たってしまい,
あまりよろしくないあたりとなりました.
結果も勝負所をすべて落としてしまい2-5負け.

負けたことを悔やんでいても仕方がないので,次の滋賀戦に向けて全力でオーダーを考えました.
なぜなら,静大としては滋賀大学に負けてしまうと最下位がほぼ決まってしまうためです.
色々と考えた結果,静大としては相手エースにK田をぶつけることができたため,
かなり有利な組み合わせになりました.

しかしながらこう考えてゆるんだのが静大のミスで,相手の新戦力を把握できていなかっただけのようです.
実際はあたりとしてはいい勝負でした.
そこの読み間違いも大きく静大は三重大に続き勝負所をほとんど落としてしまい三勝四敗で負け.
正直「あ,これ最下位決まったかな」と頭がお葬式モードになりました.
この時点で静大が残留の可能性を残すには,
1.名工に勝利
2.他の一勝大学と勝ち星を同数以上にする
を満たす必要がありました.
1の条件がここまでの2戦を見る限り相当厳しいのですが,
名工に勝つことは前提条件とするしかなく,とにかく勝ち星を稼ぐために名古屋大学戦に向けてS葉を中心に全力でオーダーを考えました.

その結果,あたりとしては最高のあたりになりました.
名古屋大学がこちらの読みと全く同じオーダーで来てくれたため,勝負所で勝てれば勝利もあり得るあたりとなりました.
しかししかし,オーダーが当たったからと言って不調の選手たちの調子が変わるわけでもなく,勝負所をすべて落とし終わってみれば1-6の負け.
今年で引退するN谷の安定感と,当て馬で出したクマーがエース相手に善戦どころか終盤で勝ちまであったという超善戦以外は収穫がない痛い敗北となりました.

ホテルでは正直お通夜状態でした.
しかしお通夜でいても残留できないため,名城戦で勝ち星を稼ぐオーダーと名工戦で勝ちに行くオーダーを全力で考えてから寝ました.
団体戦と関係ないのですが,寝る前に読んだ十字飛車に「俺のこと主力って書いてくれてるし(実際はただのサブメンバー)団体戦の将棋で俺のこと結構書いてくれるしうれしいなあ」と思っていました.

二日目,朝.
いつも通り人間目覚まし時計となった私は部員の半数を起こし,
名工に向けてS葉と奇襲的なオーダーを確認した後に会場に向かいました.

四戦目の名城戦では初日をデートで休んだ大エースO村氏はいるしオーダーは全く読んでいなかったものだしで散々でした.
勝ち星を稼ぐために当て馬で出したH田と二代目紳士がかなり善戦してくれたのは良かったです.
特に二代目紳士の方は大学から将棋を始めたとは到底思えない素晴らしい将棋でした.
ファンタがファンタせずに一勝をかせいだものの,分が悪い勝負を拾うことができ1-6で負け.
これにより静大が五位になるには
1.名工に五勝以上して勝つ(勝ち星が名工を上回り六位回避)
2.静大が名工に四勝三敗で勝ち,かつ三重が滋賀に五勝二敗以上で勝つ
の二通りしかなくなりました.

ファンタがファンタせず勝ったことにより,当日朝考えていたオーダーを捨てて全力に近いオーダーを組んだ結果,
三勝勝三敗一勝負のあたりになりました.
情けないのですがB級降格の気配が強すぎて中盤はほとんど盤面を見に行けませんでした.
少しして見に行くと勝ちと呼んでいたA川N谷が勝ち,
勝負と呼んでいたK田も勝ってくれたため三勝一敗に.
局面を見る限りではN山がかてるかどうか,S葉は苦しそうという印象でした.

しばらくして,N山が終盤で間違え敗北した瞬間に「あ,これ全敗で降格だ」と目の前が真っ暗になりました.
S葉-SG戦はS葉の表情が芳しくない状況がずっと続いたため,勝てないと思い怖くて盤面を見に行けませんでした.
しかしながら実際はS葉がエースとして,部長として根性を見せ勝利.
最終的に4-3で名工に勝ちました.が,三重が滋賀に敗れたため勝ち星が足りず静大は最下位となりました.
勝負所で勝てなかったので仕方がない結果です.
N谷にとって最後の団体戦だったので,この結果はすまないとしか言えません.
彼は最後の大会で4-1と結果を残してくれましたからさすがでした.

来年の春季団体戦では卒業者がN谷しかいない(純粋にN谷が入学した年の入部者がN谷のみだったため)利点を活かし,
圧倒的に優勝してA級に復帰してくれることを信じています.

おまけ1
優勝した名城大学H部氏の英語のスピーチは素晴らしいものでした.
ネタでもなんでもなく私があの場に立ったら何も言えない自身があったので,英語の勉強をしないといけないと思いました.
おまけ2
ルナ様超かわいい.
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。