静大将棋部ブログ

浜松支部大会

 こんにちは。振り飛車をこよなく愛する小池です。9月17日に行われた浜松支部の大会について書いていこうと思います。
この日は、台風が近づいていてあまり参加者がいないだろうと考えていたのだが、自分が参加したクラスではなんと33人も集まっていた。浜松は将棋が好きな人が多いなあと改めて思った。なお、後輩と院の先輩も静大で参加していました。まあ対戦では互いに4連勝にでもならない限り当たらないと思うので、強い人倒してくれればうれしいなあと思っていた。
もちろん四間飛車オンリーで臨みます。(というかこれじゃないと通用しない)
1戦目 戦型は角交換振り飛車vs居飛車。
     玉のコビンに拠点を作り快勝!!時間も20分以上残せたし文句なしの勝利。

2戦目 戦型は角交換振り飛車vs居飛車。勝負は一手を争う終盤に。(歩の数は覚えてないです。)
将棋
自分が▲2二とと指した場面。後手玉は必至。受けはない。なのでしのげば勝ちという将棋になった。
本譜は、△3七と▲同桂△同角成▲同玉△8七飛成▲4七歩合△4五桂▲2八玉△3七金▲2九玉まで詰まず先手勝利となった。感想戦で△3八と▲同銀引△同竜▲同玉△4六桂の筋でどうかとなった。もし、詰みがあればコメントにでも書いてくれるとうれしいです。このギリギリの緊張感がたまらない。これを味わい勝つために来たといってもいいぐらいです。練習では味わえない緊張感をぜひ味わってほしい。
午前を2連勝!!気分がいいしご飯がうまい。

休憩  いかのお弁当がうまかった。勝つにかけてかつ弁当と迷ったが肉<魚なので選択。
      この大会は弁当のバリエーションが多い。

3戦目 戦型は角交換振り飛車vs居飛車。 
 端を突破されたものの「玉の早逃げ八手の得」で早逃げ。実際の戦争では許されないが、将棋では称賛される。
たくさんの駒を犠牲にしたものの相手玉を打ち取り勝利。完ぺきではなかったが、大会は結果が大事。これで3連勝!優勝マジック2
4戦目  3連勝どうしの対決。相手はぼうしをかぶった人。戦型は角交換振り飛車vs居飛車。 
この将棋こそまさに「将棋に負けて勝負に勝った」勝負だった。前半良くしたのもも相手の攻めを許し絶対絶命。一縷の望みにかけ最後のトラップを仕掛けた。それは、▲3一角打。下図は相手が△同玉と応じた場面。代えて△3三玉なら負けていた。詰みが生じている。ぜひ解いていただきたい。(実戦なので駒はあまります。)次にブログを書く人に答えは書いてもらいます。次の人よろしく!!
ミス 図の説明部分(▲同玉→△同玉)詰め将棋
往生際が悪いと思う人もいるかもしれないが、抗い続けることで、光が指すこともある。時々棋譜が汚れるとかよくわからんことをいう人がいるがプロの対局ならともかくあくまで自分はアマチュアの大会では勝つことが一番と考える。簡単に諦めてはいけない。反省はあとからすればいい。これで王手。マジック1

最終局 相手はまさかの後輩。互いに4連勝していた!戦型は相振り飛車。というか、これしか指したことない。勝率はは悪いが
0じゃない。
将棋
春の団体戦の入れ替え戦で対戦相手がやっていた▲1七桂馬で桂損の攻めで勝負!!しかし、きっちり受けきられ負けてしまった。
持ち歩の数や角の位置など条件が違っていたと思われる。優勝のチャンスがあっただけに負けたのはすごく悔しい。しかし、ギリギリの戦いを堪能できた達成感もある。(勝ったから言うけど)
みんなも大会でよう。大会の勝利の喜びは練習の比ではない。最後に後輩君優勝おめでとう!!運だという人もいるかもしれないけど、きっちり勝つべきところで勝った。それがどれだけ難しいか身をもって知ってる自分から言わせればまぎれもなく実力で取った優勝だと思う。だからこそ心からの賛辞を送りたい。そんなこんなで4勝1敗の3位になり、景品を得ることができた。マロンのお菓子ですごくおいしかった。実力でとったからよりそう感じるのだろう。

話は変わるが自分はドラゴンズの大ファンである。京田くん頑張れ。そんな自分が、将棋も駒が野球をするときどこを守らせるか考えてみた。 こんな感じです。
守備
 1一と9一の香車はミス。
 投手  王   野球は投手は王様。将棋は王が王様 ここしかない
 捕手 指し手(プレイヤー) すべての駒を見渡し指示を送る。
 1塁 歩 どんな囲いでも歩はなくてはならない。目立たないが大事なポジションへ。
 2塁 銀 二遊間のゴールデンコンビ。どんな攻めも受け止める。まさにかつてのアライバ(元中日の荒木と井端のこと)
 3塁 香車 金底の香車は相性が非常に良い、相手の攻めを食い止める。三遊間を固める。
遊撃 金 守備のかなめ。このコマなしで囲いは語れない。最重要のショート。
中堅 飛車 横利きはときに窮地を救う。自陣飛車で自軍を引き締める。
左翼 角  馬の守りは金銀三枚
右翼 桂馬 あまりのポジション。時々活躍する。
こんな感じですかね。次のブログでは打順について語りたい。駒足りんけど。

つたない文章ですが読んでくれてありがとうございました。これからも大会で勝ったら更新しようと思います。ではまたいつか




              





スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

最初の盤面について

後日、検討したところ後手の勝ちという結論に至りました。

小池 | URL | 2017-10-14(Sat)19:55 [編集]