静大将棋部ブログ

史上最弱の部長が団体戦を振り返ってみた②「波乱の幕開け」

おはようございます。Y口です。レジェンドから「2はいつかくの?」とかるーく催促?されたので書きます。
なお、回想にあたり、ややビッグマウス多めの出来となっております。あらかじめご容赦ください。

話は前回から二日後。団体戦当日だ。告白しよう、今回の団体戦、私は自分を使うつもりなど毛頭なかった。そもそも私の現在の棋力を鑑みれば、でたらまず負けることが計算されるはずである。我々の目標は『優勝』であるのだから、一つの白星も無駄にはできない以上、われらがオーダー係O内氏が僕を使うわけがない。こういう考えであった。よって、前日、サークルの食事会にうっかり参加してしまったがために、睡眠時間は二時間程度だったことについて、私はなにも悪くない、ということを強調する。
今回の団体戦は、静岡キャンパスからはメンバーとしてS、S藤、K保田、O道、A川、私、そして記録兼偵察兼部長の精神安定剤としてH谷川が参加した。いわゆる0回戦負け、つまり寝坊、遅刻もなく、無事浜松組と合流できた。
合流すると、さっそくO内とオーダーの打ち合わせを始める。といっても、もうあらかじめ決めてあるので、打ち合わせることもないのだが。するとO内が「N山さんつれてくるんだった。偵察が足りない。」といいはじめる。たしかに、今回の団体戦、静岡大学勢はオーダー係の彼とH谷川と団体メンバー10名の計12名なので、院生含め総勢16名が参加した前回よりもやや心もとないのはうなずける。ここで私はN山さんに電話を掛ける。しかし、でない。しばらくするとショートメッセージが。要約すると、『バイトがあるから応援にはいけない』みたいな内容。「なんであのひとこういう時に限ってバイトなんてしてるんだ・・・」とぼやきつつ、いよいよ会場へ。(補足すると私とO内は学部三年。レジェンドことN山さんは学部七年。ところどころ言葉遣いがおかしいが気にしてはならない。)

オーダー交換まで書こうと思いましたが、眠くなったのでこの辺で。
次回こそ、盤面をいれていきたです。
読んでくださり、ありがとうございました。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する