FC2ブログ

静大将棋部ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

史上最弱の部長が団体戦を振り返ってみたリターンズ 第3話「がけっぷち」

最近棋譜ならべがマイブームのY口です。「ごめんねずっと」とか「ひとりよがり」とかききながら並べるといい味でますよ、おすすめです。(まずい推しがばれる。)
だんだん記憶があやふやになってきましたが本編行きます。

さて、早々に一敗を喫し崖っぷちの静大。(T_T)
次の相手は愛知学院。戦力的には静大が上回り、かつ4人チームなのであまりオーダーを考える必要はない。
しかし、ライバル岐阜大が4-1と1つ勝ち星を落としていることから、少しでも差を縮める意味でも5個星がほしい。
よってオーダーはこちら。
K谷ー松井氏
S藤ー山村氏
A川ー安藤氏
U木ー磯谷氏
O内 -(不戦勝)

この段階までは岐阜、三重、豊技あたりが昇格候補として残っており、後にそのいずれとも対決する以上、できるだけ幅広いオーダーを他校に見せておきたかった。さあ、勝手に悩んでくれたまえ、はっはは。(*’U`*)
よって大将K谷のオーダーを披露。ちなみに今回のオーダー表のコンセプトは、“K谷は大将から五将までいずれもだせる”であり、どのような場合でも戦力が落ちないことが最大の特徴である。(どや顔)
結果は5-0。快勝である。さて、この間、次戦の岐阜大学のオーダー表を分析したY口はとんでもないオーダーを思いつく。

まず、前提として。静岡大学は昇格の目下のライバル校を岐阜大学と捉えていた。直前の個人戦で活躍された出原氏、エース藤田氏に加え、三番手に土井氏がくる戦力はちょっと一歩抜けている。
藤田氏、出原氏の二枚看板に対し静岡大学の4枚看板(カルテット)のいずれも互角かそれ以下であり、三番手の土井氏にカルテットの1枚をあて、藤田氏、出原氏のどちらかに5枚目を当てることが戦略上既定路線だった。

ところが、である。いざ岐阜大のランキング表に目をやると・・・。なんと土井氏が下から2番目にいるではないか。Σ(゚д゚|||)
これが何を意味するか。そう、土井氏は4将か5将でしか出れないのである。ここで土井氏にA川をぶつければたぶん勝てる。
二択だ。二択。あてろ、Y口。
ここでうだうだ悩むこと30分。SやH谷川やクマを巻き込み悩みまくる。おい、なんでこっちが悩んでんだよ、話がちがうやんけ。
結局Y口は「土井氏は5将でしかこない」と結論づける。最高軍事機密らしいので割愛するがきちんと根拠がある。(記憶があいまい?そんなこと・・・。)
A川を5将でだすとカルテットの一角のU木を出せないことになるがそこで飛び出した一言が「ハリルジャパンだって本田外したら勝ったじゃん。」こんなことをまじなトーンでいうあたりさすがY口。
こんなやつをオーダー係にしたやつ誰だよ、ほんと。
土井氏の場所がわかると藤田氏、出原氏の場所もわかってきたのでオーダーが決まる。
「これで外したらもうクビだわ」と思いながらオーダー交換した結果・・・・。

K池ー木野氏
Y田ー船橋氏
K谷ー藤田氏
S藤ー出原氏
A川ー土井氏
はい、ドンピシャ。これは名将。(*≧∪≦)

あいからず自分は出ない逃げ恥オーダー。
S藤のところだけ不利だがあとは互角以上。
結果はいかに・・・

続きは次回♪

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。