FC2ブログ

静大将棋部ブログ

中部地区新人戦&秋季団体戦の振り返り(佐々木)

 こんにちは、1年の佐々木です。今回は中部地区新人戦と秋季団体戦の振り返りの記事を書くつもりです。中間テストがあったため書くのが遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

【新人戦】
この大会の将棋についても書きたいと思っていたのですが、全部で千日手局を含めて9局もあったので内容については省略させていただきます。結果からいうと優勝することができました。高校の時からよく指していたY道君と一緒に新人王を取れたのでとても嬉しかったです。ただ将棋の内容については反省点が多く、次の大会に生かしたいなと思いました。

【秋季団体戦】
1回戦 VS三重大学 M田さん
三重大学さんは今年強豪の1年生が何人か加入した結果春団では3位に入賞し今一番勢いがある大学だと思います。1回戦ということで誰と当たるか予想がつかないのでとても緊張しました。
戦型は先手の私が角交換振り飛車を採用し、M田さんは銀冠で対抗してきました。
諸事情により棋譜がないので盤面は省略しますが、相手の陣形が偏ったところで一方的に馬を作ることができ、そのリードを生かして緩みなく寄せきることができました。
チームは3-4で敗北。三重大学さんは個人的に中部地区の大学で1番のライバルだと思っているので、来年度はリベンジできるように頑張りたいです。

2回戦 VS名城大学 M本さん
2回戦は春に1-6で負けている名城大学さんです。私の今年度の4敗のうち3つは名城大学のレギュラーの方につけられているので今回は負けられないなと思っていました。戦型は私が三間に振り、M本さんが向かいに振り、相振り飛車となりました。そして私が仕掛けたのがこの局面です。
1将棋

一見後手の攻めが成功しているようですがこの局面で3五角と切る手があったようです。以下同角に2八玉と指されると歩切れということもあり、あまり自信がありません。本譜は同玉だったので2六銀から攻めが刺さりはっきり良くなりました。終盤の寄せの段階で少し怪しくなりましたがなんとかリードを守り切ることができました。
チームは3-4で敗北。かるきずくんの金星によって惜しい結果にはなりましたがやはり名城大学さんは強かったです。

3回戦 VS名古屋大学 I城さん
3回戦は春団優勝の名古屋大学さんです。
オーダーの並び的にI城さんかF原さんに当たる確率が高く、私にとって厳しい対局になると思っていました。
オーダー交換の結果相手はI城さんになりました。
戦型は後手の私の角交換振り飛車に対し、I城さんが居飛車で対抗してきました。序盤で私の方に構想ミスがあり、苦しい展開になってしまいました。今私が3六歩と突いた局面です。
sfen (1)
感想戦では6五歩などを検討しましたが、じっと3六同歩もあったようです。そこで4五飛と指すと8四歩が厳しくはっきり負けそうです。本譜は8七角打でしたがこれには4五飛がぴったりでした。次にこちらから5五や7五に飛車が回る筋があり打ったばかりの角がぼやけてしまっています。ここで逆転の手ごたえを感じました。
下の局面はこの対局の最終盤です。
sfen (2)
本譜は8六銀8八玉7六角と進み寄せ切ったのですが、実はこの局面では詰みがあったようです。(対局中は全く気づきませんでした。。)ぜひ時間があれば考えてみてください。
チームは3-4で敗北。結果だけみると接戦にみえますが、主力メンバーの対局を落としてもしっかりとチームでは勝つところはさすが王者でまだまだ力の差を感じた一日でした。

初日は0-3でしたが、全て3つは勝っていて雰囲気は悪くなかったので明日はいけるのではないかなと思っていました。
夜はOBの方に豚カツをごちそうになりました。ありがとうございました。
一年のNくんはこれを食べた後に喫茶マウンテンに行き、甘口スパを完食して「大したことなかった」といいながら帰ってきました。頼もしいですね。。

4回戦 VS南山大学 N尾さん
南山大学さんには春団の時に3-4で敗れています。しかしここを落とすと残留が厳しくなるので気合を入れて対局に臨みました。
初手78飛でこられたのでこちらは向かいに振り、相振り飛車になりました。
sfen (7)


今私が角を切り同玉となった局面です。
とりあえず3六銀と打ってみたくなる局面ですが4五銀と打ったのが狙っていた一手でした。飛車取りなので飛車を逃がすしかないですが、8六や7六だと飛車のヒモが外れるので2六歩同歩3六銀の展開の時に受けにくくなります。本譜は6六でしたが7五銀から桂馬を拾って3六に打ててはっきりよくなりました。終盤も落ち着いてリードを広げ勝ち切ることができました。
チームは5-2で勝利。待望の白星です。K谷先輩がきついところを勝ってくださったのが大きかったです。

5回戦 VS愛知大学 W邊さん
愛知大学さんは前回A級に上がってきたチームで手ごわいと聞いていました。こちらのメンバーも1年生が5人ということでフレッシュな組み合わせになりました。
戦型は相手の引き角に対し向かい穴で対抗し、相穴熊になりました。中盤でうまく5筋から動くことができ優勢になりました。
sfen (4)
この局面はこの対局の終盤です。ここから5六角2二銀2六香と進みました。この二手により自玉に保険をかけつつ、相手の玉がみえる展開になりはっきり勝ちになりました。以下はしっかり寄せ切りました。
チームは6-1で勝利。1年生で4つの勝ち星があげれたので来年の団体戦に期待ができる結果となりました。

トータルでは個人5-0、チームは2-3の4位となりA級に残留することができました。チーム合計の勝ち星も多く、順位は同じですが春よりもよい結果だったと思っています。来年は入賞を目指して頑張ります!
まずK池先輩4年間お疲れさまでした。とても忙しい1年だったと思いますが、団体戦では9-1と素晴らしい成績でチームの残留に大きく貢献してくださいました。1年しか一緒に団体戦に出られなかったのは残念ですが、また機会があれば静大将棋部に顔を出してください!
そして名大将棋部さん代表おめでとうございます。大会を見に行くことはできませんが陰ながら応援しています。中部地区の代表として頑張ってきてください!
最後にF原理事長ならびに理事の方々1年間お疲れさまでした。私たちが大会に集中できたのも理事の方々がしっかりと準備や大会運営をしてくださったからだと思っています。本当にありがとうございました。

最後までブログを読んでくださってありがとうございました。
誤字等発見された方は私に直接連絡してくださるとありがたいです。
(@hima23n←Twitterのこのアカウントに連絡してくださるとありがたいです。)





スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する